「ガンジーソフト×米粉コロネパン」数年ぶりに良寛の里わしま・和らぎ家にていただきました

2019年01月23日
2
スイーツde部
----- Monday, January 14, 2019 ----------
少し前から、末っ娘がまた食べたい、食べたい!と、事あるごとに繰り返し訴えていた「ガンジーコロネソフト」。
この日ようやく、その願いを叶えてあげることができました。

良寛と貞心尼出逢いの地、道の駅 良寛の里わしま地内のお休み処「和らぎ家」

道の駅良寛の里わしま「和み家」
道の駅「良寛の里わしま」は広大な敷地面積を持ち、国道に面した「地域交流ゾーン」と、少し奥まった場所にある「美術館ゾーン」の2エリアになってあります。
今回お邪魔した「和み家」は、良寛の里美術館や菊盛記念美術館などがある美術館ゾーンに、平成7年(1995年)にできた施設です。

以前伺った際には、和島バイパスに面してある地域交流ゾーンに置かれたもうひとつの食処「もてなし家」(平成16年/2004年開業)とは、明らかに違う役割をしてみえたのですが…。
今回はちょっと、皮肉めいたお話も交えて。

入って真正面にある和らぎ家ギャラリー

道の駅良寛の里わしま・和らぎ家ギャラリー
ギャラリーでは、いつも何かしら展示があります。この時は立派な「書」の新春展でした。

無料休憩スペースも

無料休憩所
小黒哲也氏の書を眺めながら、のんびりと休憩できるスペースです。窓際にある休憩用のテーブルにはポットが用意され、自由にお茶が飲めるようになっていました。

喫茶・軽食コーナーとカルチャー教室スペース

和み家喫茶
こちらが今回目的の、飲食ができるスペースになります。
きっと、我が家が伺う季節や時間帯が悪いのかも知れませんが、何度訪ねてみても、お客さんが殆どなく、ガラ~ンとした印象の喫茶スペースです。

和らぎ家の襖障子
良寛さまゆかりの地らしく、襖障子には子どもと遊ぶ良寛さまの切り絵がみられます。
襖障子の向こうはお座敷になっていて、この日は丁度、カルチャー教室の個人レッスンが行われていました。

和み家グッズ販売
販売コーナーに置かれた品も、この地ならではの素朴なものが並びます。

和島といったらガンジー牛
そして和島といったら、県内では唯一ここだけで飼育されている、加勢牧場さんの「ガンジーミルク」は外せませんね!

「ガンジー牛って何?」と思った人は、以前に同道の駅を訪ねた記事に説明がありますので、こちらをご参照ください。

ガンジーソフト♪

---- Saturday, November 24, 2012 ----------自分で廊下の塗装を行った日。当然のようにトイレ前の部分も塗ったため、塗装が乾くまでの数時間「近くて遠い我が家のトイレ」になってしまいました。(~_~;)家に居ても不自由なだけなので...

今では、ガンジーミルクは和島地区の特産品のひとつとなり、道の駅でも大きくアピールしています。当然のように、「和らぎ家」でも「もてなし家」でも、ガンジーミルクを使った製品やスイーツなどが提供されており、道の駅良寛の里わしまに来たなら製品の殆どが揃うのでは⁉と思われる「ガンジースイーツ天国」です。

ガンジーコロネソフト(500円)

ガンジーコロネソフト
数年のうちに、僅か20円ですが値上がりしていました。
イートインなのにスプーンも使い捨てになり、ちょっとチープな感じになってしまいましたね。

ガンジーコロネソフト
ソフトクリームはもちろんガンジーソフト。
ミルクのコクと甘みが強く、いつ食べてもシルクのようなきめ細かい口当りのソフトクリームです。

ガンジーコロネの米粉コロネ部
ソフトクリームを受け止めるコロネは、米どころらしく「米粉コロネ」が採用されています。
素焼きタイプのコロネですが、今回、早い段階で持ち上げたら、指に付くほどのバター感がありました。コロネは直前に温めてから提供されるので、焼きたてのような香りと、もっちりした生地の食感を楽しめます。
ソフトは冷たく、コロネはアツアツで、その温度差も楽しい一品。ガンジーソフトとコロネの相性も良く、繰り返し食べても感動があります。
ご馳走様でした♡

おしまいに

以前は「和らぎ家限定のオリジナルスイーツ」として売り出されていた、今回の「ガンジーコロネソフト」。2018年の初夏からは、もう一方の「もてなし家」でも販売されるようになっています。
逆にいうと、食事は「もてなし家」、ガンジースイーツは「和らぎ家」の我が家だったので、久しぶりに訪ねてみて、「もてなし家」と同じ食事メニューが「和らぎ家」に置かれていることにも気付いたというか…。
「和らぎ家」にはお座敷もあって、数十名単位で団体客の受け入れが可能な施設です。どうしても、和島バイパスに面した「もてなし家」の方が集客率は高いはずなので、メニューを統一し、「もてなし家」で対処仕切れない場合は「和らぎ家」に客を回す等の使い方がされているのかな⁉と思わずにはいられませんでした。
古民家再生の「もてなし家」にはない、「和らぎ家」独特の落ちついた雰囲気も好きなので、集客が伸び悩むことで、和らぎ家のお休み処が無くなってしまうのだけは嫌だな…と思った次第です。

また、マ〇コDさんの某番組で、加勢牧場さんの同ガンジーソフトをのせた焼き芋の回をご覧になった人はないですか⁉

さつまいも農カフェ きらら♪

----- Sunday, January 10, 2016 ----------ここ最近、何だかご縁があって通っている小千谷に、新しく、地元で生産された農産物を使った「農カフェ」が誕生したという情報を受け、雪の降り始めたこの週末、早速お邪魔して来ました。昨年11月末にOPENしたばかりの、さつまいも農カフェ...

マ〇コさんもお替わりするほど美味しいのが、加勢さん家のガンジーソフトだけど…
私も何度もリピしている、きららさんの焼き芋ソフトクリームだけど…
それ以前から地元で売り出されている「ガンジーコロネソフト」だって、もっと有名になっても良い商品だと思います。
新潟県民はアピールするのが下手だけど(TV出演した農カフェきららのオーナーは東京出身の人)似たようなスタイルの後者が、より一層のスポットを浴びるのは…。
和島の皆さん!「ガンジーコロネソフト」も、もっとアピールしてあげてください!

道の駅良寛の里わしま和らぎ家外観
道の駅 良寛の里わしま お休み処 和らぎ家
住所 長岡市島崎5551  地図
URL http://www.motenashiya.com/yawaragi/index.html

関連記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
Dawn太(ドーン太)
ボーダーコリー ♂ 2015.2.23
世田谷生まれの田舎育ち

Comments 2

There are no comments yet.

さいさん  

コロネの上にソフト!
マ〇コの番組は見てなかったけど、焼き芋の上にアイスは食べました!
美味しかったけどソフトが受け取った時には溶けてたなw

2019/01/26 (Sat) 21:43
そふぃあ

そふぃあ  

To さいさん

焼き芋ソフトは私も同じでしたよ。
その温度差も美味しいのでしょうが、溶けたアイス苦手なので。(;^ω^)

2019/01/28 (Mon) 07:41

Leave a reply