そうだ!スポーツ会だった ~HAN2 with R 主催 ボーダーコリースポーツオフ会③ ~

そふぃあ

2018-07-12
Dawn太_3-4歳
2 COMMENTS
HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
丼:オリーくんとクーシーくんがいるよ!

先日、初めて長岡大会でお会いしたご家族に、ここで再会することができました。でも、遊びに来ていたわけではないのです。

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
定刻になり、主催者さまたちによる開会式がはじまりました。

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
左から:ノアちゃん♡ オリーブちゃん(ミニチュアシュナウザー)♡ ロジャーくん♡ エナンちゃん♡ なっちゃん♡ いふぁちゃん♡
この後、アジリティーとフライボールのデモンストレーションが披露されました。

【アジリティ】
HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
ここで登場のクーシーくん♡

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
ノアちゃん♡

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
ノアちゃんがゴールすると、「お疲れ様~」と、いふぁちゃんが走り寄って労っていました。

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
なっちゃん♡

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
オリーくん♡

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
長岡大会では足の負傷で棄権し、その走りを見ることは出来なかったオリーくん。アジリティー上級者なので、この日は、遠隔操作でのハンドリングを披露されていました。

【フライボール】
HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
ネームリコールのデモで登場のチワワン・ブランくん♡
最強チワワンがハイトドッグになってくれたら、チームは怖いものなしでしょうね。

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
なっちゃん、ここでも大活躍でした。

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
ボックスターンのデモンストレーション

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
13歳(奥)VS 10歳半(手前)のハードル対決
老いてもなお現役!若い頃からやって来たことを続けるのも、ワンコにとっての喜びであり、健康維持の秘訣なのでしょうね。

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
ボーダーでなくても、スポーツドッグの姿は惚れ惚れします。

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
デモンストレーションの後は、参加者も好きな種目に挑戦してみました。

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
本格的なアジリティーコース

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
検分から体験!

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
▲華麗にバーを飛び越えるオリーくん

実は、リードオフの自由時間に、今日のDawn太はバーが飛べるのか?試しに何度か挑戦してみていました。その様子を見つけてくれたオリ―・クーシーパパさんが、「最初は地面にバーを置いて、飼い主も一緒に飛んで!」と、丁寧に指導して下さり、その時は何となく飛べるようになるのですが。。。その後にも何度かやってみようとすると、やっぱりバーは飛ぶより潜る派(汗)

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
しかも悪いことに、バーを落としたはずみにバーを乗せていた赤い部品が外れてしまい、あろうことか、その部品をおもちゃと勘違いし(多分、やりたくもないことを何度も反復させられて嫌気がさしていたのだろうと)それを咥えて大暴走(汗々)いやぁ、自由時間で良かった。

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
アジリティーのチャレンジはきっぱり諦め、フライボール体験に専念することにしました。
実はDawn太。。。以前にも、別の機会にフライボール体験をしています。

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
スポーツ自体の完成形は同じでも、練習の仕方や教え方など、チーム色も様々出てくるので、場所を変え、人を変えて教えてもらうと、初心者にとって新たな発見に繋がる場合も多いのです。

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
フライボールのジャンプは板なので、潜ってしまうという場面が無くなるのも安心。

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
1つ目は難無くジャンプしますが。。。

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
気を抜けば、悪いクセが出て「ひょっこりはん」

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
「ボールが欲しいだけなのに、何で板なんか飛ばなきゃいけないんだ!」と思っているヤツは

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
大半の場合、1つ目を越えた直後に、もう体の向きが流れているという。。。

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
出来ないのは犬のせいじゃない。 悪いのは人間の方!ハンドラーの手の向き、足先の向きひとつで、犬の進む方向性が変わってくる。

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
見ていると分かるけど、実際に自分でやったらうまくできない。。。そこがドッグスポーツの難しいところ。

そして、悪い条件がもう一つ!ハードルを飛ばせるために使っていた「Over」のコマンド。実は我が家での「Over」は、「遊び終了!」の意味で使うコマンドなのです。
カミカミおやつの最後に「Over」と声を掛ければ、そのおやつを取り上げても怒ることが無いくらいで、ご飯時の「OK!」と同じくらい、しっかりと身に沁みついているコマンドが「Over」

