白馬deスイーツ2種

2018年07月07日
スイーツde部 0
Dawn太の水遊びを切り上げたあとは、飼い主もクールダウン。アイス食いの私のため、旦那が地元のジェラートショップを見つけてくれていました。

オリンピック道路をみそら野交差点から曲がり、北アルプスに向かってひた走る
「本当にこの道でいいの?」
「どこかでお店見落として来てない?」
そう思うほど人里離れた場所に、突如、駐車場に停められない車が道路脇に連なる箇所が!

白馬では唯一の!。。。いやいや
白馬でジェラートといったらこちら! ジェラートショップ花彩(はないろ)
花彩
以前のお店は2㎞ほど交差点側に戻った、別荘の建ち並ぶ辺りにあったそうですが、平成26年夏に、別荘地を過ぎてさらに奥(みそらの大通り最奥)に移転オープンしています。
自然豊かな場所にあるお店ゆえ、店舗も自然にマッチした木造り。オーナーの手作りだそうですが、白いドアや壁が清潔感ある印象でした。

ジェラートケースには信州安曇野産の低温殺菌牛乳(松田牛乳)を使い、地元の食材を合わせて毎朝作られるというジェラートが9種類ほど並んでいました。お店のおススメは「メープルウォールナッツ」らしいのですが。。。

私は、長野らしく今が旬の
ブルーベリー & あんず(ダブル / 350円)
花彩
どちらもひと口目から食材の味がしっかり!
あんずのジェラートは甘酸っぱくて、旅先でも好物に出会えて嬉しい一品でした♡

この時は大盛況で使えませんでしたが、テラス席はワンコOKだそうです。

花彩
ジェラートショップ花彩 (2014年7月移転リニューアル)
住所 長野県北安曇郡白馬村北城みそら野831-76  地図
URL http://www.js-hanairo.com/index.html



時刻は丁度おやつ時。眠気覚ましにコーヒーが飲みたくてもう一軒立ち寄ったのは、2年ぶりになる 農かふぇ 白馬そだち
農かふぇ
Dawn太と一緒に初めての白馬に導いてくれたのは、こちらの農カフェだったのです。

農かふぇ
その名のとおり、使われる食材のほとんどが白馬村で採れたもの。ミネラル豊富な北アルプスの清らかな水と、できるだけ農薬に頼らずに育てた自社農園の農作物を使い、素朴で懐かしい、おふくろの味的な家庭料理でもてなしてくれる、しろうま農場直営の農カフェです。

農かふぇ
テラス席はワンコ同伴OK。リードフックも設置されています。

農かふぇ
丼:何にする?

コーヒーが飲みたかったはずなのに、私はやっぱりデザートつき!
2年ぶりの ブルーベリーチーズケーキ(380円)
農かふぇ
若干値上がり。ジェラートを食べて来てしまったので、ソフトは旦那に進呈しました。
ケーキの中にもトッピングにも、大粒ブルーベリーがたっぷり!

しろうま農場は、お米、大豆、野菜のほか、カフェの隣で大々的な観光ブルーベリー園も営んでいます。この時にはまだ閉園中でしたが、今シーズンも7月から開園していますので、今頃はブルーベリーの摘みとりを楽しむ観光客も多いことでしょう。

次回はまた、農かふぇの美味しいランチを味わいたいです。
ご馳走様でした。(Sunday, June 24, 2018 / Dawn太 生後1,217日)

農かふぇ
農かふぇ 白馬そだち (2013年7月OPEN)
住所 長野県北安曇郡白馬村神城23603  地図
URL http://www.hakubasodachi.jp/
関連記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ

最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※

Comments 0

There are no comments yet.