抜群な創作料理!キッチンカフェ茶房主(さぼうず)

2018年07月27日
0
食べ歩記
----- Monday, July 16, 2018 ----------  Dawn太(生後1,239日)
この時期に黒姫高原を訪ねれば、毎回のようにお昼に立ち寄っていたのが、テラス席ならワンコOKな そば処うえだ でした。

しかし、前日も信州でお蕎麦だったので、この日は新しいお店開拓!
黒姫高原に来る度、同じように気になっていたカフェでランチにしました。

キッチンカフェ 茶房主(さぼうず)

キッチンカフェ 茶房主
お店は、黒姫童話館への分岐付近。。。
現在、黒姫ドッグランが黒姫高原スノーパーク入口付近に下りてあるので、ドッグランはす向かいのお店といった方が、分かりやすいかも知れませんね。

キッチンカフェ 茶房主
閉店時刻が日暮れまでというのもユニーク。

テラス席はワンコOKになっていて、お天気の良い日には、たくさんのワンコ連れ客の姿があり、ずっと気になっていたお店でした。
行きに店前を通った時、もうすでにテラス席は満席状態でした。
先に黒姫高原スノーパークで雪アジサイを鑑賞し、昼時を大きく外し、午後2時少し前に入店。

店内はまだ満席でしたが、テラス席は貸し切りの状態!これってラッキーなの!?
店内に入ってテラス席の利用可能か確認してみると、お店はご夫婦お二人で営まれている様子で
「先に注文した人に料理を出してみないと、ご飯の残り具合が分からない。」とのこと。
ある意味、とても誠実な対応でした。

昼時は満席の状態で賑わっていたお店なので、この時間ではランチメニューは難しいのかな?と思いつつ、何処にいても太陽が避けられなくなったテラス席で待っていると。。。

「ご飯、大丈夫ですよ。」と、奥様がにこやかにお冷を持って来られました。

キッチンカフェ 茶房主
丼:お昼あって良かったね!

キッチンカフェ 茶房主
改めまして。。。のテラス席。
自然の風の心地よい席からは、黒姫山が望めるという抜群なロケーション。

キッチンカフェ 茶房主
パラソルにはさらにシェードが下げられ、日光を避ける工夫がされていました。
もちろん、各テーブル付近には、リードフックが完備されています。

キッチンカフェ 茶房主
料理待ちの間に提供されたサービス品。
出されたのは、じゃがいも・アスパラ・ズッキーニなどの炒め物と、ツルムラサキのツナ和え。

お通しの出るカフェとは知らず。。。
しかも、これが美味しくて、一気にテンション上がりました。
旬の新鮮野菜を使って、丁寧に調理されているのが良く分かる、お店の顔のようなお通し!
届く料理にも期待が高まりました。

お通しをいただきながら待っていたので、料理提供までの時間が全く苦ではなかったです。
料理は15分ほどで提供されました。

キッチンカフェ 茶房主
出遅れの午後2時では、すでにランチメニューは予定数も終わりに近くなっていて、本来ならばサラダとスープがセットとして付くところ、この日用意されたスープが終わってしまったため、代わりに、ドリンクメニューの中から好きな1杯をつけてくださいました。

パリパリハーブチキンプレート(1,000円)

キッチンカフェ 茶房主
メニュー表を持って来てくださった際、「残り2プレートです。」とのことで、人気メニューなのだろうと思い、鶏好きな私が注文しました。
温かいライス、本日の小鉢と共に、大皿に盛り込まれた1品です。

ハーブに漬け込まれてから焼かれた鶏モモ肉は、文字通り、皮がパリッパリ!
素焼きになっていますが、そのまま食べれば肉の味がしっかり感じられます。
これはウマい!((美^~^味))

ソースは「柚子こしょうポン酢」と「トマトサルサ」の2種類。
ポン酢をつけると、ちょっと餃子っぽい味になって、和というより中華風な感じ。
手作りのサルサソースがまた美味しくて、ピリッと辛味もあるので、暑くても食が進みました。

ぶっかけ牛すじうどん・大盛り(900円+100円)

キッチンカフェ 茶房主
大食いJKが麺大盛りで頼んだのに、粉チーズの掛かった、小さなライスまでセットになったメニューでした。

ツユの具材には国産の牛すじが使われ、大量の生姜と玉ねぎで煮こまれているそうです。
ネギで隠れて見えませんが、温泉卵がトッピングされているので、それを崩しながら食べると良いそうです。

キッチンカフェ 茶房主
残った汁は、ライスの上にぶっかけ!
醤油味の牛すじ煮込みと、チーズご飯の組み合わせ。。。味の想像がつきませんが、JKかなり美味しかったようです。

ぶなしめじのオムハヤシライス(950円)

キッチンカフェ 茶房主
創作料理の数々も楽しいですが、ホッとできるような定番メニューも!
赤ワインとトマトをたっぷり使った、大人味の本格派です。

キッチンカフェ 茶房主
食べ終える頃になると、私の座っていたベンチの下で、長く伸びて寝ている子が。。。
接客に来て下さる奥様も、最初、犬が同伴しているとは気づかないほど、Dawn太はいつも大人しく待っていてくれます。

テラス席には大型扇風機が稼働していましたが、それ以上に、時折吹いてくる自然の風が心地良い場所でした。

キッチンカフェ 茶房主
メイン料理は勿論のこと、ソース類やデザートまで、全て丁寧に手作りされています。
オリジナルの創作料理が多いですが、味加減が抜群でどれも美味しそうなので、一通りのメニューを制覇してみたくなるお店でもありました。

お腹ペコペコで入ったので、最初はデザートまで何を食べようか狙っていましたが、いざ食事を終えると、思う以上にサービス満点でボリュームもありお腹一杯!
デザートはまた次回に。

ご馳走様でした♡


キッチンカフェ 茶房主
キッチンカフェ 茶房主
住所 長野県上水内郡信濃町野尻2151-21  地図
備考 2004年7月OPEN

関連記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
Dawn太(ドーン太)
ボーダーコリー ♂ 2015.2.23
世田谷生まれの田舎育ち

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a reply