一本杉チューリップ畑で開催の「五泉市チューリップまつり」に行ってきました

そふぃあ

2019-04-27
お出掛け
2 COMMENTS
お出掛けしても寄り道多く、なかなか本題に辿り着かないDawn太家です(笑)

五泉チューリップとDawn太
先の二ヵ所に立ち寄り、ようやくたどり着いたこの日の本命地はここ!
毎年恒例のイベント「五泉市チューリップまつり」で、我が県ならではの春の花を満喫してきました。

2019年 第32回五泉市チューリップまつり

五泉市チューリップまつり
古くから、チューリップの球根栽培が盛んに行われていた阿賀野川流域の地。中でも、県内有数のチューリップ産地として知られる五泉市では、毎年4月下旬頃になると早出川の土手沿いの一帯に、県下一の面積を誇るチューリップ園が登場します。

五泉チューリップとDawn太
もともとこの場所は観光用施設など何もない、土手沿いの農地です。しかも畑のチューリップは、球根を育てるために栽培されているチューリップ。球根に栄養を蓄えるため、花が散る前に手で摘み取って球根を育ててから、6月末に収穫します。
五泉市では「出荷するだけでなく、見て楽しんでもらおう」と、チューリップの球根組合の方々に依頼して、巣本地区・一本杉の一ヵ所に集めてチューリップ栽培を行いつつ、毎年チューリップまつりを開催しており、今年で32回目を数えるイベントなのです。

五泉市チューリップまつり
近年では輸入球根から、新たな品種の栽培も行われているようです。イベント期間内には二十数種類、合計で150万本といわれる色とりどりのチューリップが、時間差で次々に咲いてゆきます。

災い転じて福となす

チューリップとDawn太
五泉の巣本地区は、阿賀野川と早出川に挟まれた場所にあり、その昔、川が氾濫したことで砂地の土壌になったため、チューリップ栽培には大変適した土壌なのだそうです。

チューリップとDawn太
丼:へぇ~!苦難も乗り越えれば、次の希望が見えてくるものなんだね。

恒例イベントも一期一会

五泉市チューリップまつり
栽培に適した土壌も土の中に病気が出てしまうため、チューリップは同じ畑で連作できない植物です。巣本地区・一本杉の数ヵ所を選び、5年ほどのサイクルで、毎年少しずつ会場を変えながらチューリップまつりが開催されています。
今年の花は今年限りのもの。このアングルもまた、数年後までお預けということですね。

【豆知識 その①】日本チューリップ発祥の地です新潟県

会場には風車など置かれ、オランダというイメージが強いチューリップですが、実は中近東生まれの花です。

Dawn太とチューリップ会場の風車

チューリップは江戸時代末期に日本へ伝わり、明治時代後期に三島や越路(現・長岡市)で栽培、新津市小合地区(現・新潟市)では本格的な球根栽培がはじまりました。これが日本のチューリップ球根栽培のはじまりで、新潟県は「日本チューリップ発祥の地」です。

チューリップまつりの風車

【豆知識 その②】チューリップ切り花生産「日本一」です新潟県

チューリップ球根の生産量では、お隣の富山県にはかないませんが、チューリップ切り花では日本一の出荷量を誇る新潟県。球根とあわせると、チューリップ生産量は群を抜いてトップです。

五泉市チューリップまつり

五泉市チューリップまつり

【豆知識 その③】県の花ですチューリップ

この時期、県内各地でチューリップイベントが催され、新潟の春にチューリップは欠かせないものとなっています。
昭和38年(1968年)8月23日、チューリップは新潟県の花として制定され、さらに県民に愛されて今日に至ります。

チューリップのアップ

五泉市チューリップまつり

五泉市チューリップまつり

五泉市チューリップまつり
逆光マジック凄かった!

五泉市チューリップまつり

五泉市チューリップまつり顔出しパネル
イベントならではの顔出しパネルも

食べられちゃうチューリップも!?

クレープはなちゃん
五泉や新津などを中心に、クレープの移動販売を行っている「クレープ*はなちゃん」が出店されていました。

クレープの移動販売を始めた当初は、極一般的な小麦粉生地のクレープを提供していましたが、平成22年(2010年)春頃から、新潟県産米粉100%のグルテンフリー、油も砂糖も使わない生地に切り替えられて人気となり、我が家もその頃に出会ったのが最初です。

移動カーがとっても可愛いので、リンク先も是非!

クレープ*はなちゃん♪

県立植物園に行った際、館内に入場する前に可愛いワーゲンバスを発見!とりあず、クレープ屋さんなのを確認しただけで、目的だった花鑑賞のため館内へ!でも、この容姿でしょ。気にならないわけがない!花の鑑賞を終えて出てくると 「クレープ食べていく。」 と、ちび。自主的に列に並んで焼き待ちです。可愛いワーゲンバスは、移動式店舗の クレープ*はなちゃん。小麦粉、バター、砂糖は一切使わずに、米粉100%の米粉クレープ...

この日の出店が午後4時までだったらしく、ほぼ最終組の最後尾に並ぶことができてラッキーでした。

越後姫のチューリップ?
▲越後姫のチューリップ?(700円)
県産ブランド苺「越後姫」をチューリップの花に見立てた、可愛いらしく、イベントにもふさわしいクレープです。

越後姫のチューリップ?
見た目はチューリップなのに、最初はベリーの味で春を感じ、後半になると中に仕込まれた桜餡が出現し、五感で春爛漫になれる、軽い口当たりの米粉クレープでした。((美^~^味))

クレープはなちゃんの車
はなちゃん、凄い!

チューリップの花はもう少し楽しめるよ♪
Dawn太とチューリップ
(Saturday, April 20, 2019 / Dawn太 生後1,517日)

五泉市チューリップまつり
2019年 第32回五泉市チューリップまつり
  • 会場 五泉市巣本地区一本杉地内のチューリップ畑
  • 期間 平成31年4月13日(土曜日)~4月30日(火・祝日)
関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

さいさん  

チューリップが見頃ですね!
クレープ美味しそう( ´艸`)

2019/04/27 (Sat) 16:29
そふぃあ

そふぃあ  

To さいさん

桜が終わるとチューリップまつり真っ盛りです。
クレープ、なかなかのアイデアだと思いました。
味もしっかり美味しかったです!

2019/04/28 (Sun) 21:43

Leave a reply