日本で最初の鮭ミュージアム!村上・イヨボヤ会館にて

2018年11月17日
4
お出掛け
----- Sunday, November 11, 2018 ----------
美味しい鮭料理でお腹がいっぱいになった後は、数年ぶりにイヨボヤ会館を訪ね、鮭についての復習をしてきました。

イヨボヤ会館

イヨボヤ会館
イヨボヤとは、村上の方言で「鮭」のことを意味します。
つまり「鮭会館」ということで、こちらの施設は日本で初めての鮭専門のミュージアムになります。

末っ娘が小学生の頃から、幾度となく一緒に訪ねた場所。
勝手知ったる他人の何とやら…で、数年ぶりで懐かしさのある館内をスタスタと。

イヨボヤ会館

鮭のミニ孵化場にて、タッチプールを楽しむ末っ娘。

行動パターンは、小学生の頃と同じままです。


イヨボヤ会館
生態観察室には、水槽の中を泳ぐ鮭の姿がありました。
水槽の底面を掘るような行動もみられ、「産卵シーンが見られたら!」と、この時期に訪れるとワクワクしてしまう場所です。

イヨボヤ会館
川の中を歩いているような気分になれるのは。。。

イヨボヤ会館
サーモンロード

イヨボヤ会館
人が通ることでセンサーが作動し、次々に鮭が泳ぐ映像が映し出される仕組みになっています。

イヨボヤ会館
映し出される映像は、鮭の一生を物語っているようです。

イヨボヤ会館
サーモンロード途中の映写室にあるのは、江戸時代中期の村上藩の下級武士・青砥 武平治(あおと ぶへいじ)の像です。
武平治が、鮭の回帰性を利用した増殖方法である「種川の制」を創設したことで、世界で初めて、三面川で鮭の自然ふ化増殖が成功しています。
過去記事に、もう少し詳しく書かれています。興味のある方はリンク先をご参照ください。
2010年10月2日 青砥武平治

イヨボヤ会館
長いサーモンロードを抜けると

イヨボヤ会館
村上の鮭キャラクターと並び青砥武平治の顔出しパネルもあって、記念撮影ポイントになっていました。

イヨボヤ会館
しかも、なかなかリアルな3Dパネルで(笑)

以前ここには、明治時代初期の村上で見られた鮭漁「引き網漁」の様子の模型が展示してあったのですが、顔出しパネルの方が観光客ウケするのでしょうか!?

イヨボヤ会館
実は、こちらの部屋は三面川鮭観察自然館

イヨボヤ会館
三面川から人工的に造った分流「種川」の様子を、直に観察出来る場所です。

イヨボヤ会館
この時期なので、当然!鮭も泳いでいます。

イヨボヤ会館
産卵のために、随分と傷んで可哀想ですけどね。

イヨボヤ会館
川岸は水が澄んで見えた三面川でしたが、この日の種川は「やや濁り」の状態。

イヨボヤ会館
魚たちは上流へと集まる習性がるようで、展示室最上流部の窓からは、何匹もの鮭の姿が見えていました。

2階展示室は、小さいお子さんも楽しめるパネルクイズなども用意されていて、楽しく復習できて良いですよ(JKや大人でも!)。

イヨボヤ会館
そして、お帰りの際にはお土産も忘れずに!

イヨボヤ会館
春の「町屋の人形さま巡り」に始まり初冬の鮭まで、城下町・村上は、いつ訪ねても素敵なイベント盛りだくさん。
繰り返し訪ねても、毎回新しい発見のある素敵な街です。

次回訪ねるのは、まだ雪が残る頃かな!?
またお邪魔します。

イヨボヤ会館
イヨボヤ会館
住所 村上市塩町13-34 地図/b>
関連記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
Dawn太(ドーン太)
ボーダーコリー ♂ 2015.2.23
世田谷生まれの田舎育ち

Comment 4

There are no comments yet.

栗千代  

北海道とは。。。

鮭に特化したミュージアム!!
色々と工夫されていて勉強にもなりますね。
お土産もお酒のアテに良さげなものが置いてますね~

母の田舎が北海道なので、伯父から鮭が送られてきますが
顔つきが全然違うのは、種類が違ったりするのでしょうか?

2018/11/17 (Sat) 09:29

さいさん  

鮭が安く買えるのかな?

2018/11/17 (Sat) 20:20
そふぃあ

そふぃあ  

To 栗千代さん

鮭ばっかりという展示も他には無くて珍しいですし、水族館に何時間いても飽きないのと同じで、ずっと鮭だけ眺めていられる感じで楽しいです。
観て楽しく、食べて美味しい!

多分、北海道の鮭とも同じ顔だと思います。
雌は鼻先が丸くて可愛い顔をしていますが、雄は鼻が曲がって厳つい顔をしていますね。

2018/11/17 (Sat) 23:02
そふぃあ

そふぃあ  

To さいさん

残念ながら、ここでは鮭は売っていません。

2018/11/17 (Sat) 23:02

Leave a reply