飛びたくも無い板のところへ来れば「Over」と声を掛けられ、Dawn太にしてみたら
「飛ぶの?」「終わりなの?」「えっ、飛ばなきゃいけないの!」「どっち?」。。。そんな状態だったと思います。

まず最初にコマンドがかぶっていることを指導者に伝え、その問題をクリアにした時点から教えてもらうのがベストだったはず。そこを有耶無耶のまま初めてしまった私たちに、初心者ゆえの大きなミスがあったわけで。。。Dawn太を混乱させてしまい、可哀想なことをしました。この度の体験で一番の反省点であり、一番勉強になった部分だったと思います。

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
救いだったのは、スターターの女性が「Go!」で、送り出してくれたこと。
これが「よ~い、ドン!」みたいな合図だと、名前を呼ばれたと思って、また動かなくなってしまうから(汗)

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
そして。。。飼い主はダメダメでも、犬の方が賢さも一枚上手!

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
コマンド問題なんてなんのその!
繰り返すうち、自分のやらなければいけない事を理解してくれ、スタートで待つ間も、「放せ!」「走らせろ!」と、砂埃を巻き上げるほどのウネウネダンス。

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
まさか短い時間の中で、ここまで意欲を見せてくれるとは思いませんでした。

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
そして、やって欲しいことが出来た瞬間

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
犬も飼い主も、同じように感じる達成感!

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
それが何よりの醍醐味!
。。。だけど我が家の場合、夫婦揃って入れ込み過ぎるのがねぇ~(汗)

素敵なパフォーマンスを披露してくださり、暑い中、根気よく何度も教えてくださったTEAM LEGENDの皆さま。並びに、貴重な体験の場を設けてくださった主催者さまに感謝申し上げます。
※TEAM LEGENDの皆さまによるデモンストレーションの様子をスライドショーにしたものが、私のInstagramに載せてあります。よろしければこちらよりご覧ください。 →

せっかくのチャンスだったので、体験会が終わった後にも、何度かアジリティー用具に触れさせてみました。

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
岩山の上も登っちゃう子なので、Aフレームは意外と平気なんです。

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
ドッグウォークを指示したら、勢いよく走って渡りました!

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
あら、ちゃんとタッチ風に止まって、それっぽっく出来てるじゃない!

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
2度目に指示したら、▲ここで立ち止まったきり、全く動かなくなりました。

最初に渡ったのは偶然で、どうも本犬はAフレームと勘違いしていたようです。中央の平らな板が思う以上に怖かったらしく、2度目は渡ることが出来ずに立ち止まり、最後は旦那に抱っこで下してもらっていました。

HAN2 with R 主催♡ボーダーコリースポーツオフ会③
Dawn太はアジリティーよりもオビディエンス向き!?カドリールもどきっていうの、体験してみたかったね。
そういえば、確かオビにも「障害飛越」っていう項目があったよね?やっぱりジャンプは必須項目なんだ(笑)。

何がDawn太に一番向いているのか?を探しつつ、また一緒にコツコツ練習しよう!
(Saturday, June 30, 2018 / Dawn太 生後1,223日)
関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

Pulama field  

丼ちゃんママさーん!たくさん沢山
写真をとっていただいて、素敵な記事も書いていただいて
ありがとうざいます!
ノアブログにもリンクさせていただいちゃいましたが
大丈夫でしょうか〜??

暑い中、本当にありがとうございました!
でも楽しんでいただけたようでとっても嬉しいです!

カドリールも一緒にできるようにみんなで考えていたので
残念です。どこかでできるといいなぁ〜☆

2018/07/12 (Thu) 14:09
そふぃあ

そふぃあ  

Re: ノアママさんへ

その節は大変お世話になりました!
暑かったけど楽しい1日でした。

カドリールは馬術の種目ですよね?
おやつに釣られて動く丼は、こっち向きかも知れないな?って。
次回開催されることがあれば、是非実現してください!
楽しみにしています。

リンクの件、もちろんOKですよ!
むしろ嬉しいです。

2018/07/12 (Thu) 16:07

Leave a reply