イケ麺パラダイス

岩瀬の清水そばにてお店の人気トップ3メニューをいただきました

4
阿賀野市まで出掛けたこの日。旦那が予め調べておいてくれた釜飯屋さんでお昼にする予定でしたが、いざ店まで行ってみると、昼の混雑時は予約のお客さまのみとのこと。仕方ないので、いま来た道の途中にあり、以前、注目していたメニューが置かれている「五頭山麓うららの森」へとUターン。
…ところが、3年前に訪れた時、確かに物産販売所内にあったはずの食堂は無くなっていて、いつか食べてみたかった「やわらか豚なんこつ丼」は幻のメニューとなってしまいました。

この辺は地理にも疎く、飲食店の持ち駒もそうそう多くありません。頼みの綱のお店もまた人気店。でも、ダメ元で行ってみる…
大丈夫!ちゃんとお昼にあり付くことができました。

岩瀬の清水そば

岩瀬の清水そば看板
今回お邪魔したこちらのお店、「県の名水百選」の一つであり、その昔は「越後三清水」の1つと称された「岩瀬の清水」の目の前にあるおそば屋さんなのです。もちろん、そば打ちに使うのは「岩瀬の清水」。
当ブログの書庫のひとつ「Dawn太と行く名水の旅」のPart1がこの清水であり、我が家の名水グルメの一番最初がこちらのお店なのです。

岩瀬の清水そば暖簾
午後1時少し前入店。実に3年半ぶりの岩瀬の清水そばです。
まだお若いご店主ですが、以前訪ねた時には、そばを打つのに大事な腰を悪くされている時で、そうそうたくさんは打てず、この時間になると店じまいされていることもありました。その辺も心配だったのですが、今は大丈夫そうですね。

いざ店内に入ってみると、まだかなり混雑している様子でしたが、運良く待たずに席へと案内されました。

岩瀬の清水そば店内
この度通されたのは小上がり席。お店の中では一番大きな、6人座れるテーブルを使うことになりました。

岩瀬の清水そば店内
昔懐かしい道具が飾られ、厨房の動きも垣間見れる場所でした。

岩瀬の清水そば卓上
少人数で切り盛りしているお店なので、注文してからしばし待ち時間が必要になりますが、Wi-Fiも繋がっているので、あまり退屈せずに済みます。

この日は30分ほど待ったところで、店側から「席を交換して欲しい」といわれ、4人掛けテーブルの方へと移りました。
私は食事は正座の方が落ち着くのですが、長く座るのが苦手な人は椅子の方が都合が良いですよね。しかもこちらのお店、床暖房なので、椅子席の方が足元ポカポカで居心地が良いのです。

待つこと40分。我が家の料理が運ばれてきました。この度はそれぞれに、お店の冷たいそば人気メニューを注文することとなりました。

人気No3 すだち蕎麦(1,200円)

すだち蕎麦
徳島産2Lサイズのすだちが丸々二個分、注文を受けてからスライスされ、たっぷりと盛られている綺麗なお蕎麦。全く苦くないすだちなので、皮ごと全部いただけます。途中でオリーブオイルをかけて食べても美味しいそうです。

前回は私が食べたメニューでしたが、今回は末っ娘が注文していました。

すだち蕎麦
食べ盛りのJKは「大盛り」で頼んでいましたが、普通盛り+大盛り分の二皿スタイルで提供されていました。(大盛り追加料金350円)

人気No2 おろし蕎麦(950円)

薬味たっぷりおろし蕎麦
旦那が注文していました。創業時から女性に人気のメニュー。

人気No1 天せいろ蕎麦(1,500円)

天せいろ蕎麦
前回、旦那が食べていたメニュー。この度は私が注文しました。この日の小鉢は、早春を感じるわかめの酢の物。

岩瀬の清水で打った十割蕎麦
透明感のある綺麗な更科系そばは、西会津産の玄蕎麦を自家製粉し、岩瀬の清水を用いて手打ちした、繋ぎ無しの十割蕎麦です。
細めに仕上がったそばにも関わらず、そばの風味が驚くほどに豊かです。食後の余韻までずっとそば!

季節の天ぷら
海老と旬野菜の天ぷらは、ゴマ油の良い香りも食欲をそそります。麺ツユとは別に、天つゆが添えられるのも嬉しいです。

〆のそば湯
〆のそば湯までちゃんと美味しいです。皿盛りで食べていた旦那と末っ娘もそば湯が楽しめるよう、容器が追加されているという心配りが実にニクイです。

ランキング番外編 あつあげ(450円)

あつあげ
美味しくて毎回頼んでしまうのは「三角揚げ」。薬味がたっぷりで見えないですが、地元豆腐店で作られた三角形の厚揚げ2枚が食べ易い一口にカットされており、おそば屋さんならではの出汁の効いた醤油をかけていただきます。日本酒が欲しくなりますよ。

