城下町村上「町屋の人形さま巡り」に行ってきました

2019年03月16日
お出掛け 2
桃の節句だったこの日は、「鮭・酒・人情(なさけ)」の県北の城下町・村上に春を告げる、毎年恒例のイベントに行ってきました。

Dawn太と鮭
我が家がこのイベントにお邪魔するのも今回で8回目になります。Dawn太にとっては3度目の町屋散策。お天気にも恵まれ、一緒に楽しいひと時を過ごしてきました。

第20回 城下町村上 町屋の人形さま巡り

第20回 城下町村上 町屋の人形さま巡り
開催期間 2019年3月1日(金)~同年4月3日(水)まで

「町屋の人形さま巡り」は、普段ならば気軽には立ち入ることのできない風情ある町屋の中に飾られた、その家に代々受け継がれてきたお人形さまを巡りながら、まちの散策を楽しむという催しです。飾られているのは雛人形をはじめ、武者人形、土人形など、お宅によっても様々。今年も70軒余りが協賛し、市内にある町屋や店舗などに、江戸期から平成に至るまでおよそ4,000体ものお人形さまが展示されていました。
ごく一部ですが、我が家が巡ってきたお人形さまや、城下町ならではの町屋の様子をご紹介いたします。

越後村上 うおや

うおやの店内飾り
冒頭の写真で鮭が吊るしてあるのは、この地で200年にわたり創業している鮭の店「うおや」さん。
店舗内には、江戸から現代までの様々なお人形が飾られています。素晴らしいのはお人形だけでなく、それを飾ってある調度品も!

貝合わせ
雛絵の描かれた貝合わせなども展示されていました。

うおや
こちらのうおやさん、近年経営拡大されているようで、直営店や直売所がさらに増設されておりました。

鮭こうば
こちらは、メイン店舗真向いにある「鮭こうば」

鮭とお人形さま
鮭とお人形さま

干物とお人形さま
いわし醤油干しとお人形さま

千年鮭 きっかわ

千年鮭きっかわ
こちらも村上では有名な鮭を扱う老舗店。寛永3年(1626年)創業、三面川で獲れる鮭の加工販売をされている 「きっかわ」さん。近年「喜っ川」からひらがな表記の「きっかわ」へと店名を改められています。吉〇小百合さんが、JRのポスター撮影で訪れたお店としても有名です。

きっかわのロールスロイスとDawn太
お店脇に停まっている、もうひとつの看板であるロールスロイス。ナンバーが外されてしまいましたね。

きっかわ
ここに吊るされている鮭、二年前に訪ねた時と同じもののようです。

きっかわの鮭
飴色になるまで寒干しされた鮭、迫力すら感じます。

きっかわ前庭
前庭が解放され、お座敷の様子が拝見できました。

きっかわ店舗内
風情と活気ある店舗内。

きっかわ人形展示
昭和雛、武者人形、土雛人形など、様々なお人形さまが飾られているきっかわさん。お人形さまと一緒に、1,000本もの鮭が吊るされた光景がみられることも、このお店ならではで人気です。

きっかわの人形展示
今年のセンターは、私もファンの福助さんでした(笑)

きっかわの鮭
何度拝見しても、1,000本の鮭がぶら下がる光景は圧巻です。

マダムきっかわ
お人形さまの見える土間隅には、さりげなくお店PRコーナーも(⁉)

十輪寺茶や 越後岩船家

十輪寺茶や 越後岩船家
まだ散策間もない時、以前は気づかなかったお団子屋さんがあるのを発見!なんでも2016年3月1日OPENというから、2017年の人形さま巡りの時には素通りだったというわけですね…私(汗)

「十輪寺茶や 越後岩船家」は、村上市松山に本店を構える「越後岩船屋」さんの3店舗目となる大町店です。町屋巡りのお休み処になるようにと、明治26年(1893年)に建てられた町屋を改装した店舗になっています。ちなみに、新潟CoCoLo本館内に2店舗目の「新潟店」があります。

十輪寺茶や越後岩船家の団子
並ぶお団子たちも地元食材にこだわり、てんや味噌醤油店の醤油を使った「みたらし」、小林醤油店の十年熟成味噌を使った「みそ」など。
大町店で販売される串団子は、十輪寺門前に位置するためお寺の名を頂戴し、ここだけ限定で「十輪寺串だんご」と呼ばれます。

十輪寺串だんご
▲十輪寺串だんご・村上茶あん(200円)
県産コシヒカリを使ったモッチリとしたお団子。私が選んだ「村上茶」を使った餡には、常盤園さんのお茶が使われています。

ボクのは?
丼:ボクの分は無いの?

と~さぁ~ん
丼:とぉさぁ~ん、またかぁ~さんが美味しいの見せびらかしてる!

村上茶
お団子を購入するとお茶の振る舞いもいただけ、村上茶三昧でした。

肝心のお店のお雛様ですが…店内ではお団子を食べつつお茶を飲んで休憩する先輩たちの姿がお雛様の前を占領しており、お人形の見学どころではありませんでした。(;^ω^)商売繁盛何よりですね。

チワワとDawn太
お団子には有り付けなかったDawn太でしたが、大きな犬も平気な可愛い子が挨拶してくれ、ちょっと嬉しそうでした。

再び散策開始!
着物リメイク店のお雛様
着物リメイク・手作り小物のお店前には、手作り雛が客待ちしていました。

ビクター犬
毎度お馴染みの▲こちらのビクター犬もまた「お人形さま」に違いない!

木戸畳店

木戸直左衛門畳店
お人形さま…ではなく、▲この看板に惹かれて入った「木戸直左エ門畳店」さん。現在8代目が営む老舗畳店。その昔は村上城の畳も納めていたといい、180年以上にわたり畳一筋のお店です。

木戸畳店の人形さま
観光客にも人気の「畳のコースター」

木戸畳店の人形さま

木戸畳店の人形さま
手前に飾られた年代ものの親王飾には、畳店ならではの台座が使われているようでした。

長くなりましたので、その2へつづく…。(Sunday, March 3, 2019 / Dawn太 生後1,469日)
関連記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ

最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※

Comments 2

There are no comments yet.

tubaki  

本当にすごくたくさんのお人形ですね。Dawn太君、見る角度によっては、オリオン君にも似ていますね。
不思議です。

2019/03/16 (Sat) 13:07
そふぃあ

そふぃあ  

To tubakiさん

各お店を開放して見学させてくれるので、たくさんのお人形さん楽しめます。
犬連れでは入れないですが、一緒に町屋巡りするだけでも楽しいです。

全く違う子を連れてきたようでいて、同じ飼い主に飼われると、犬も似てくるのかも知れませんね。

2019/03/16 (Sat) 22:33