お出掛け

白鳥のいない春の瓢湖にて

4
湖畔にあるしょこら亭で食事を終えたあとは、車内待機だったDawn太を連れ、雨上がりの瓢湖を散歩しました。
本当についさっきまで本降りの雨だったので、珍しくポケモンGOのプレイヤーの姿も無く、一昔前の瓢湖に戻ったような中での散歩でした。

瓢湖
瓢湖は、そのかたちが瓢箪に似ていることが名の由来になっている人造湖(用水地)。昭和29年(1954年)3月に、白鳥の渡来地として「国の天然記念物」に指定されています。その後の平成17年(2005年)になると国指定瓢湖鳥獣保護区(集団渡来地)にも指定、さらに平成20年(2008年)10月にはラムサール条約の登録湿地にもなっている場所です。

瓢湖から眺める五頭連峰
白鳥の姿の無い季節になってしまいましたが、瓢湖から眺める残雪の五頭連峰が美しかったです。

何かに気付くDawn太
丼:何だか騒々しいよ!

野鳥に餌を与える三代目白鳥おじさん
この時期に瓢湖に来たことがなく、この歳になって初めて知ったのですが(恥)、たとえ白鳥が帰ってしまっても、残されている水鳥たちの餌やりタイムは健在なのですね!

餌に群がる鴨たち

餌を撒く白鳥おじさん
白鳥の餌付けタイムのように、湖の隅まで聞こえるような「こぉ~い、来い、来い!」の呼び声も無く、ただ淡々と餌を撒く三代目の白鳥おじさん。

餌をもらう野鳥たち
スズメもカラスも分け隔てなく。ここは野鳥の楽園ですね。

初代白鳥おじさん・吉川重三郎氏のレリーフ
▲初代「白鳥おじさん」こと、吉川重三郎氏のレリーフ

瓢湖の片隅には、昭和29年(1954年)2月に、世界ではじめて野生の白鳥の餌付けに成功した故・吉川重三郎氏の偉業をたたえるレリーフがあります。
吉川氏の足元に群がる野生の白鳥の姿は「世界の八不思議(八珍)」と称され、瓢湖はこの後間もなくの同年3月に、白鳥の飛来地として国の天然記念物に指定されています。

白鳥慰霊碑
▲昭和42年(1967年)3月建立の「白鳥慰霊碑」

三角だるま最中
瓢湖脇にある売店では、阿賀野市(旧水原町)の伝統民芸品「三角だるま」のかたちをした、最上屋菓子店さんの最中も売られていました。(しょこら亭で食べ過ぎて手が出なかったのが残念!)こちらは男女ともに同じ大きさなんですね。(*´艸`)

瓢湖の桜
例年なら、そろそろ見頃を迎えるはずの「瓢湖水きん公園」の桜
4月7日は「瓢湖桜まつり」開催だそうですが、今年は4月に入っても雪が舞う天候が続いて、とても春とは思えない日々。少しでも花が咲いてくれれば良いですが…。(Saturday, March 30, 2019 / Dawn太 生後1,496日)
関連記事

Comments 4

There are no comments yet.

栗千代  

白鳥おじさんが。。。

白鳥が居なくなってもエサを撒いてくれて良かったです。
貰うのに慣れてしまった他の野鳥たちも安心ですね!!

こちらは今日、桜が満開を迎えました☆
そして。。私、ただ今半袖です。暑いです。
そちらとは随分気候が違うんだな。
「まだ、咲いてないや。。。」な丼王子様のお顔が寂しげですね。

2019/04/08 (Mon) 15:44 | EDIT | REPLY |   
そふぃあ

そふぃあ  

To 栗千代さん

私が子どもの頃は、小学校でも瓢湖の白鳥のエサを募ったものです。
茶殻やパンくずなど、まとめて学校から発送したんですよ。
今は完全に飼料のようですし、ここに集まる野鳥は全て保護される環境なのでしょうね。

そちらは半袖なんですね!お花見時期、楽しんでください。
こちらはなかなか暖かくならず、気温も低いままで寒い日が続いています。
気候が不純だと、桜も綺麗に咲き揃わないんですよね。(;^ω^)

2019/04/09 (Tue) 10:44 | EDIT | REPLY |   

kyonzy  

白鳥が居なくなっても餌やりはあるんですね!初めて知りました。
昨日一昨日と暖かかったので、今日あたりは桜の花ももう少しほころんだでしょうか。

2019/04/09 (Tue) 17:25 | EDIT | REPLY |   
そふぃあ

そふぃあ  

To kyonzyさん

この時期の瓢湖の姿を知らなかったので、餌やりがあること、私も初めて知りました。
今年はなかなか暖かくなりませんね。
近所の桜も開いてきていますが、満開になる頃には雨になりそう。(;^ω^)
Orionがいなくなってから、あまり桜にも執着がなくなってしまった私です。

2019/04/10 (Wed) 08:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply