【羽黒山】出羽三山神社の見開き御朱印と黄金に輝く五重塔御朱印 ほか

そふぃあ

2019-05-25
集 活
2 COMMENTS

この度の羽黒山参拝旅で、私が頂戴してきた御朱印の数々です。

今現在、羽黒山への参拝において、「羽黒山合祭殿御朱印所」と「随身門授与所」の二ヵ所にて、合計6種類の御朱印を頂戴することができます。

初めていただいた見開きページいっぱいに書かれた御朱印、この日が初領布だったという特別な御朱印も含まれます。

三神合祭殿前にで山伏のパネルと記念撮影するDawn太

なお、羽黒山山頂までの道中記はリンク先にて!

東北のパワースポット「羽黒山」人生二度目の東の奥参り体験記

今年のGW「こどもの日」は、かねがね再訪したいと思っていた羽黒山へ行ってきました。 前回訪ねたのは、旦那の大学時代の友人たちと年に一度開催される大人旅行の時。当時一歳の誕生日を迎えて間もない長女を連れて行った年だったので、彼是29年近くも前ということにあります。...

三神合祭殿(さんじんごうさいでん) 御朱印

三神合祭殿 御朱印

出羽神社 御祭神

  • 伊氏波神(イデハノカミ)
  • 倉稲魂命(ウカノミタマノミコト)

月山神社 御祭神

  • 月読命(ツクヨミノミコト)

湯殿山神社 御祭神

  • 大山祇命(オホヤマツミノミコト)
  • 大己貴命(オホナムチノミコト)
  • 少彦名命(スクナヒコナノミコト)

令和の時代になって最初にいただいた御朱印であり、私の人生初であった、大迫力!見開きページの御朱印です。「令和元年 奉祝 御世(みよ)替(がわ)り」の金字の判もまた、新時代を迎えた特別感があって記念になります。

蜂子神社(出羽三山神社) 御朱印

蜂子神社 御朱印

出羽三山神社御開祖・蜂子皇子を祀った神社です。

出羽三山御開祖「蜂子皇子」は、欽明天皇23年(562年)に崇峻天皇の第三皇子として誕生した皇族です。推古天皇元年(593年)に出羽三山を開き、その後も幾多の功徳を残されています。舒明天皇の13年(641年)10月20日、羽黒山にて死去。享年80歳(羽黒山のサイトでは御年91歳と諸説あり)。

羽黒山東照社(出羽三山神社)ならびに 天宥社(出羽三山神社) 御朱印

羽黒山東照宮 天宥社 御朱印

東照社は、徳川家康公を祀ったお社。
羽黒山中興の祖といわれた天宥法印が、日光東照宮(栃木県日光市)の分霊を勧請し、東照宮としたと伝わります。以来、歴代の藩主の崇敬庇護のもと維持されてきました。東照宮は明治期に東照社と改められました。現在の社殿は昭和55年(1980年)に解体復元されたものです。

天宥社は、羽黒山中興の祖といわれる天宥法印を祀ったお社。
天宥法印は江戸時代初期の羽黒山第50代別当で、南谷の造営や表参道石段の敷設、杉並木や須賀の滝など、今ある境内の景観整備などを行いました。戦国の世の動乱により衰微していた羽黒山を立て直すため、38年もの長きにわたり尽力してこられた天宥法印なくして、今の羽黒山は語れないのだと思います。

▲ここまでの御朱印は、山頂の羽黒山合祭殿御朱印所でいただきました。

羽黒山天地金神社(出羽三山神社・末社)御朱印

羽黒山天地金神社 御朱印

御祭神 須佐之男命(スサノオノミコト)

安永8年(1779年)羽黒山智憲院宥然により再興された、随神門右手前にある朱塗りのお社。当初は元三大師像を御本尊としてしたので「大師堂」といわれていましたが、昭和39年(1964年)より須佐之男命をお祀りし現在に至っています。

羽黒山五重塔(国宝) 御朱印

五重塔(国宝)御朱印
5の付く日限定「羽黒山五重塔」金の御朱印

木の質感そのままの素木造りの五重塔。夕陽に照らされた姿、夜間にはライトアップがされるなど、時間帯によっては黄金に輝いたようにも見えます。そんな五重塔を模し、「金」の墨で書かれた特別な御朱印がいただけるようになりました。

金字の御朱印は「五重塔」にちなみ、今年五月から毎月五日、十五日、二十五日と、五の付く日だけ頒布されます。

何も知らずにこの日を選んでの参拝でしたが、金の御朱印だけでも珍しくて有難いというのに、その頒布初日だったわけですね。それで早朝から長蛇の列が!(…と、ここで妙に納得する。)
早朝並んだ人のお話では、金の御朱印をいただくのに2時間近い待ち時間が必要だったとか。SNSなどで拡散すると、今後はさらに待ち時間も長くなるのかな!?

私も朝に見た大行列を覚悟で下山してきましたが、山頂参拝から戻ってきた午後2時半過ぎになると、行列も減って待ち時間も短く、20分程度でいただくことができました。これもご利益あってのことかな。

▲こちら2つの御朱印は、随神門授与所でいただきました。

関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

つばき  

御朱印

お疲れさまでした。でも苦労された甲斐あって立派な見開きの御朱印や、黄金の御朱印を手に入れることができたのですね。令和になったばかりの記念にもなるし、日ごろの心掛けもよかったので、5のつく日の偶然もあったのですね♪

2019/05/26 (Sun) 19:00
そふぃあ

そふぃあ  

To つばきさん

しっかり日付けが入るので、思い出になります。
いろいろな偶然が重なり、初めての日にいただけた金の御朱印。
これも何かのご縁なのだと思います。

2019/05/27 (Mon) 09:31

Leave a reply