attention admin about comments trackbacks you may also like

長岡花火2019 2days

2019年08月05日
お出掛け
10
イベント

今年も長岡の地に、暑い!熱い!まつり開催の時期が訪れました。長岡のまつりといったら、「日本三大花火」の1つにもなっている大花火大会があまりにも有名ですね。令和最初の長岡花火は8月2日(金)・3日(土)の開催となり、両日ともに県外ナンバー客の多い花火大会となりました。

県民なら誰もがきっと、長岡の花火は「世界一!」と思っているはず!2日間開催されて、それぞれにプログラムの違う長岡花火。我が家も例年通り、両日ともに観覧してきました。

長生橋のナイアガラと正三尺玉
長生橋のナイアガラ大瀑布と正三尺玉(8月2日初回打ち上げより)

復興の歴史を刻む長岡花火

秋田県大曲の「全国花火競技大会」、茨城県土浦市の「土浦全国花火競技大会」と並んで、「日本三大花火大会」の一つと称される長岡大花火。前者二つと大きく違うのは、長岡花火だけ競技会では無いということ。

長岡花火は復興の歴史。1945年8月1日に起こった長岡空襲戦没者慰霊に端を発し、さらに、近年に起こった中越大震災からは復興祈願の「フェニックス」が登場し、繰り返す震災や水害が襲う度、花火の規模が拡大して今日にいたります。

大会に際して打ち上げられる白菊

大花火大会に先立って両日共に打ち上げられるのは、長岡空襲戦没者慰霊のための「白菊」3発。花火大会の開催日がずっと8月2日・3日で固定のままなのも、戦没者慰霊の意味が込められた花火大会だからなのです。

白菊の煙が残る空と長生橋のナイアガラ

3発上がった白菊の煙が残る空。信濃川に架かる長生橋には、次のプログラムのナイアガラが綺麗です。

ナイアガラとスターマインの競演

さぁ、長岡花火2019の始まりです!

煙も花火のうち…だった初日

長岡花火1日目

両日ともにお天気には恵まれ、気温もグングン上がって猛暑日という過酷な条件下でした。ただ、初日は自宅にいても程よく風を感じられていたのに、いざ現地入りしてみるとあまり風が無い!当然のように煙のハケが悪く、捉えた花火の姿は煙の中の写真ばかりでした。

長岡花日初日

程よい風もあって見事だった2日目

長岡花火2日目

花火大会2日目は、信濃川下流から上流に向かって程よい風があり、煙が溜まることない良いコンデションでした。

長岡花火2019

長岡花火2019

型物

毎回捉えるのが難しい型物花火。

雷が入って露出オーバー

突如入ってくる「雷(らい)」で露出オーバーになることもしばしば(汗)

時差式発光球

花火の技術は日々進歩していて、今年一番撮影していて難しかったのが「時差式発光球」

打ち上がって開いてから、さらに順次色が変化していくので、動画なら綺麗で楽しいが、写真にするには相当なテクニックが必要なのだと思います。

時差式発光

上も下も時差式発光。素人カメラマンにはもうお手上げでした(笑)

ブルーフェニックス舞う15年目のフェニックス花火

中越地震の翌年から始まったこのプログラムも、今年で15周年を迎えました。そんな節目の今年は、ブルーフェニックスが舞うという特別バージョン。お馴染み平原綾香さんの「Jupiter」にのせ、信濃川沿いおよそ2キロにもおよび超ワールドワイドに打ち上がるフェニックス花火。動画は8月2日撮影のものです。

カラフルに、シンプルに!

長岡花火2019

長岡花火2019

長岡花火2019

毎年恒例プログラムのカラフルに打ち上がる花火たち

長岡花火2019

一方、今年はシンプルに一色だけのスターマインもあって、それもまた趣があって綺麗でした。

長岡花火2019

花火の打ち上げ現場も何か所かあり、提供元の近くで打ち上げられている場合もあったり。

長岡花火2日目

ヨネックス提供のスターマイン

ヨネックス提供のスターマインは、花火の色合いもヨネックスカラーだったり。

長岡花火名物といったら、今も昔も正三尺玉

長岡花火2019正三尺玉

長岡の花火大会といったら、昔から変わらず名物になっているのが正三尺玉。「戦争を忘れてはいけない!」「2度としてはいけない!」と、毎年、正三尺玉打ち上げ前には、会場内に「空襲」のサイレンが鳴り響きます。

初日の1回目は信濃川に架かる長生橋のナイアガラと正三尺玉。2回目は両日ともに正三尺玉のみ。2日目の1回目は長生橋いっぱいに広がるナイアガラに合わせ、それぞれに思いを込めた正三尺玉が3連発で打ち上げられました。

長岡花火2019正三尺玉「慰霊」

1発目は「慰霊」

長岡花火2019正三尺玉「復興」

2発目は「復興」

長岡花火2019正三尺玉「平和への願い」

最後は「平和への願い」

長岡花火2019正三尺玉
昇曲導 小花咲き 錦冠 小割浮模様

両日の単発と合わせ、合計で6発もの正三尺玉の大輪花が、漆黒の夏空に見事に咲きました。

フィナーレに向けて

長岡花火2019

長岡花火2019

長岡花火2019

長岡花火2019

両日にわたり、2時間以上におよんで次々と打ち上げられるスターマインの数々。2時間があっという間です。花火を撮る機会がこの時ばかりなので、写真は毎年反省点多く、一瞬を切り取る難しさを実感します。

米百俵花火

そして今年もプログラムの最後は、長岡藩士・小林虎三郎の故事にちなんだ「米百俵花火」。音楽に合わせ、尺玉百発が打ち上げられてフィナーレを迎えます。

有名花火師さんによる「匠の花火」

匠の花火2019

長岡花火に携わった、6名の有名花火師さんたちによる、10号1発に力を込めた恒例の「匠の花火」

匠の花火2019

ゆっくりと1発ずつ打ち上がる様子を眺めつつ、観客の心も静かにクールダウンするような匠の花火。

匠の花火2019

2020年も、長岡花火でお会いしましょう!

関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※

コメント(10)

There are no comments yet.

mizu  

2019/08/05 (Mon) 18:31

こんばんは

長岡の花火見ましたよ~、、、テレビで(笑)
打ち上げられた花火と演出の素晴らしさに見入ってしまいました。
美しさを見事に撮影されていますね♪

つばき  

2019/08/05 (Mon) 19:22

匠の花火

長岡花火は、本当にきれいですね。テレビでもやっているんですが、今年はそふぃあさんので、見ようと思ってテレビは見ませんでした。なかなかです。前に見たテレビとそんなに変わりがありません。
花火って進化していますね。匠の花火が、凄いと思いました。

メルみくママ  

2019/08/06 (Tue) 06:21

た~ま~や~(≧▽≦)

すごい!すごい!
えーっと、分かった事が1つ(笑)

このブログで見れば、行った気に
なれるっとことーーー(*´ω`)

さすが長岡花火☆

我が家のメルは、チーンになってます(^▽^;)
みくは雷の方が嫌いらしい・・・。

栗千代  

2019/08/07 (Wed) 19:10

素晴らしい!!

こちらでは二日間に渡ってTVで放映されました。
「そふぃあさん、きっと会場のどこかで撮影してるよ♪」って
家族みんなでバッチリ観ました!!

改めて写真を拝見すると、
「こんな花火もあったんだ。。。!!」って
そふぃあさんの瞬間を切り取るセンスに脱帽です。

そふぃあ  

2019/08/08 (Thu) 15:29
そふぃあ

To mizuさん

こんにちは!
昨夜は地元のローカル番組でも総集編を放送していました。
実際に見ても、またTVで別角度から見ると感動が蘇ります。

花火写真は難しいけど、試行錯誤している間も楽しいです。

そふぃあ  

2019/08/08 (Thu) 15:31
そふぃあ

To つばきさん

こんにちは!
花火も生き物と同じで、一瞬をとらえるのは難しいです。
TVでも生中継されているようですし、有名花火を実際に見られるって有り難いことだと思います。
スターマインばかりの花火大会で、一発ずつ上がる匠の花火が趣を感じます。

そふぃあ  

2019/08/08 (Thu) 15:32
そふぃあ

To メルみくママさん

こんにちは!
我が家の見物場所がかなり離れているので、Dawn太も一緒に見られるのが有難いです。
頭上で光と音が一緒の雷に遭ってから、Dawn太も雷は苦手になりました(汗)
三尺玉が上がる前のサイレンが鳴ると、もう帰りたくなるDawn太です。

そふぃあ  

2019/08/08 (Thu) 15:35
そふぃあ

To 栗千代さん

こんにちは!
番組、見て下さっていたんですね。
全国放送されるようになり、県外からのお客さまが増えたように思います。

昨夜、地元の放送局で総集編を放送していましたが、プロが撮影し、いろいろな角度から見る長岡花火も良いものだなと思っていました。

さいさん  

2019/08/09 (Fri) 12:35

たまや~
うちは15日に盆踊りなんだけど、ちょうど台風が来るんですよね((((;゚Д゚))))

そふぃあ  

2019/08/09 (Fri) 16:50
そふぃあ

To さいさん

そちらは台風の多い地域でしょうが、今年は特に多くないですか?
お盆の時期だというのにWですもんね。
盆踊り、無事に開催されますように。