町屋のお休み処「えんや」にて村上紅茶と町屋探検

2019年03月18日
スイーツde部 6
「城下町村上 町屋の人形さま巡り」で市内を散策していて、町中に新しいカフェが出来ていたのがとても気になり、一旦帰りかけて再び戻ってきてしまいました。
いざ入ってみると、喫茶営業はもちろんのこと、気軽に休憩できるスペースでもあり、町屋探検ができる場所でもあり!美味しくて楽しい場所だったので、この度の「人形さま巡り」とはまた別にご紹介します。

町屋のお休み処 えんや

町屋のお休み処えんや外観
村上城址である臥牛山が真っ直ぐ正面に見える県道230号線沿い、以前は村上観光の「情報館」であった建物がお休み処になっていました。

人との「縁」、円満の「円」、穏やかなまるい気持ちであって欲しいという「円」。そんな意味合いを持った店名の「えんや」
のちに知ると、この建物がお休み処として生まれ変わったのが平成28年(2016年)とのこと。前回の2017年に人形さま巡りで同地を訪ねた折、全く気にも留めずに通過していたようです…私。

町屋のお休み処えんやオファリングボード
メニューを拝見しても、町屋歩きの小休止にピッタリな感じです。

町屋探検のできる場所「えんや」

こちらの町屋は大正14年(1925年)の建築。元の家主さんが大工だったそうで、随所に良質な木材が使われており、大工の家だからこそ見られる珍しい矢羽根が飾られて印象的なお宅でした。
情報館時代の流れを受け継ぎ気軽に立ち寄れる場所なので、町屋見学だけもOKだそうです。

お休み処えんや町屋内の様子
平入りの村上町屋特有の長い通り土間

町屋のお休み処えんやの人形さま
奥側の囲炉裏のある部屋に飾られた「大浜人形」

えんやさんに飾られていたお人形さまは、素焼きの上に胡粉を塗り、泥絵の具で彩色した素朴で温かみを感じる「大浜人形」。
江戸時代(文政)の頃に三河大浜より移住してきた瓦職人が、余技として土人形を作ったのが始まりといわれ、「越後大浜人形」や「村上土人形」などとも呼ばれています。

えんやの吹き抜け天井
これも町屋特有で、天井部に大きな吹き抜け空間を持つ建物。
大浜人形のある部屋の奥に見える階段上の天板も、突き上げて開閉可能な仕組みになっていました。

茶の間にあった矢羽根
茶の間に飾られていた「矢羽根」

飾られている「矢羽根」は、新築建前上棟式の時に魔除けの意味で天に向けて矢を射り、「家内安全」「無病息災」を願って飾るものだそうです。
えんやさん内に置かれた説明写真には、丸みのある形状をした「鏑矢(かぶらや)」と「雁股矢(かりまたや)」の二種類が見られ、写真は後者の「雁股矢」になります。大工さんの家だったからこその光景ですね。

えんや内にある階段
大浜人形のあった部屋のものとは別に、茶の間にも階段が設けられており、こちらは自己責任で昇降可能となっていました。

えんや二階より茶の間を見る
急階段上から見下ろす茶の間の様子

えんや二階部屋の様子
階段上がってある、大通りに面した二階の八畳間

町屋の屋根事情
二階部屋窓からも、町屋ならではの暮らしぶりを垣間見ることができます。
注目して欲しいのは真向いの屋根。高さも違い、屋根材も違うのは、三軒のお宅がお隣同士でくっ付いているからなのです。高い屋根は境界線を越えていることになります。

二階部屋から見下ろす茶の間
二階部屋からは茶の間、囲炉裏の間が見下せます。

お休み処「えんや」

お休み処えんやテーブル席
二階部屋の真下が、喫茶としてのテーブル席になっています。ここまで見学した一階二間も、同じように喫茶スペースとして利用できます。

町屋のお休み処えんやテーブル席
大浜人形の置かれていた囲炉裏の部屋の床材と同じく、一枚ものの栃の木が使われたテーブルだということで、我が家はこちらのテーブル席を使わせていただきました。

えんや店内飾り

村上紅茶とさくらシフォンケーキセット
▲村上紅茶とさくらシフォンケーキセット(550円)

この日のケーキは「さくら」「村上紅茶」「抹茶」の3種類のシフォンケーキと、チョコレートケーキの計4種類。
ケーキは各250円。コーヒーとのセットは500円。村上紅茶とセットにすると550円になります。

さくらシフォンケーキ
さくらシフォンケーキ

村上紅茶
村上紅茶(ホット)

村上は北限の茶処としても有名です。
カップに注ぐと、まずその香りの豊かさに驚かされます。しかも1人分がカップ3杯分程度とたっぷり。

村上紅茶単品の場合
▲村上紅茶(450円)

こちらは旦那が頼んだ村上紅茶だけの単品メニューです。
ティーサーバーでたっぷりと提供されるスタイルは同じです。焼き菓子が1つソーサーに添えられてきます。
ケーキセットがいかにお得か、よくわかりますね。

町屋のお休み処えんや内の様子
外部に公開された空間ということもあり、人の出入りが多い場所なので、ゆっくりお茶を楽しむ…というわけには行きませんが、田舎の家に帰ったような錯覚の中、非日常を楽しめる場所であると感じました。

お店の方々はとても親切で気さく。人情の町・村上を感じられる居心地の良い空間です。
散策に疲れたら、是非立ち寄って欲しい町屋のひとつだと思いました。(Sunday, March 3, 2019)

町屋のお休み処えんや外観
町屋のお休み処 えんや (2016年5月28日OPEN)
村上市小国町2-12  地図
関連記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ

最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※

Comments 6

There are no comments yet.

名無し  

カップ3杯分あるとはお得ですね!
シフォンケーキ美味しそう❤

2019/03/18 (Mon) 12:16

tubaki  

そふぃあさんは、いつもながら、写真のアングルが上手ですね。昔から、そう思っています。
紅茶は、とっても体にいいそうですね。昔は珈琲ばかり飲んでいましたが、紅茶を飲むと風邪を寄せ付けないと聞いてから、冬はよく飲むようにしています。
ここは、拍手どこでするの?
ブログ村の方でやっときますね。

2019/03/18 (Mon) 13:39

栗千代  

紅茶派です♪

毎日のように紅茶を飲んでいますが
なかなか国産のって無いんですよね。

こんなステキな場所で美味しい紅茶を頂けるなんて
羨ましいです~!!

つるし細工の左上から2番目のは。。海老ですか?

2019/03/18 (Mon) 13:39
そふぃあ

そふぃあ  

To 名無しさん

たっぷり入って出てくるって、地元の人たちのサービス精神や、地元のものへの愛を感じます。
実は前日にも某所でさくらシフォン食べていますが、えんやさんのは軽くてサクラ感もあって美味しかったです。

2019/03/19 (Tue) 07:20
そふぃあ

そふぃあ  

To tubakiさん

お褒め頂き恐縮です。
構図とか、勉強したことが無いので、全くの自己流です。
瞬間を捉えるのは難しいですし、偶然の産物ばかりです。(;^ω^)

拍手ボタンは何の意味も無いと思っているので、あえて表示してありません。
ブログ村にもありがとうございます。

2019/03/19 (Tue) 07:23
そふぃあ

そふぃあ  

To 栗千代さん

確かに、国産紅茶って珍しいかも知れませんね。
お友達に送った時にも、とても喜ばれました。
村上の紅茶は、葉っぱはもちろんのこと、ペットボトル商品にもなって販売されています。
「雪国紅茶」で検索すると出てくるかも。

ご指摘のつるし雛、腰の曲がった縞々のエビみたいです。
手作りは素朴で良いですね。

2019/03/19 (Tue) 07:28