五穀豊穣を願う久賀美塞の神2019

2019年01月20日
2
お出掛け
今年もDawn太を連れ、「五穀豊穣」や「無病息災」を願う伝統的な旧正月行事「塞の神」に行って来ました。

久賀美塞の神2019
今年も道の駅には、竹と藁で組み上げた高さ10mにもなろうかという巨大な「塞の神」が、地元有志の手によって完成していました。

今年で第14回目となる久賀美塞の神。もとは道の駅周辺地区の住民だけで行われていた行事でしたが、より多くの人に参加してもらおうと、13年ほど前に現在のようなスタイルになっています。

久賀美塞の神2019
旧年のしめ縄やダルマなどもお焚き上げしていただけるので、今年は外したばかりの門松を持参し、一緒にお焚き上げしていただきました。

書き初めの書き損じをお焚き上げすると、字が上達するという言い伝えもあります。
そんな話を聞きつけ、末っ娘の書き損じを持参し、初めて参加したのが平成24年(2012年)のこと。我が家にとっては8回目。Dawn太にとっては4回目になる塞の神です。

遠くの雪山が綺麗
平成最後になる塞の神はお天気に恵まれました!
午前中、雨の時間帯も少々ありましたが、お昼時刻になるとすっきりと晴れ、しかも今年は足元に雪が無いので、下からジワジワと冷えることもなかったのが何よりでした。

久賀美塞の神2019
天候が安定していたので、これまでで一番の参加者数だったと思います。

福するめ
塞の神開始1時間前になると、福するめやこんにゃく・豚汁などの販売、甘酒の振る舞いもありました。

福するめ購入しました
今年はじめて「福するめ」購入しました!

消防さんもスタンバイ
消防さんもスタンバイ

久賀美塞の神2019
全ての準備が整いました。

御祈祷
来賓のあいさつのあと、ご住職による御祈祷

長く垂れる蝋燭
商売繁盛 商売繁盛

塞の神点火
地元の子どもたちの手によって、塞の神に点火されました。

久賀美塞の神2019
たちまち立ち上る大きな煙の塊

久賀美塞の神2019

久賀美塞の神 ハート型の煙
煙の中にハートマークを見つけた人は、今年はきっと恋愛運UP!(たぶん)

Dawn太と塞の神
皆さんが燃え上がる炎に見とれているうち、こっそりDawn太の記念撮影。
本犬これ以上近づきたくないし、そろそろ破竹音が響き始める頃なので、飼い主も近づけたくないし…。

塞の神の火にあたると、この1年も無病息災といわれます。

久賀美塞の神2019
暴れる龍神

久賀美塞の神2019
塞の神の中に組んだ竹が破裂し、時々、観客目掛けて飛び出すこともあります。

久賀美塞の神2019

久賀美塞の神2019風下に灰が
風下要注意!

燃え盛る塞の神

塞の神のてっぺんが焼けている

倒れる塞の神

倒れる塞の神
点火してから6分ほどで、塞の神の先端は焼け落ちてしまいました。

さらに燃え盛る塞の神

火に押し込む
先端部を火の中に押し込む。熱くて大変そう。

塞の神2019
無事に先端部も焼け、ようやく炎の勢いも落ち着いてきました。

塞の神2019
合図があると一斉に、スルメを手にした人たちが塞の神の炎に群がります。

人 人 人
百姓一揆か⁉(笑)

人垣遠景
スルメを手にした人、カメラを手にした人。ひと、人、ヒトの人垣しか見えなくなってしまいました。

煙が凄い
人垣に割って入れば、煙、煙、煙い!

福スルメ炙ります
多少の煙と熱さに耐えながら、我が家も購入した福するめを炙ります。

福するめ いい感じに焼けました
塞の神の火で炙ったするめや餅などを食べても、無病息災につながるといわれています。
ご利益ありますように!

実は、炙ったするめを食べたのは、凄~く久しぶりのことでした。
会場にいるうちに少し食べ、ジワジワくる味にハマってしまい、家に帰ってからも残りを少し齧っていたら、その匂いにDawn太も寄ってきて…。ほんの少しだけでしたが、Dawn太にも福するめのお裾分けしました。本犬きっと「ちょっと塩味の強い豚耳だ!」くらいに思って食べていたと思います。(;^ω^)
残った分は後日、こんにゃくを煮る際に一緒に入れてみました。するめは柔らかくなって食べ易いし、こんにゃくには良いダシがしみて美味しくなり。家族にも大好評で、「来年もまた福するめ炙ろう!」という話になりました。

さて、我が家がするめを炙り始めたのは、多くの人たちがするめを炙り終わったころでした。
すると私の肩越しでは、ビシッとスーツを着込んだ某議員さんが人懐っこい笑顔を浮かべながら、隣り合わせた私と一言二言言葉を交わしつつ、同じようにするめを炙っていらっしゃいました。人気商売(⁉)なので、人当たりも柔らかいし誠実そう…。しかしオフレコですが、我が家では「雨男」の異名を持つお人なのです。

あれはまだ、末っ娘が小学生だった頃。家族で「市民10キロウォーク」に参加した日のことです。その時の開会式に激励の挨拶に来られたのが、この某議員さんでした。
気持ちが入り込んだら少々挨拶が長くなってしまい、一行は予定時刻よりも10分ほど遅れて出発。その後、みるみるお天気は崩れてゆき、折り返し地点少し手前から土砂降りになってしまいます。結局、あまりにも酷い雨で、市民ウォークは半ば中止の状態でした。ほぼ先頭集団だった私たちも、あと10分早かったら、折り返しの休憩施設に入って濡れずに済んだはず。

「今日はお天気崩れないといいね!」
お寺さんの祈祷が始まる頃、家族同士でヒソヒソとそんな話をしていました。

塞の神の最後に虹が出ました
食べかけのするめを片付け、出店していた珈琲のお店に並んでいると、こんなに綺麗な虹が出ていました。

それから程なくして…降ってきましたよ、雨が。
あんなに眩しいくらいにお日様が出ていたのに、塞の神が始まって40分で雨になってしまいました。(汗)
このあと、Dawn太を浜に走りに連れて行きましたが、駐車場に着く頃には、降り始めた雨は強くなる一方。だけど潮のにおいはするし、自分のために海に遊びに来たのを知っているので、雨だからといって素通りもできず、みんなでびしょ濡れになって遊びました。(笑)

確かに…我が家にとっては「雨男」さんに違いはないですが、農業県にとっての「雨」は天からの恵みです。
きっと今年は、「五穀豊穣」間違いなしでしょう!

----- Sunday, January 13, 2019 ----------  Dawn太(生後1,420日)
関連記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
Dawn太(ドーン太)
ボーダーコリー ♂ 2015.2.23
世田谷生まれの田舎育ち

Comment 2

There are no comments yet.

栗千代  

今年は珍しく・・・

塞の神って、いつも曇天で開始され
最後は雪がチラつくイメージがあるので
「おっ、今年はお天気が良いな?」って思いました。

雨男の議員さん登場で
やっぱり降っちゃったんですね。雪じゃなくて雨が(汗)
きよらかな虹を見ると、龍神さまに愛されての雨男さんかも?!

2019/01/20 (Sun) 23:04
そふぃあ

そふぃあ  

To 栗千代さん

今年は小雪だと言われていますが、この様子を見ると、本当に小雪の年なのだと感じます。
この時期、雪でなく雨なのも仕方ない!
雨男も、ここまではっきりと雨を降らせてくれるのが分かると、返って気持ち良いかも知れません。(;^ω^)

2019/01/21 (Mon) 07:48

Leave a reply