冬の笹川流れ「眼鏡岩」にて

2019年02月27日
Dawn太_3-4歳 0
国指定の名勝天然記念物になっている「笹川流れ」
そこに注ぎ込む川が無いので、県内一透明度の高い海と白い砂浜が広がり、幾つもの奇岩や奇石によってつくり出される独特な光景が、全長11キロにもなって日本海に続く県内有数の観光スポットです。

その全長が長いため、場所によって砂浜の質や海岸線の様子など、随分と異なっています。
笹川流れでひとっ走りしたあとは、同じ笹川流れの観光スポットへと向かってみました。

笹川流れ 眼鏡岩

笹川流れには「弘法」「弁天」「コウモリ」「びょうぶ」「恐竜」「雄獅子」「雌獅子」「汐吹」など、名のある奇岩だけでもまだあります。また源義経にまつわる奇岩も幾つかあり、この岩を見た源義経がニヤリとしたという「ニタリ岩」、この岩の景観を見せたいがために家来が源義経を呼び戻したといわれる「君戻岩」、源義経を慰める為に家来が舞ったという「舞子岩」なども…。

笹川流れに数々ある奇岩・奇石の中、その代表格ともいわれるのが、長年にわたる波の侵食によって洞穴ができた、この大きな眼鏡岩です。

笹川流れ眼鏡岩
以前はその名のとおり、眼鏡のように穴が二つあったそうです。
しかし、昭和39年(1964年)6月16日、粟島沖を震源とするM7.5の「新潟地震」が発生。笹川流れには高さ4mの津波が押し寄せ、眼鏡岩の沖側の穴が崩れ落ちてしまうという被害を受けてしまいます。

眼鏡岩とDawn太
そんな有名観光スポットも、Dawn太にとっては遊び場ですけど…(笑)
泳ぎは川専門のDawn太が唯一泳げる海が笹川流れであり、眼鏡岩のこの場所です。

本当は、真冬の眼鏡岩で「波の花」を撮影してみたかったのですが、今年は暖冬過ぎてそれも叶いませんでした。

眼鏡岩とDawn太
あら、遊びに来たのにどうして浮かぬ顔⁉

眼鏡岩とDawn太
あぁ、これかぁ!

眼鏡岩とDawn太
棒切れカミカミ

眼鏡岩とDawn太
これが大好きだから、歯が摩耗しちゃうんですよね(汗)

笹川流れで遊ぶDawn太
そして始まる「ギリギリゲーム」

笹川流れで遊ぶDawn太
波が引いているうちにイケば良いのに

笹川流れで遊ぶDawn太
たったこれだけの波が怖いビビリ(笑)

笑って誤魔化すDawn太
最後はいつも笑って誤魔化す

眼鏡岩とDawn太
さすがの観光名所も、冬なので貸し切り状態。普段は人が大勢いて、Dawn太を連れては行ったことの無かった、洞穴反対側の岩場にも行ってみました。

眼鏡岩
ライフジャケットも買ったことだし、今年の夏には、この洞穴の中を泳いで通ってみたいね!

Dawn太と眼鏡岩
あれ⁉何で真顔なん?(爆)
(Monday, February 11, 2019 / Dawn太 生後1,449日)
関連記事
そふぃあ
Admin: そふぃあ

最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply