花も団子もお月見も ~福島江の桜2019~

そふぃあ

2019-04-18
お出掛け
6 COMMENTS
春が来ればあんなにウキウキしていたはずなのに、エイプリルフールに病気が発覚し、その年の自宅周辺の染井吉野が一番の満開になった、まさにその日に先住ボーダー・Orionを見送ることになって以来、染井吉野を見るとすっかり気が滅入るようになってしまった私。Orionとさくらは、切っても切り離せない縁の深いものでしたから。

福島江の桜2019
あれから4年。いまだ自宅周辺の桜を一人で見るには辛い時もありますが、週末に家族と一緒に出掛けて見るなら、なんとか楽しめるような気がして、車酔いの酷かったOrionとも、何度か花見に訪れた思い出の福島江を訪ね、Dawn太との新しい春の思い出をつくりました。

福島江

福島江
慶安4年(1651年)の頃に通水した福島江は、水不足に苦しむ農民が安心して米作りができるよう造られた、全長20㎞にも及ぶ人工用水路です。大正時代末期に大改修工事が行われ、現在のような姿になりましたが、それ以前のこの場所には、県農事試験場園芸部の試験地が広がっていました。ここで桐樹栽培等の研究をしていたのが、福島江を桜の名所に仕立て上げた駒野廣治(こまのひろじ)氏でした。

駒野氏は、自らが勤務30年と長年耕作してきた耕作地が福島江の新堤防になったことを記念し、人々の心を和ませたいと桜の植樹を思い立ちます。大正13年(1924年)には200本、翌年には150本の桜の苗木を植えました。さらに翌年にも70本を補植し、以後約12年余りにわたり育成管理に努めました。新堤防のうち1㎞の区間に植えられた桜の木は、その後も長岡市民に愛され続け、福島江は桜の名所となって今日に至ります。

福島江の桜
積雪こそ少なかった今シーズンの冬でしたが、3月4月と気温の低い日が多く、前日までの福島江の開花状況も五分咲き程度とのことで、あまり期待せずに出掛けました。

福島江の桜
まだようやく咲き始めという個体も見られましたが

福島江の桜
気温が上がってくれば一気なので、昼過ぎて、六~七分程度まで咲き進んだように見えました。

用水に咲く

地面のニオイが気になるDawn太
花より地面が気になる子。

福島江の桜

なでなで攻撃にあうDawn太
私が撮影のために立ち止まる度、その背後では決まって、Dawn太がナデナデ攻撃に遭っていました(笑)

Dawn太と桜
ナデナデの手から解放され、今度は桜と記念撮影会。

Dawn太と桜その2
白黒と桜のコラボは意外と難しい。あちら立てればこちら立たず…(汗)目が小さいから所在がはっきりしないし(ブツブツ)

Dawn太と桜その3
丼:ウチのかぁ~さん、写真ヘタ過ぎ~! (…いや、そこまではっきり言わんでも自覚してるけど)

福島江 桜の古木
かなりの古木もあって、苔生した極太の幹がネジネジよじれているものや、大きく亀裂が入っているものなども。

古木に咲く
古木に咲く

Uターン地点の桜の様子
この古木のある橋が、いつも我が家がUターンする場所。今度は対岸を歩いて戻ります。

桜の幹のにおいを嗅ぐDawn太
古木と対話している子が…

丼母:オシッコなんてかけないでよね!
おしっこなんてしないよ!
丼:大丈夫だよ!さっき違う木にかけてきたから(ホント、すいません!m(_ _)m)

丼:それよりも…
花見団子の看板

福島江で花見だんごといったら「かあちゃんの手作りもち」

伊部製粉 福住店
お昼がまだだったので(すでに午後2時ですが)、ここに来れば当然のように脱線するお団子屋さんに立ち寄りました。
伊部製粉さんの工場直売所「伊部製粉 福住店」です。

お団子の袋とDawn太
お花見だんごはすでに完売でしたが、他にも種類が様々あって、小腹を満たしてくれそうな数点を選びました。

かあちゃんの手作りもち購入品
四色だんご(210円) 桜もち(105円)

花も団子も
花も団子も最高!

気の合う二頭
お団子を食べるのに足止めしていたら、同じようにお花見散歩の可愛い子に出会いました。
ちょっとビビリな性格が似ている二頭で、近づきたいのに近づけない、遊びたいのにうまく絡めない感じで、お互いに「ヒットアンドアウェイ」状態だったのも面白かったです。

月と桜
頭上では、シースルーな月のウサギもお花見していました。

月と桜
そうかぁ、イースターも近いんだもんな。

福島江の桜
気が付けば、降り注ぐような桜のまぁ綺麗なこと!

今年もDawn太と一緒にお花見に来て良かった。どんな時でも、桜を見ると元気になれる。
(Saturday, April 13, 2019 / Dawn太 生後1,510日)
関連記事

Comments 6

There are no comments yet.

ショコラママ  

いつもブログ拝見しています。我が家のキャバリアのショコラも、先日オリオンくんと同じ4月16日に14歳10か月の生涯をとじました。オリオンくんのブログを今日改めて読ませていただき、涙が止まらず初めてコメントしました。使っていたものを見たり、散歩のみちを通るたび、胸が苦しく涙が溢れます。少しずつ前を向いていこうと思っていますが、まだまだ時間がかかりそうです。同じ命日のオリオンくんとショコラ空の上で仲良くしてもらえると嬉しいです。

2019/04/18 (Thu) 16:31

メルみくママ  

うっとり♡

母さん、写真お上手ですよ~♪
Orionくんも一緒に桜見物&団子見物(笑)
していたことでしょう( *´艸`)

4色団子、見てるだけで唾液が(;´▽`A``

目が小さいにGSさんのワンコを
思い出したりして~(≧▽≦)
我が家も小さめです(笑)

2019/04/19 (Fri) 06:11
そふぃあ

そふぃあ  

To ショコラママさん

はじめまして!コメント残していただきありがとうございます。

我が子のように思いながら一緒に過ごしてきた愛犬。
いつの間にか自分の年齢を越え、先に年老いてしまうのは辛いものですよね。
ご心痛お察しいたします。

過去記事にも目を通していただいたとのことで、重ね重ねありがとうございます。
Yahoo!ブログから引っ越しさせたままで、手直ししてない(Orionの過去記事は殆ど見返せない状態でもあり)お見苦しい状態で大変失礼しました。

前を向きなさい…というには、まだまだ時間が必要だと思います。
私もこの時期は、床に根が生えるんじゃないか?というくらい座り込み、ふさぎ込んでいましたから。
ゆっくりでも大丈夫です。きっと何処かで突破口が見つかるはずです。
その日まで、きっとショコラちゃんもママさんの近くで見守っていてくれると思います。

いつかOrionと出会って、一緒に遊び相手になってくれたら嬉しいです。
ショコラちゃんのご冥福、お祈り申し上げます。

2019/04/19 (Fri) 10:04
そふぃあ

そふぃあ  

To メルみくママさん

ありがとうございます。
このお団子屋さん、Orionと来ていた時からあるお店なので、Orionも一緒に花見団子齧って花見していたのではないかと思います。

立ち耳多めなGSっ子の中で、貴重な垂れ耳族のDawn太ですが、お目目のサイズはお里譲りの仕上がり(⁉)です(*≧m≦*)
白黒で目が小さいと、コントラストの関係もあって写真にすると顔が真っ黒。(;^ω^)
だけど、やっぱりボーダーは白黒が好きです♡
メルくん、みくちゃんも魅力的ですよ!

2019/04/19 (Fri) 10:10

さいさん  

桜もいいけど、やっぱり花より団子かも( ≖ᴗ≖​)ニヤッ

2019/04/20 (Sat) 09:19
そふぃあ

そふぃあ  

To さいさん

桜見ながらのお団子は、また格別です!

2019/04/22 (Mon) 10:35

Leave a reply