attention admin about comments trackbacks you may also like

【日本一のあんず生産地】千曲市「あんずの里物産館」であんず尽くし

2019年06月29日
お出掛け
10
Dawn太4歳4ヶ月 ご当地グルメ ソフトクリーム そば

多分、梅雨時期になると「梅仕事」をしています!という人が圧倒的に多いはず。だけど私の場合は、「梅仕事」ならぬ「あんず仕事」。

「2019年“生あんず”の販売が始まりました!」というネット情報をうけ、自家製ジャムにする生あんずを求め、今年も長野県まで行ってまいりました。

あんずの里物産館前でたわわに実っていたあんず

一昨年はネット通販により、長野県内から産地直送便にて購入。昨年は、長野県小谷村の道の駅まで出向いての直購入。どうせ長野県まで出掛けて行くのなら、「日本一のあんずの里」まで行ってしまえ!と思い、今年は千曲市まで足を延ばしてきました。

直に生産者さんに触れ、地元に残る歴史に触れ、極僅かな地域の中、あんずの香りに包まれながら一日過ごせる長閑な町でした。

ここなら間違いない!観光客の強い味方「あんずの里物産館」

「正直なところ、物産館ってどうなのよ?」と思いつつ、まず最初に向かった先は「あんずの里物産館」でした。

あんずの里物産館の前に立つDawn太

勝手に大きめな道の駅を想像していたので、着いた先の思う以上に小さな建物にいささか心細くなり…。

しかし、この日数軒巡った中でも粒ぞろいで安定価格のあんずを取り揃え、こちらの物産館だけで私の思い描いていた希望がかなえられるという、あまり土地勘のない観光客にも有り難い施設でした。

たわわに実るあんずが見たい

あんずの木と記念撮影するDawn太

物産館の前には完熟を待つばかりのあんずの木があり、あんず農園まで行かずとも、その夢はあっという間にかないました。

あんずの里物産館前にあるあんずの木の様子

全国トップクラスのあんず生産量を誇る長野県。その栽培面積も日本一ですが、うち6割が千曲市にあるといいます。

平成15年(2003年)9月に市町村合併がなされ、現在は千曲市となっていますが、あんずの里物産館がある旧・更埴市は、合併以前の平成13年度まで、この地域だけであんず生産量日本一という名産地なのです。

千曲市キャラクターあん姫と記念撮影するDawn太

あんずの里物産館の入口で出迎えてくれるのは、あんずの花と実を頭にのせ、手には戸倉上山田温泉の風呂桶を持つ、千曲市のキャラクター「あん姫」です。

そのモデルは伊予宇和島藩主・伊達宗利公のご息女である豊姫。千曲市にあんずを広めたとつたわるのが、この豊姫なのだそうです。

一ヶ月はないかも?とても短い生あんずの販売

物産館で販売されているあんずの様子

いざ物産館に入ってみると、入口すぐの一番目立つ良い場所で、収穫・販売が始まったばかりの「生あんず」が良い香りを放ちながら陳列されていました。

一口に「あんず」といっても早生から晩生まであり、この地域では段階的に収穫できる7種類ほどが栽培されていて、私が行った日には早生品種で加工向きな「平和」が圧倒的に多く、夕方帰り際になると生食向きという「ハーコット」などが並んだのも確認しました。

購入したジャム加工向きあんず「平和」

あんずを卸している生産者さんの数も多くて、一見しただけでは、素人の私にはどれを購入したら良いのかも分からないほど選び放題でした。

粒が揃って平均的に色づき、生食でも十分にOKだと思うのに、あえて「ジャム用」と表記されていた▲こちらの農家さんから三パック購入してみました。

その日収穫したあんずは早い者勝ちだと思い、朝早く家を出て買いに行きましたが、あんずの収穫最盛期が短いこともあり、この時期は売り場が空になることないよう随時入荷するようで、夕方近くまで次々に新しいあんずが搬入されているようでした。

物産館前で出会ったワンコに挨拶するDawn太

買ったあんずを車に積み込み周辺を散策していると、同じように犬連れで買い物に来られたご家族にも会いました。

そして…「何、聞いてないよぉ~」(笑)

あんずの里物産館の目の前は森将軍塚古墳

あんずの里物産館の駐車場に立って少し目線を上げると、そこには楽しそうな歴史の匂いがプンプンと!

朝の10時半に一旦ここを離れてあちこち立ち寄り、さらに大好物の歴史に触れてこの日の予定を終えようという頃になると、予報どおりに雲行きは怪しくなって小雨が降り始め、陽が照って28℃あった気温も落ち着いてくれたので、再び目の前にあったあんずの里物産館に舞い戻り、Dawn太を車内待機させて遅めなお昼となりました。

あんずの里物産館内の「レストランはっぴぃ」で期間限定ジビエメニューをいただく

レストランはっぴぃ外観

昭和の香り漂う店構えですが、心のこもった優しい接客で居心地の良いレストランでした。

レストランはっぴぃ内観

14時30分ラストオーダーの店に14時15分に飛び込み。先客が引きあげて行くところで、ほぼ貸し切りになった状態での静かな昼食タイムになりました。

窓の外にはテラス席も設けられていて、もしかするとそこだけワンコと一緒に使えたのかも(お店の人に未確認)。

メニューはラーメンや定食のようなものがウリらしく、この日はカキフライ定食がサービスメニューになっていました。見れば期間限定メニューの中に興味深い一品が!

桜そばとあんずジュース
桜そば(800円)/ あんずジュース(200円)

実は物産館内で販売されている軽食の中に、ここでしか味わえないようなジビエ肉まんが売られていて驚いたのですが、レストランの中にもジビエが潜んでいました。

あんずはバラ科サクラ属。だからこの時期限定で「桜肉」が提供さている…というわけでもないのでしょうが(笑)

自分で注文しておきながら、どんなかたちで提供されるのだろう?とちょっとドキドキでしたが、嫌味の無い甘さで煮つけた馬肉が盛られていて安心しました。

卓上に置かれていた八幡屋礒五郎の七味唐辛子

そして、信州といったらこれ!卓上には善光寺さまの描かれたお馴染み八幡屋礒五郎の七味唐辛子が置かれていたので、途中からパパッと味変。

桜そばに七味唐辛子が良くあって美味しい

味が引き締まって美味しかったです。

実は「桜」メニューはそばとうどんの両者あり、信州に来たからという安易な理由でそばを選びましたが、こちらのレストランでは地元産の小麦を使ったうどんが提供されるやの噂もあり、次回は是非「桜うどん」を食べてみたいと思いました。

フレッシュなあんずジュース

食後に飲んだフレッシュで甘酸っぱいあんずジュースは、山歩きして乾いた喉にも嬉しい一杯でした。

旦那が注文した定食に林檎ゼリーが添えられてきましたが、ゼリー系は苦手な人なので、代わりに私がいただきました。リンゴも寒天も信州の名産品なので、さりげなく信州を満喫できる品々に出会えました。

朝、物産館であんずを購入した時にはまだ準備中だったレストラン。私たちが食事を終える頃になると、再び札はひっくり返って準備中になりました。

〆のデザートは物産館のイートインコーナーで

あんずソフト
あんずソフト(400円)

レストランのあんずジュースで満足したので、見なかったことにもできたのだけど、やはりアイス食いは素通りできませんでした。

あんずの里物産館のイートインコーナーで提供されているのは、物産館でも販売されている、工場長の手づくりあんずジャムをトッピングしたソフトクリーム。地元産のあんずを砂糖で煮詰めたという、シンプルだけど果肉も感じる上品なあんずジャムなので、これが不味いわけがない!下手に練り込まれたタイプのソフトクリームよりも、ダイレクトにあんずの味が伝わるので間違いない美味しさです。

ソフトクリームはどこの観光地にでもあるごく普通のメーカーのものだと思うのに、トッピング次第で極上ソフトに変身してしまうのも、ご当地ソフトマジックですね。これ、是非おススメします。

おしまいに

見て、食べて、購入して。小さなあんずの里物産館ですが、あんずに関してはここで用事が足りてしまうくらいに充実していました。

このほか、干しあんず、ジャム、シロップ漬けなどのあんず加工品をはじめ、民芸品や信州千曲ブランドの商品販売などもあり、地域を代表する特産品を各種取り揃えているので、お土産にも困らない感じがしました。

ご馳走様でした。(Sunday, June 23, 2019 / Dawn太 生後1,581日)

ごちそうさまでした

あんずの里物産館
長野県千曲市屋代507-1

さて、ウチに帰ってからのあんず仕事

あんずの里で購入したあんず

この日、何だかんだで家に持ち帰ったのは、合計で4.4㎏のあんずでした。

下ごしらえしたあんず

きれいに洗ってヘタと種を取ったら、正味4㎏になりました。

適量のきび砂糖をまぶして30分も置くと、フレッシュなあんずからはこんなに水分がにじみ出てきます。

ほぼ完成のあんずジャム

家中あんずの甘酸っぱい香りに包まれながら、幸せな気分でコトコトゆっくり煮詰めます。嫌なアクもあまり出ず、ポッタリと重たく飴色になるまで煮詰めました。

煮沸して用意した瓶6本と、入りきらなかった分は冷凍保存。あんずジャムは凍らせてもカチカチにならず、必要な時にその都度適量を取り出して使えるので、盛夏が旬の桃が出回る頃まで、私の毎日のヨーグルトのお供になります。

関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※

コメント(10)

There are no comments yet.

メルみくママ  

2019/06/30 (Sun) 06:24

あんず仕事、お疲れ様でした(∩´∀`)∩

あんずですね~♡
正直食べる時がなく、人生で数回だと
思います(;´▽`A``

びわに似てるような・・・
(色だけでしたらsorryww)

自分が行ったかのような気持ちになる
ブログ♪ほほぉ、ふふん、なるほどぉ
と、うなづく読者(^^♪です!

今日も朝から、ザーザー雨
出かけるのも、おっくうになります。
dawn太くんは、雨の日はどんな
室内遊びをしてるのかな~
↑記事に関係なかったけど(;・∀・)




MIZU  

2019/07/01 (Mon) 18:17

こんにちは。

お疲れさまでした、、、あんず仕事^^
このジャムをヨーグルトにかけて食べたいな~♪

おばたりん  

2019/07/01 (Mon) 18:32

お久しぶりです

ずいぶん変わってしまっていて (字が小さすぎて。。。ハズキルーペが><)
でもDawn太くんの可愛い姿は同じでした
地震が起こったので心配していました 安心しました

そふぃあ  

2019/07/02 (Tue) 10:34
そふぃあ

To メルみくママさん

こんにちは!
確かにびわに似ていますよね。
私はあんずバカなので、売り場にびわが並んでいるのをみて「おぉ!あんずだ」と近づいて見間違っていることに気付いて一人苦笑しています(汗)
(白黒チワワをみてボーダーと勘違いするのと全く同じ現象です:滝汗)

週末は酷い雨でしたね。被害無かったですか?
ウチは普段から軒下で遊ぶので、雨の日も同じです。
家の中に入ると遊んでもらえないのを知っているので、家の中では大人しいもんですよ。

そふぃあ  

2019/07/02 (Tue) 10:36
そふぃあ

To MIZUさん

こんにちは!
地元まで買いに行って、こんな風な環境の中であんずが育つことまで知ることができました。
自家製ジャム、手前みそになりますが、新鮮素材を使っているので美味しいです。

そふぃあ  

2019/07/02 (Tue) 10:44
そふぃあ

To おばたりんさん

お久しぶりです!コメント頂けて嬉しいです。
地震のご心配までありがとうございます。
震源地からも離れているので、大きな被害なく過ごしています。

もしかして、IE(Internet Explorer)からご覧になっていますか?
テンプレートがIEに対応していないタイプなので、それで文字が極小で読み辛いのだと思います。
文字の大きさは15ピクセルの設定なので、多分おばたりんさんのブログ文字より大きいはずなんですよ。
もしよければ、Google ChromeかFirefoxをダウンロードして使ってみてください。
IEよりも軽くて安定性もあるブラウザです。

つばき  

2019/07/02 (Tue) 22:06

あんず

あんずのジャムって手作りのを知人から頂いたことがありますが、とってもおいしかったです。
桜うどんとか、サクラそばは未体験です。
こちらも興味は、あります。

kyonzy  

2019/07/03 (Wed) 17:31

長野の方は本当に良くあんずを加工しますよね!私も、知り合いの家で頂いたあんず漬けが美味しくってびっくりした事を覚えています。

そふぃあ  

2019/07/04 (Thu) 22:10
そふぃあ

To つばきさん

手づくりあんずジャム、私もいただきものが美味しくてハマってしまったかも。
同じ長野県内でも、同じように馬肉料理をいただいたことがあります。
味付けも様々。あっさりしていて美味しかったです。

そふぃあ  

2019/07/04 (Thu) 22:14
そふぃあ

To kyonzyさん

以前に川中島へ行った時にも、丁度時期だったのかあんずが並んで売られていました。
軽井沢のかき氷にも、一粒あんずがのっていたのもユニークでした。

私もあんず漬けの作り方を教えていただいたので、いつか自分で作ってみたいです。