天使のはしごの向こうには

2
秋が深まるにつれ、日差しのある日がとても貴重になる我が家地方。
しかし、週末が近づくと雨になる日も多くて。。。(涙)

20181110_天使のはしご
イベントがあるので出掛けてきたものの、ご覧のとおりに重く沈んだ空。
それでも、朝からの雨が上がってくれて何よりでした。

海風も冷たいので、先に施設内で昼食など済ませ、少し身体を温めた状態でのぞみました。

20181110_天使のはしご
イベント終盤へと向かい、お天気は徐々に回復をみせ。。。
気がつくと、目の前の空にはクッキリと「薄明光線」が!

太陽光が雲などの隙間から漏れた時にみられる現象ですが、B'zの楽曲名にもなっている「光芒(こうぼう)」や、現在のオランダの画家・レンブラントが好んで使ったたため「レンブラント光線」とも呼ばれます。

20181110_天使のはしご
同じ現象を「光のパイプオルガン」と表現した、宮沢賢治の感性の豊かさにも驚かされます。

20181110_天使のはしご
白くわき立つ波と、キラキラに反射した海面のコラボ風景。
日差しが出過ぎてしまい、「光のカーテン」の状態ではなくなってしまいましたけどね。

20181110_天使のはしご
私がいるのは、海上よりさらに上!
少し角度を変えると、日に照らされ、白波の向こうに薄っすらと佐渡が見えていました。

イベントが終わってしまうと、Dawn太が走れる海岸まで移動。

20181110_天使のはしご
午後三時も過ぎると、再び上空には雲が多くなってきましたが、お陰でまた「光のカーテン」がクッキリと出現するようになっていました。

20181110_天使のはしご
こんなに高波の日、喜ぶのは波乗りサーファーさんばかりだと思いっていましたが。。。
釣り人さん、何が釣れるのでしょうね!?

20181110_天使のはしご
海が荒れて得するのはDawn太も同じ。
波の浸食で走れる砂浜が狭まりますが、ほぼ貸し切り状態なので、ヘトヘトになるまで思いっきり走り込めます。

20181110_天使のはしご
Dawn太が走り終わっても、まだ「天使のはしご」が出ていました。

そう!
私はこの現象を、「天使のはしご」や「天使の階段」と呼ぶ方が好きです。

先に天国にいってしまった大事な子たち。
光のはしごを伝って、こちらの世界に遊びに来てくれたら良いですからね。
(Saturday, November 10, 2018 / Dawn太 生後1,356日)
関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

栗千代  

オーロラみたい。。。!!

まるでオーロラのような天使の梯子。。。
冬の日本海に映えて、神々しいですね!!

そんな背景の中で、Dawn太君は
いつものように可愛いお顔でママを遊びに誘うのですね。

何が釣れたのか?私も気になります♪

2018/12/23 (Sun) 21:22 | EDIT | REPLY |   
そふぃあ

そふぃあ  

To 栗千代さん

雨上がりだったせいもあり、カーテンが綺麗な日でしたよ!
これからの時期、ずっと外にいると寒いですけど、こんなに綺麗な風景に出会える日もあると思うと、冬もまんざら悪くはないです。

少しの晴れ間でも、釣り人さんが海にいます。
冬の魚は脂ものって美味しいでしょうね。

2018/12/24 (Mon) 08:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply