雁子浜にある人魚塚伝説の碑と人魚の家

そふぃあ

2019-03-31
歴史を訪ねて
4 COMMENTS
車を停めるスペースもあって広い砂浜を持つ海岸なので、上越まで行った帰りに度々お邪魔し、Dawn太を解放する大潟区の「鵜の浜海水浴場」
この日もポツポツと雨が落ちてきましたが、人が来ないという条件が増えるだけなので、かまわずに遊ばせました。

鵜の浜海水浴場入口にある人魚像とDawn太
鵜の浜海水浴場入口には一体の人魚像があり、日本海に沈む夕日をバックに見る人魚像は絶景!そんなロマンチックな光景のなかで告白すれば成就するとかで、平成27年(2015年)には「恋人の聖地」に認定されています。

ここに来て遊ぶ度、私がずっと気になっていたのが「人魚伝説公園」への案内。
Dawn太が海岸で走るのは、人が海岸に出てこないような時期なので、本犬満足する頃にはこちらが寒さ限界で、そのまま素通りすることばかりでした。人魚像の冬囲いも外され、寒さも少し和らいだ時。かねがね行ってみたいと思っていた、大潟区の「人魚伝説」にまつわる場所を訪ねました。

鵜の浜海水浴場入口にある人魚像
平成5年(1993年)に建立された鵜の浜海岸の人魚ブロンズ像(渡邉憲氏 作)

上越市大潟区にある「人魚伝説公園」

人魚伝説公園
鵜の浜海岸の人魚像から僅か600mの距離の日本海を望む小高い場所に、その公園はひっそりとありました。

人魚伝説公園の説明版
人魚伝説公園内には、人魚塚伝説の碑と常夜灯、そしてこの地に伝わる人魚塚伝説についての説明板があります。

人魚の登場しない人魚伝説

大潟区に伝わる「人魚伝説」とは、神社の常夜灯を頼りに毎夜通ってくる佐渡の娘と、潟町に住んでいた若者との間で起こる悲恋物語です。
この地が袴形村と呼ばれ、この場所に住吉神社があった頃に起きた、ある水難事故が元になっているといわれています。

袴形の神社は小高い丘の松林の中にあり、佐渡島を臨む鳥居の南側には常夜灯が一列に並んでいて、悪天候でも献灯が絶えなかったといいます。若者がたった一晩常夜灯を消したばかりに、辿り着けなかった娘は亡骸となって袴形の崖下に打ち上げられます。自分のしてしまったことを深く後悔した若者は、娘の後を追って自分も海に身を投げてしまいます。二人に同情した村人たちは常夜灯の近くに二人を埋葬し、一基の比翼塚(ひよくづか)をつくり、地蔵尊像を安置して菩提を弔ったと伝わります。

人魚伝説案内板
実はこの話には、一度も「人魚」という言葉は出てきません。それがいつからか人々が「人魚」と呼ぶようになったのは、小川未明が大正10年(1921年)に発表した創作童話「赤い蝋燭と人魚」が大きく影響しているのでは?と思われます。

小川未明は明治15年(1882年)4月、現在の上越市高田にて生を受けます。未明の父・小川澄晴は熱烈な謙信フリークであったため、15歳の頃には一家で春日山に居を移しています。城址にある春日山神社は未明の父・澄晴氏によって創建されたものであり、神社周辺には未明の資料館をはじめ、詩が刻まれた石碑、人魚をモチーフにした石像などがあります。
いつも身近に日本海を感じながら生活していた未明の作品には海が登場するものも多く、大潟区に伝わる悲恋物語は、童話「赤い蝋燭と人魚」のモデルとなっているともいわれています。多感な中学時代に未明が世話になっていた、足の不自由な美しい夫人とその娘から物語の想の一端を得たとしても、何ら不思議はないはずです。障害のある足を「人魚」に例える発想力こそ、「日本児童文学の父」と称される由縁かも知れません。

現在、神社跡地は整地され、石碑と一基の常夜灯を残すのみとなっています。

人魚塚の碑
平成5年(1993年)に建てられた人魚塚伝説の碑(比翼塚)

常夜灯
古を偲ばせる常夜灯

公園内の様子
現地に立ってみると、人魚塚伝説の碑は佐渡の方を向いては建っていません(佐渡は写真右奥方向です)

