食せばポカポカ!ラーメンつり吉小千谷店の冬の味噌「塩麹」

2019年01月19日
0
イケ麺パラダイス
時期がきて思い出すと、無性に食べたくなる一杯がある!
父から息子へ、その確かな味は受け継がれています。

小千谷市総合産業会館 サンプラザ内に店舗を構えるラーメンつり吉 小千谷店

店舗脇に釣り堀があるというラーメンつり吉・川口本店は、初代であるお父様が営むお店。
小千谷にあるこちらは、その息子さんが営む二号店。若い感性を活かしつつ、日々腕をふるっていらっしゃいます。

ラーメンつり吉小千谷店
平成16年(2004年)に川口の町に大打撃を与えた中越地震。震災の折にも守り抜き、20年以上にもわたって継ぎ足しで使われている醤油ダレは、今や「魚沼ブラック」とも呼ばれ、初代から受け継がれた歴史ある味「醤油ラーメン」をはじめ、本店には無い「しお」や「限定メニュー」も美味しいお店です。

多分、1年ぶりくらいだったつり吉さん。お店前には、若干値上がりした旨が書かれていました。
そして、念願のメニューが登場しているというラッキー!

まずは、店内入ってすぐに食券購入。
小千谷店では麺の太さも選べるので、この度も太麺にしてもらいました。

期間限定メニュー ~冬の味噌~ 塩麹(880円)

期間限定メニュー ~冬の味噌~塩麹
一緒に写るのは、小千谷店限定メニュー「しおラーメン」

期間限定メニュー ~冬の味噌~塩麹
つり吉小千谷店の地元である「山埼醸造」の塩麹を味噌スープに使ったという一杯。

塩麹を加えることで、味噌と塩の中間のような、マイルドで新しい味わいの軽い味噌スープに仕上がっています。
その中にはたっぷりの生姜入り。
生姜のピリピリだけでも結構辛いですが、ネギ好きには嬉しいくらいにたっぷりの白髪ネギ。
その上に、自家製の食べるラー油状のものがトッピング。ひげニンニク、干しエビ、白ゴマが、それぞれに揚げられてからラー油に合わせて仕上げられています。辛いものが苦手な人は、お願いすればラー油を外してもらえます。

肉厚のでとろけるチャーシューが2枚。
キャベツとモヤシなどの野菜炒めもたっぷり入ってボリューム満点です。

ラーメンつり吉 卓上調味料
つり吉小千谷店は、卓上調味料も充実しています。

揚げたひげニンニクも効いていますが、さらにパンチが欲しい日だったので、卓上のすりおろしニンニクも入れちゃいました。味噌スープとニンニクは相性抜群ですもんね。

おしまいに

いつ伺っても、安定の良い仕事ぶりを感じます。
スープが冷めないよう、器は勿論のこと、チャーシューもちゃんと温めてからのせるという丁寧な仕事。麺の茹で加減も毎回ブレません。これ全てが美味しさへと繋がり、食べ手は大満足の笑顔で帰れるというわけです。
ご馳走様でした♡

ラーメン つり吉 小千谷店(2011年11月5日OPEN)
住所 小千谷市城内1-8-25(小千谷サンプラザ1F)  地図
URL https://ja-jp.facebook.com/turikiti

小千谷風船一揆の告知ポスター
つり吉さんの店内にも、サンプラザのエントランスにも「風船一揆」の告知ポスターが貼られていました。

我が家が出掛けたのは、もう7~8年も前のこと…。
風に左右されて中止になるケースも多いイベントですが、また出掛けてみたくなりました。

----- Saturday, January 12, 2019 ----------
関連記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
Dawn太(ドーン太)
ボーダーコリー ♂ 2015.2.23
世田谷生まれの田舎育ち

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a reply