宝泉寺の二千年蓮(かなり出遅れでしたが…汗)

2019年08月22日
お出掛け 4

十日町市の小泉を車で走行中、道路脇に「宝泉寺 二千年蓮」と手書きの小さな案内板を見つけ、お盆が近かったこともあったので立ち寄ってみました。

細い道を抜けて見つけたお寺の境内池にある「二千年蓮」。すでに今年の花期は過ぎていましたが、中に数花、出遅れ客のために咲き残っていてくれていたものもあり、優美な姿を見せてくれていました。

宝泉寺境内にある古代蓮の蕾を上から覗いてみた

十日町市にある曹洞宗のお寺「水澤山 宝泉寺」

曹洞宗 水澤山 宝泉寺参道からの様子

すでに440年近い歴史があり、立派な杉並木の参道を持つ宝泉寺。参道入ってすぐには「禁葷酒」の石碑も見られ、戒律の厳しいお寺さんであるのだろうと思われました。

宝泉寺本堂の様子

宝泉寺は二度の火災に遭っており、現在の建物は寛政8年(1796年)に再建されたものとのこと。「魚沼三十三観音霊場 第三十番札所」ならびに「妻有百三十三番霊場 第九十番札所」になっているお寺さんです。

宝泉寺境内の二千年蓮について

二千年蓮についての案内板

二千年蓮とは、蓮の権威として世界的に有名な大賀一郎博士が、昭和26年(1951年)に千葉県検見川遺跡の地層から1500~2500年前のものと推定される蓮の実を発掘し、発芽させることに成功した奇跡の蓮をいいます。

十日町市といえば「織物のまち」としても有名です。大賀博士が古代織物の研究で十日町に来られたことがご縁となり、昭和35年(1960年)4月、十日町大賀会が博士喜寿の祝いに記念品を贈ったことから、その感謝の意もあって同年5月2日に、小泉宝泉寺と二ツ屋に二千年蓮が移植されることとなります。

蓮の碑と宝泉寺の蓮池

宝泉寺の二千年蓮が初めて開花したのは昭和37年(1962年)のこと。その年に、境内にある蓮池のほとりに蓮の碑が建てられています。また同年より蓮の開花時期に合わせ、宝泉寺では観蓮会が行われてきたそうです。その後一度は途絶えてしまった観蓮会でしたが、平成20年(2008年)より再開されて以降は毎年開催されて境内も賑わうとのことです。

大賀一郎博士お手植えとつたわる古代蓮が咲く

宝泉寺境内の二千年蓮蕾

蓮の碑が写る一枚をご覧になってもお分かりのとおり、すでに令和最初の二千年蓮の開花は終了期でした。今年の二千年蓮観蓮会は7月15日に開催され、7月20日頃が満開の見頃だったようです。古代蓮の鑑賞にはかなり出遅れました(汗)

宝泉寺境内に咲いていた二千年蓮

そんな中、少し強い風になびくように咲いていた古代蓮。まだ蕾であっても、たった1輪の開花であっても、やはりその存在感はしっかりと感じられました。

全国各地に二千年蓮の移植地はありますが、大賀博士が直接植えられた蓮というのは、全国でも宝泉寺ともう一箇所だけという話もあるようです。とても貴重な花を見ることができて光栄でした。

二千年蓮の花托

蓮池の中も花托ばかりが目立っていましたが、この蓮の実、実はこの中に栄養がたっぷり詰まっているってご存知でしたか!?

雨のなかのオニバス♪(夏の福島潟にて)

8月14日 オニバスを見て来ました4月に一面の菜の花を見て来た福島潟でしたが、夏になるとオニバスの花が綺麗なのだそうです。春に行った時にそんな情報を入手したので、夏になったらまた来てみよう!そう思っていま...

おしまいに

二千年蓮の開花期は、毎年7月の20日前後から8月の第1週目あたりがまでが見頃のようです。「蓮の花=お盆」のイメージで訪ねては、もう時期的にアウト!ということです。

ですが、静かな境内の蓮池の中には、また別の花たちも綺麗だったんですよ。

咲き始めだった真っ白なスイレン

真っ白な睡蓮は咲き始めといったところ。

逆光の中に咲く河骨

逆光の中に咲いていた河骨(コウホネ)。水芭蕉などと同じく、花びらのように見えている部分は萼片です。スイレン科の花は大きくて目立つものが多いですが、河骨の花は小さくて奥ゆかしさすら感じます。そしてこの可愛らしい花も「名は体を表さない」系の、ちょっと気の毒な名前ですね。

宝泉寺の二千年蓮、来年こそは満開時期に訪れてみたいと思いつつ、Dawn太の待つ車へと戻りました。(Monday, August 12, 2019)

関連記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ

最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※

Comments 4

There are no comments yet.

つばき  

十日町は、思い出の街

十日町は、昔、就職先で、留めそでのデザインをやってまして、その慰安旅行で行った思い出の街です。
二千年蓮、盛りをすぎても、お写真から、実がなぜかとてもありがたい感じがしました。

2019/08/23 (Fri) 18:50
そふぃあ

そふぃあ  

To つばきさん

おはようございます。
わぁ、素敵なお仕事されていたんですね。
私ははた織や和裁なども少々かじっていたので、つばきさんの和服デザイン画、拝見してみたいです。

二千年蓮は、古代ハスや大賀ハスの名で各地にありますね。
綺麗な花を咲かせるので、来年も訪ねたい場所でした。

2019/08/24 (Sat) 07:18

さいさん  

蓮は涼しげで良いですね!

2019/08/24 (Sat) 08:39
そふぃあ

そふぃあ  

To さいさん

水辺に咲くから涼しげに見えますね。
お盆らしい花でもあるし。

2019/08/24 (Sat) 21:11