いわさきちひろの描いた赤い蝋燭と人魚
「赤い蝋燭と人魚」の話になると私の中で切り離せないのが、絵本作家のいわさきちひろが描き、彼女の未完の遺作となったこの一冊です。
病床の身を押してこの雁子浜へと足を運び、たった1日という短い時間の中でのデッサンだったそうです。

人魚伝説の地から望む日本海
ちひろも訪れた同じ場所から見た日本海。冬枯れのままで佐渡は遠く、色彩が施されなかったデッサンともシンクロするような印象でした。

そして大潟区に伝わる悲恋物語は、柏崎に伝わるもう一つの悲恋物語にもよく似ています。名前の語呂が悪いということから、お弁がお光、藤吉が吾作に改められ「佐渡情話」として周知したように、大潟区の悲恋物語も「人魚」という夢のあるワードによって、人々に印象付けられたのだと思います。
見えているのに届かない佐渡という存在は、憧れの場所であり、そんな物語りをも紡ぎ出させる罪深き場所であるのかも知れません。

人魚の家をモチーフにした潟町駅

潟町駅
もう一箇所訪ねてみたかったのは、鵜の浜海水浴場最寄り駅となるJR信越本線「潟町(かたまち)駅」でした。

潟町駅
小さな無人駅ですが、平成27年(2015年)3月に改修工事が実施されており、駅舎は「人魚の家」がイメージされた造りになっています。

潟町駅
至るところに人魚がいます。

潟町駅
丼:いた!

駅舎内もメルヘンの世界

潟町駅舎内
ご覧のとおりにとてもコンパクトな待合室ですが、並んだ常夜灯を彷彿とさせる間接照明付きの椅子が置かれ、壁面には海の生き物や人魚、かっぱが影絵となって映し出されていました。

大潟区は人魚伝説だけでなく「かっぱ伝説」もあるところで、鵜ノ池にはかっぱが棲んでいると伝わり、年一度だけ、かっぱが地元の人間たちと大騒ぎできるというお祭りまであるのです。様々なメルヘンを持つまちのようですね。

潟町駅にある人魚のステンドグラス
潟町駅にある人魚のステンドグラス

大潟区の人たちにとって、まちの大切なシンボルである人魚。上越市内には全部で9体もの人魚像があるそうです。そんな人魚像を探しつつ、まち探検してみるのも面白いかも知れません。
(Sunday, March 17, 2019 / Dawn太 生後1,483日)
関連記事

Comments 4

There are no comments yet.

つばき  

赤い蝋燭と人魚

赤い蝋燭と人魚は、悲しいお話ですね。普通の老夫婦がお金の前で自分でも気が付かないうちに残酷な老夫婦になってしまうのは、誰でも起こりうる悲しいお話ですね。
ステンドグラスも素敵です♪ 彫刻の表情も素敵です。
Dawn太君も、お疲れさまでした!

2019/04/01 (Mon) 08:28
そふぃあ

そふぃあ  

To つばきさん

県内に幾つものに似たような話が残るのは、そんな話が生まれるような環境下だからかも知れません。
欲が絡むと、近い身内でも敵対心が生まれるものです。私も気を付けないと。
物悲しい話ですが、人魚像やステンドグラスのお陰で、町の散策も楽しそうな場所です。

2019/04/01 (Mon) 09:09

栗千代  

人魚伝説は。。。

高橋留美子さんや山岸涼子さんの漫画で興味を持ち
色々各地の伝説を調べたりしたのですが
圧倒的に日本海に多いみたいですね。

悲しかったり、怖かったり、腹の立つ話もありますが
なかなか神秘的で、惹かれてしまいます。

ステンドグラス、とても美しいですね☆

2019/04/02 (Tue) 22:59
そふぃあ

そふぃあ  

To 栗千代さん

さすが勉強家ですね!
湯けむりや断崖絶壁にミステリーが生まれるように(?)真冬大荒れの日本海には、そんな物語りが生まれる何かがあるのでしょうね。
そして、高橋留美子氏は新潟市出身の人ですよ。

ステンドグラス、とても綺麗でした。
今度はカッパ伝説でも追いかけましょうか?(笑)

2019/04/03 (Wed) 07:18

Leave a reply