おしまいに

数年ぶりの訪問でしたが、丁寧な仕事はそのままに、さらに美味しく、気持ち良くいただけた気がしました。以前いただいた時に比べ、この度は新そば期並みにそばの香りが豊かに感じ、写真を見ながらその香りが蘇ってくるほどです。ご店主の腰の調子も良くなって、腰の入ったそば打ちができるようになったのもひとつの理由かも知れません。

お会計の際、改めて「お席、変わっていただいてありがとうございました。」と、接客してくれた若い店員さんとご店主が声を掛けて下さり、一人一人の客を大切に思われている姿勢が伝わってきて、最後の最後までほんわかとした気持ちで終えられる店でした。 店を出た午後2時前。この日はこれで終了のようでした。
いやぁ~、本当に美味しかった!ご馳走様でした。

本日終了の案内
岩瀬の清水そば (1994年6月OPEN)
阿賀野市山崎97-1  地図
http://www.shimizusoba.com/

県の名水百選 岩瀬の清水

岩瀬の清水案内板
食後は車内待機だったDawn太を連れ、そばを打つのにも使われていた県の名水「岩瀬の清水」を目指しました。
岩瀬の清水そばのすぐ目の前です。

岩瀬の清水

岩瀬の清水について

岩瀬の清水は、長寛年間(1163~64年)の頃、この地に住みついた西国の浪人・岩瀬信四郎がこの清水を愛飲したことからこの名があると伝わります。古くは「越後三大清水」の1つともいわれ、宝暦6年(1756年/江戸中期)に著された「越後名寄」にも「極めて善水」と記されており、その頃からすでに名水としての地位を確立していたものと思われます。
万延年間(1860~61年)水原代官・里見源左衛門が近郊の名水と飲み比べたところ、他に勝る水がないと認め、出府の際に江戸まで運んでも、少しも味が変わらなかったといいます。
また、昭和30年(1955年)の宮中歌会始めの「泉」の御題で入選した旧笹神村出身の中野正吾氏は、この岩瀬の清水を題材にして詠んでいます。

「沸きいずる 山の泉を引き入れて 先生も生徒も 大切に飲む」 中野正吾


岩瀬の清水
流水口には東屋が設けられ、いつも綺麗に整備されています。住民たちに大切にされているのだと伺えます。

名水を飲むDawn太
はい、Dawn太にも!小さい頃は何処に行ってもよく水を飲んでくれましたが、大人になってからは意外とダメ…。

入水中のDawn太
飲むよりも、足先から冷やす方が好きになってしまいました(汗)

【Part1】岩瀬の清水

【はじめに】出掛けた先などで、自動販売機からペットボトルの水を購入する旦那。自分が飲む際、そこから少し分け、Dawn太にも水を与える事が常になりました。。。。とある日のこと高速を走っていると、Dawn太が「ピーピー」と鼻を鳴らし...

一番最初に来た時は、まだ逆らわずに沢山を水を飲んでくれ、水に入るのも怖かったパピ丼でした。
懐かしいのでリンクしておきます。

入水中のDawn太
成長するというのは良いことなのか?悪いことなのか?(笑)
丼母:ドンちゃん、尻尾に葉っぱが付いてるよ!

岩瀬の清水を汲む
ここではあまり飲まなかったDawn太のため、タンクいっぱい名水を汲みました。
帰る途中で砂浜に寄って目一杯ダッシュしたあと、何度もお替わりして、たっぷりと飲んでくれました。

ようやく春の芽吹き
岩瀬の清水周辺にも、ようやく春が訪れたようです。
(Sunday, March 10, 2019 / Dawn太 生後1,476日)
関連記事

Comments 4

There are no comments yet.

kyonzy  

こちらのお蕎麦は美味しいですよね。
でも、以前伺った時に、ちょうど混雑していた時でもあり、店員さんが慣れない方だったためもあるのか、ちょっとした事にも罵声を飛ばすご主人の姿を見て以来行っていません。美味しいお蕎麦なのに残念だなぁと思っていました。

今回のご様子を伺って、また行ってみようかなと思えました。
実は、フェイスブックで友達申請も来ているのですが、それも悩んでいて…。

2019/03/24 (Sun) 22:43 | EDIT | REPLY |   
そふぃあ

そふぃあ  

To kyonzyさん

それは残念でしたね。人気店で忙しい時間帯には、そんなこともあるのでしょう。
私も似たような経験が他店でありました。

今は雰囲気もよく、美味しいお蕎麦をいただけました。
水が綺麗だと、食べ物もおいしいですね。

2019/03/25 (Mon) 07:09 | EDIT | REPLY |   

つばき  

岩瀬の清水そば

私も、お蕎麦大好きです♪体にもいいですしね。
やはり、おいしい水は基本ですね。最近になってわかるようになりました。

2019/03/25 (Mon) 12:24 | EDIT | REPLY |   
そふぃあ

そふぃあ  

To つばきさん

お蕎麦美味しいですよね。
今の時期は山のそば屋さんに行くと、ふきのとうの天ぷらが味わえるので嬉しいです。

水は生命の基本ですね。
クセが無い水を使うと、自宅のご飯でも見違える味に変化しますよ。

2019/03/26 (Tue) 07:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply