命を守るフローティングベスト

2018年08月14日
0
Dawn太_3歳
----- Sunday, August 5, 2018 ----------  Dawn太(生後1,259日)
この日は、Dawn太と同じお里の子をメインに、小グループで川遊びを楽しんできました。

命を守るフローティングベスト
そしてDawn太。。。
犬生初のフローティングベスト(別名:赤いふかふか)デビューの日!でした。

命を守るフローティングベスト
生後半年で初泳ぎし、普段から人の足が立つ深さの場所でしか水遊びもしないので、Dawn太には不要と思い、いつも裸んボーのまま自力だけで水遊びさせていました。

しかし!デチママがpostした、このInstagramの話が深く心に刺さり、購入の大きなきっかけとなりました。 →

奇しくも、その少し前には西日本豪雨があったばかり。
TVに映し出される悲惨なニュースを見ながら、もしこれが自分の身の周りで起きたら!?と、あれこれと妄想しては、思い巡らせていた頃でもありました。

大きな災害が起こった場合でも、まずペットは避難所には入れてもらえません。
家に残していくとしたら、当然二階以上の部屋。
だけど、今回の西日本豪雨のように、家の土台ごと流されるようなことが起きてしまったら。。。
そんな時でも、フローティングベストがあったなら、少しは持ち堪える時間を延ばしてあげられるのではないか?。。。と。(犬用のフローティングベスト(犬用ライフジャケット)は、人間の救命胴衣とは役目が違うことをここに書き添えておきます。)

命を守るフローティングベスト
お友達が様々着ているように、ネットで検索してみても、値段も形状も多種多様。

命を守るフローティングベスト
可愛いデザインも用意されています。(ウチは男の子だから可愛さは求めないけど)

そして形状にも、「ベスト型」「甲羅型」の2種類がある事を知りました。
ベスト型は、背中側と腹側の両方に浮力体がついているので、水が苦手な子に向いているそう。
我が家はすでに泳げるので、背中側のみ浮力体のある、薄くて動きやすい甲羅型にしました。

命を守るフローティングベスト
アンコニちゃんたちが着ているメーカーも良かったのですが、すでにモデルチェンジされており、最新モデルは、背中部も尻尾の付け根辺りまでベストがくる大判のもの。

命を守るフローティングベスト
長さがある方が浮力も大きいのでしょうが、水の中でもUターンしたりするので、そんな時には、多少動きが制限されてしまいそうな気がしました。

数日間ネットと睨めっこで下調べし、各社デザインと価格を比較検討。
手に取っては試せないので、サイズが各部位で明記されているもの、調節可能なものが選びやすかったです。

命を守るフローティングベスト
最終的に購入したものがこちら!
購入したあとで知ると、奇しくも、デチ家の2ワンたちが愛用しているベストと同じ製品でした。

命を守るフローティングベスト
水に入って何か抵抗があるかな!?と心配しましたが、すでに洋服なども着慣れている子ですし、素材も軽くて着心地も抵抗なく。浮力があって楽チンなので、いくら泳いでも疲れ知らず。

命を守るフローティングベスト
本犬、ますます川遊びが満喫できるようでした。

命を守るフローティングベスト
取っ手があるので、水の中でも捕獲し易い。
これは飼い主にも、犬にとっても利点ですね!

命を守るフローティングベスト
そして。。。この日までに新しい水遊びおもちゃの購入が間に合わなかったので、Orionのおもちゃ箱の中から、昔懐かしい1つを持参しました。

命を守るフローティングベスト
Orionが海遊びで散々使った、ホームセンターでも買える安いおもちゃです。

車が苦手で、犬仲間が苦手だったOrion。
こんな風に遠出して、たくさんのお友達と遊んだ経験がありません。
せめて使ったおもちゃだけでも。。。
そんな細やかな飼い主の気持ちでした。

もうすっかり色褪せているし、笛も取れてピーピー音も出ないのですが、それでもDawn太にとっては目新しいおもちゃ。
楽しそうに使ってくれ、天国のOrionも喜んでくれていたと思います。

命を守るフローティングベスト
Dawn太の命の安全のために購入したフローティングベスト。
身に着けたことで、今まで行かせたくなかった場所まで挑戦させることが可能になり、また新しい遊びの幅が広がりそうです。

泳げる子にもフローティングベスト!
。。。いや、
泳げる子だからこその、フローティングベスト着用なのかも知れません。

関連記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
Dawn太(ドーン太)
ボーダーコリー ♂ 2015.2.23
世田谷生まれの田舎育ち

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a reply