世界一のクラゲ水族館はクラゲもオイシイ!~加茂水族館グルメ編~

2019年02月21日
食べ歩記 2
遅かりし由良之助~!(笑)クラゲ定食は、現在提供されておりませんでした。

加茂水族館の巨大水槽
世界一のクラゲ展示を誇る「鶴岡市立加茂水族館」に来て驚くのは、その展示の工夫やクラゲの数もさることながら、売店に置かれた「クラゲ入りまんじゅう」「クラゲ入り羊かん」などのお土産ものをはじめ、レストランや喫茶で提供されるメニューまで、とにかく全館クラゲ尽くしになっているということ。

実は、加茂水族館のレストランには以前からずっと狙っていた数量限定メニューがあり、この日のメインは水族館でいただくランチだったと言っても過言ではないほど。「この度こそ食べ逃すまい!」と、レストランオープンの時刻に合わせて到着するよう逆算し、早い時間帯に自宅を出発してきました。

水槽のギンブナ
水槽のギンブナもお食事中なので、私たちも着いて早々に、まずはレストランへと向かってみました。

加茂水族館内レストラン 魚匠ダイニング 沖海月

魚匠ダイニング 沖海月
眼下に広がる日本海。また別角度の席からは、アザラシやアシカプールを見下ろしながら、庄内浜で水揚げされた、地物鮮魚を使ったメニューがいただけるレストランです。

※以前は水族館の利用でなくても、売店とレストランは自由に入って買い物や飲食ができたのですが、現在のレストランは、受付を通過しないと利用できない仕組みに変更されていました。しかも、レストラン混雑時には、レストランのみの利用はお断りしているそうです。

数年来ないうちに、利用方法が変わってしまったのだと思っていると…

魚匠ダイニング沖海月の券売機
なんと!メニュー内容まで変更され、狙っていた「クラゲ定食」が提供終了になっているという…(泣)

冬はとらふぐ一押しです
冬のこの時期は、地元の「とらふぐ」が一押しらしいです。だけど、旅先グルメにしたってお高い!
自分の心に折り合いをつけ、今あるメニューの中から、希望していたクラゲが楽しめるメニューを選んでみました。

鯛の薄造り定食 なめこ蕎麦付(1,300円)

鯛の薄造り定食 なめこ蕎麦付
ご飯、なめこ蕎麦(温)、小鉢二品、茶わん蒸し、薄造り、そして「クラゲの刺身」つき。

少なくても4年前にはあった「クラゲ定食」は、900円弱でもう少しクラゲが満喫できたはずですので、お値段アップ、クラゲ感ダウンといった感じでした。それでも、目当てだったクラゲが味わえるのは嬉しい。

薄造りとクラゲの刺身
日替わりで「鯛」または「平目」になるという薄造り。この日は、もっちりとした食感の鯛でした。
手前に置かれた私のメイン、「クラゲの刺身」は2種盛りになっていました。

キャノンボールと思われる食用クラゲ
キャノンボールかな⁉と思われる、コリコリ感あるクラゲの刺身。

エチゼンクラゲかな⁉
もう一方は、ザクザク感あるクラゲの刺身。多分、エチゼンクラゲでは⁉と思われます。

小鉢や茶わん蒸しなど
切り昆布やウルイの小鉢に、一足早い春を感じました。

こちらは健在! クラゲラーメン(750円)

クラゲラーメン醤油味
クラゲ定食は無くなって残念でしたが、人気のクラゲラーメンは、醤油・味噌と2種類の味で提供されていました。
このクラゲラーメンのお陰で、水族館のレストランは売上が4倍に跳ね上がったといいますから、このメニューだけは不滅でしょうね。

もちろん〆のデザートもクラゲです!

軽食販売店のみんなカモーん
冬期間はアシカショーなどの屋外イベントがお休みになるので、アザラシプール前に位置する軽食販売店「みんなカモーん」も併せてお休みしています。

でも大丈夫!冬期間でも屋内販売所で、お目当ての冷スイーツは販売されていました。(かなり早めのお昼だったため、私たちが利用した時には、同じく販売されているはずのレストラン「沖海月」の券売機では、アイスメニュー販売中止の状態でしたが…。)

クラゲアイス(300円)

クラゲアイス・エスプレッソ
誰もいないアシカショーのプールを眺めながら、のんびりと食す「エスプレッソ味」のクラゲアイス。
しっかりほろ苦なアイスの中に、凍った角切りクラゲがたくさん入っています。口に入れてすぐは小さな氷の粒?と思いますが、体温で溶けてきたところを噛むと、コリコリとした食感のクラゲであると実感します。
この日もアイスは10種類程度が販売されていましたが、以前来た時には無かったはずのフレーバーでした。

はぁ~、今日のミッション終了!…な感じ(笑)
ご馳走様でした。(Monday, February 11, 2019)

クラゲレストラン♪

----- Thursday, August 22, 2013 -----------クラゲ世界一の加茂水族館内には、日本海を眺める絶景のロケーションの中、ここだけのオリジナル料理が食べられる「クラゲレストラン」があります。丁度お昼時…混雑していなければ、レストランだけの利用も可能なので、サラリーマンの姿もあり繁盛していました...

見るも良し、味わうも良し♪

----- Monday, October 13, 2014 ----------クラゲの水族館で有名な加茂水族館は、見るだけでなく、クラゲを食す場所があることでも有名です。水族館のリニューアルオープンに伴い、ミュージアムショップ奥に設けられたレストランも一新。その名前も「沖海月(おきみづき)」となりました...

せっかくなので、旧館時代のレストランの様子がわかる記事と、クラゲラーメンの詳細がわかる記事をリンクしておきます。よろしければ、季節によって異なるレストランの雰囲気のご参考にでも!

加茂水族館の話、さらに続きます。
関連記事
そふぃあ
Admin: そふぃあ

最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※

Comments 2

There are no comments yet.

さいさん  

クラゲをキレイ!と見た後に食べる(笑)
でも美味しいですよね♪

2019/02/26 (Tue) 07:39
そふぃあ

そふぃあ  

To さいさん

正確には逆で、定食が無くなるのが嫌で先に食事でした。
まさか定食無くなっているとは…。

クラゲには特に味は無いですが、コリコリ食感が楽しいです。

2019/02/27 (Wed) 06:57

Leave a reply