お出掛け

白鳥の飛来地「長嶺大池」の白鳥たち

2
県内各地に白鳥の飛来地があります。
この度はじめて、柏崎市にある「長嶺大池」を訪ねました。

長嶺大池パンを持参しました
自由にエサやりができる場所だと聞いていたので、近くのスーパーで購入した白鳥さんへのお土産つきです。

長嶺大池のDawn太
早速、少しずつ食パンを池に撒きながら移動開始。…すると、ガサガサ袋に反応するDawn太。

食パンとDawn太
手にした食パンのあまりの柔らかさに、私も末っ娘も、白鳥にやるより先に、ちょっとつまみ食いしちゃったからなんですけどね(笑)

ベッグするDawn太
犬の哀しい性で、何か芸をすれば要求が通ると思っている(汗)

残念のDawn太
丼母:白鳥の分だから、パンはあげませんよ!

チッ!なDawn太
丼:チッ!自分は食べたくせに…。

長嶺大池のパン販売所
わざわざ持参しなくても、長嶺大池に面した個人宅で「白鳥用のパン」が用意されていました。

長嶺大池と白鳥について

柏崎市西山町長嶺にある長嶺大池は、周囲約950mの農業用人造湖です。

長嶺大池水鳥案内看板
ここに初めて2羽の白鳥の姿が確認されたのは昭和53年(1978年)晩秋のこと。平成19年(2007年)には、県内に飛来したオオハクチョウの約4分の1にあたる277羽が、長嶺大池の周辺で確認されるようになります。
オオハクチョウのほかにも、コハクチョウ・コガモ・オナガガモ・ホシハジロ・カルガモなど。稀に、国の天然記念物に指定されているヒシクイなども見られ、平成12年(2000年)に新潟県指定長嶺大池鳥獣保護区(集団飛来地)に指定されています。

長嶺大池の白鳥
近年は多い時で4~500羽の白鳥が飛来してくるようです。
この日は300羽程度が、静かな環境の中でのんびりと時を過ごしていました。

けたたましい白鳥
いやいや!たまにこんな小競り合いもね(;^ω^)

長嶺大池のDawn太
丼:エサやりならこっちがいいよ!

長嶺大池
長嶺大池には駐車場が二か所にあり、トイレ側の駐車場前は柵も無くて水辺も浅く、白鳥を間近に触れ合える場所になっていました。(鳥インフルエンザの危険も考えられるので、直に水鳥に触れる、落ちているフンに触れることはNGです。)

長嶺大池の白鳥

長嶺大池の白鳥
確かに近い!

長嶺大池の白鳥
たまに、パンを手にしているのを見つけ、こちらを真っ直ぐに見ている可愛い子もいます。

長嶺大池の白鳥
仲良くなれるかな⁉

長嶺大池の白鳥
黒タヌキが一緒なので、警戒心が解けるまでには時間が掛かり、手渡しで食べてくれるような場面は訪れませんでした。

長嶺大池のDawn太
丼:エッ、それってボクのせいなの⁉

長嶺大池のDawn太
丼:どうしてあの首長族だけ、何もしないのにオイシイの貰ってるんだぁ!意味わかんないけど…。

パン鼻乗せのDawn太
決して吠えたりしないので、白鳥も必要以上にDawn太に対して警戒することはありませんでした。
ただ、食パン欲しさに駐車場を右往左往してうるさいので、ちょっと鼻に乗せて静かになってもらいました。

最近ようやく、「鼻パク芸」が完成形になったDawn太です(笑)

長嶺大池の白鳥
パンをちぎって投げたのでは、近くにいる白鳥にしか届きません。
ちぎらずに1枚のまま、DISCを飛ばすのと同じ要領で投げると、思うよりも遠くの白鳥に届きました。

長嶺大池の白鳥・食パン1枚争奪戦
食パン1枚争奪戦!

食パン争奪戦
欲が絡むと良いことありませんね(汗)

長嶺大池・白鳥幼鳥
なかにグレーの白鳥が混ざっていますが、夏前に生まれた幼鳥です。
上手に食パン1枚をGETしてくれたのですが…

長嶺大池・白鳥幼鳥
喜んだのも束の間で… 次の瞬間「ポトン!」

長嶺大池・白鳥幼鳥
あ~ぁ!大人の白鳥さんに横取りされちゃいました。

長嶺大池・白鳥幼鳥
いろんなことにめげず、強い白鳥になるんだよ!

背中にパンを乗せた白鳥
この子は逆に、強くて助けてもらえなかった派(⁉)

背中にパンを乗せた白鳥
私がちぎって投げたパンが、白鳥さんの背中の上にチョコンと乗っかってしまいました(汗)

背中にパンを乗せた白鳥
気付いていないのは本鳥だけ!周りは、背中にのったパンが気になって気になって仕方ないのだけど、うかつに近づくと怒られてしまうので、取りたいのに取れないという…。

背中にパンを乗せた白鳥
可愛い顔して、かなり気が強い子なんでしょうね。

背中にパンを乗せた白鳥
次の食いしん坊さんが見ている。

背中にパンを乗せた白鳥
結局、みんな見て見ぬふりで、しばらくパンを乗せたままでした。

白鳥にもそれぞれに関係図みたいなものがあって、三斤のパンが無くなるまで、随分と楽しませてもらいました。

空を飛ぶ白鳥
パンも無くなる頃になるとまた小雨が降り始め、すっかり冷えて寒くなったこともあり早々に退散。
トイレから遠い方の駐車場へと戻るために歩いていると、田んぼから戻って来た一団が、頭上をが飛ぶ姿にも出会いました。

空を飛ぶ白鳥
池に戻って来たのだと思いきや、また田んぼの方へとUターン。

空を飛ぶ白鳥
こんな様子が、今年も春先まで見られるはずです。

多くの白鳥は、昼間は近くの田んぼにエサ探しに行きます。白鳥に会うなら早朝や夕方がオススメです。
また柏崎市では、毎年1月末頃まで、白鳥のエサとなる古米などの寄付も募っているようです。
(Monday, January 14, 2019 / Dawn太 生後1,421日)
関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

さいさん  

鯉も(人間も?)そうだけど、食べ物の事になると壮絶ですね(・ω・;#)

2019/01/26 (Sat) 21:40 | EDIT | REPLY |   
そふぃあ

そふぃあ  

To さいさん

食べる=生きるなので、とくに次の食事の保証がない野生動物は壮絶になりますよね。
でも見ていて飽きない!

2019/01/28 (Mon) 07:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply