attention admin about comments trackbacks you may also like

新潟ふるさと村アピール館・アンテナショップ&カフェ「GATARIBA」にて

2019年02月15日
スイーツde部
2
カフェ ジェラート
もう幾度となく足を運んだはずのお店ですが、過去記事をめくってみると、最後に訪ねてからすでに7年も経っていたようです。

道の駅新潟ふるさと村のアピール館

そのお店は、道の駅「新潟ふるさと村」のアピール館1Fにあります。

アンテナショップ&カフェ「GATARIBA」

新潟の「GATA」、大河・信濃川に代表される「River」を組み合わせ、「語り場」という意味合いを持たせてついた店名「GATARIBA」。
アンテナショップとカフェを組み合わせ、消費者と生産者、生産者同士、消費者同士が繋がる場として、新潟の魅力を再発見し、新潟の今を知ることの出来る場にして行こうという施設です。

アンテナショップ&カフェ「GATARIBA」

冬期閉店時間が早いのに気づかず、ラストオーダー20分前の飛び込みでした。(汗)

GATARIBAから眺めるふるさと庭園

できるだけ急いで注文し、ふるさと庭園が眺められる席で待ちました。

雪室珈琲(通常350円→セット価格250円)

GATARIBAで提供される雪室珈琲や雪国紅茶は通常350円しますが、スイーツメニューとセットにすると100円お得に250円で楽しめます。

雪室珈琲

カップにたっぷりと注がれた雪室珈琲。酸味や苦みの角が取れ、とてもマイルドな味で飲みやすいです。

雪の多い我が県では、古くから低温・多湿の環境が保たれる雪室を利用し、米や野菜・果物などを貯蔵する習慣がありました。雪の中で貯蔵することによって、糖分やビタミンなどが一時的に蓄積され、甘味や旨味が増進するからです。この点に着目し、鮮度で味が大きく変わってしまう珈琲豆を雪室内で一定期間熟成させ、オリジナルの味が作れないかと試行錯誤したのが、安塚地区の人たちが地元の雪室で作り上げた「雪室珈琲」です。

みるぱすのジェラート(283円)

みるぱすのジェラート・越後姫

雪室珈琲とセットにしたのは、阿賀野市にお店を構える「みるぱす」の越後姫ジェラート。
こんな風にカップで食べるのは初めてでしたが、カップ品になっても変わらず丁寧な仕事で美味しいジェラートです。また阿賀野にあるお店で食べたくなってしまいました。

牛さんに会いに!

ファーミーランドのやぎさん、山古志のアルパカ。。。と、自分よりも大きな動物にも意外と無反応なDawn太。間近に見られ、次に会わせてみたかったのが、同系色の牛さんでした。やって来たのは みるぱす。店名の みるぱす =「酪農の場への入り口」という「Milk passport」の意味です。...

小さいDawn太が可愛い、懐かしのみるぱす記事をリンクしておきます。
ご馳走様でした。(Saturday, February 9, 2019)

アピール館一階の様子

GATARIBA(2011年6月26日OPEN)
新潟県新潟市西区山田2307 新潟ふるさと村アピール館内1F  ※地図
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※

コメント(2)

There are no comments yet.

さいさん  

2019/02/17 (Sun) 13:57

閉店前に来店できて良かった!

そふぃあ  

2019/02/17 (Sun) 21:50
そふぃあ

To さいさん

一度機会を逃すと、次はまたいつになるか分からないですからね。
久しぶりに入店できて懐かしかったです。