attention admin about comments trackbacks you may also like

わらアートまつり2019で「if(もしも)」の世界を体験してみよう

2019年08月29日
お出掛け
12
イベント ジェラート かき氷 Dawn太4歳6ヶ月

毎年この時期恒例の、新潟市西蒲区の上堰潟公園に巨大な藁製オブジェが展示される「わらアートまつり 2019」に行ってきました。

わらアート展 ハリネズミ作品のアップ

天気予報によると、日曜日の県内は一日中雨っぽいはずが、朝のうちにゲリラ的に大降りしたあとは、曇ったり時々日が差してきたり・・・。会場まで行ってお天気が崩れるようならスルーしようと、とりあえず「わらアート展」が開催されている会場へと向かってみました。

いざ現地近くまで行ってみると、周辺地はいつになく車が渋滞し、かなり混雑している様子。 イベント情報を知った旦那から、「この週末からわらアートが始まるよ。」と一言聞いていただけで、勝手に「わらアートまつり」が土曜日だと思い込んでいた私。ところが我が家が訪ねた日曜日が、まさにおまつり開催日の開始直後だったのです。

犬連れで混雑するなか撮影するのは・・・と、ここ数年はあえておまつりイベントを外して「わらアート展」のみで訪問していたというのに、意図せず三年ぶりにイベント当日にお邪魔することとなりました。

新潟市西蒲区の風物詩「わらアートまつり」

わらで出来たウエルカムゲート

毎年8月下旬頃、上堰潟公園を舞台に開催される「わらアートまつり」は、武蔵野美術大学の学生さんと地域の方々とのコラボレーションにより、田んぼの副産物である稲わらを用いて製作した巨大なオブジェが数体展示される屋外アート展です。

わらアートまつりの歴史について

旧岩室村と交流のあった武蔵野美術大学(東京都)に、稲わらを活用した催しが出来ないかと相談し、稲わらを用いてアート作品を作ったのがきっかけです。
平成18年に同大学と岩室温泉観光協会が協働で毎年1作品を西蒲区の岩室地区に展示しました。
平成20年度より新潟市主催の「わらアートまつり」として開催し、西蒲区内の巻、岩室、西川、潟東、中之口の5箇所に作品を展示しました。
平成21年度から上堰潟公園に作品を集め、地域の特産品販売やアトラクションなどを披露するイベントとして現在に至り、多くの関係者の努力と創意工夫で発展してきました。

新潟市西蒲区

巨大わらアートを巡って「もしも」を体験してみよう!

まだまだ酷暑が続いていたお盆過ぎの頃より、今年も30数名の学生さんたちと地元ボランティアさんたちの手によってわらアートの製作が始まり、角田山や多宝山といった山々を借景に、広大な公園内には完成度も高く見応えある5作品が完成しました。

わらアートまつり会場案内板

第12回開催「わらアートまつり」のテーマは「if(~もしも~)」

実生活では体験しえない「もしもの世界」を求め、私たちも会場内を巡ってみたいと思います。

【作品Ⅰ】もしも、クマと相撲がとれたら

もしもクマと相撲がとれたら 全体像
クマ(製作者7名)

「いざ、しょうぶ!」

マワシを締めたクマのわらアートのお尻

プリティなお尻にはマワシ

足元には土俵

地面には土俵

はっけよ~いと構えている記念撮影者

仕切り線まであるので

クマに睨まれ立ち上がる観光客

「はっけよい、のこった!」・・・と、皆さん同じように記念撮影していらっしゃいました。

クマと勝負で睨みあうドーン太

Dawn太 VS クマ

クマの迫力に圧倒されているDawn太

ビビリDawn太、クマの強いプレッシャーに立ち上がれず、あえなく撃沈(笑)

【作品Ⅱ】もしも、ヤドカリのおうちに住めたら

もしも、ヤドカリのおうちに住めたら
ヤドカリ(製作者6名)

「いらっしゃい、おとなりどうぞ♪」

ヤドカリアートの前に立つDawn太

正解撮影:ヤドカリオブジェの隣の小さな貝に入って記念撮影

ビビリ犬は「ハウス」のコマンドで貝オブジェに入れず(汗)メインヤドカリの前に立って撮影(笑)

【作品Ⅲ】もしも、ハリネズミとおひるねできたら

もしも、ハリネズミとおひるねできたら
ハリネズミ(製作者6名)

「ねむくなってきちゃったなぁ。。。」

ハリネズミの毛の質感まで表現されている

愛くるしい癒し系の表情にくわえ、藁がウマイ具合にハリネズミの質感を出していて、令和元年の人気作品のひとつでした。

順番待ち中のDawn太

当然、撮影の順番待ちも長くなり

暑い中順番待ちしているビーグル犬

同じように順番待ちしていたお友達もいたけれど、ワンコには堪える暑さでした。

わらアートまつりで遭遇した取材クルー

取材クルーにも遭遇したけれど、Dawn太の数人前の子で取材を終えて帰られてしまいました。

ハリネズミとDawn太

【作品Ⅳ】もしも、アンコウに食べられちゃったら

もしも、アンコウに食べられちゃったら
アンコウ(製作者6名)

「そのこきみ、こっちへおいでよ。。。」

アンコウの口の中に入ったDawn太

こんなに大きなサイズなので、きっとアンコウ女子♀ですね!

上堰潟や角田山が借景となり、スケールアップされていた作品でした。

【作品Ⅴ】もしも、リュウの背に乗れたら

もしも、リュウの背に乗れたら
リュウ(製作者7名)

「。。。。。。。。。。。。ゆくぞ」

リュウの頭に乗ってしまった

背中に乗るはずが、リュウの頭に乗っちゃったの誰!?(苦笑)

爪や髭、尻尾など、細部までよく再現され、こちらも子どもたちに人気だった作品です。

わらアートまつり その他イベントの様子など

夏空に揚がる白根の凧
夏空に揚がる白根の凧

わらアートまつりの会場では、わらアート作品の展示にあわせ、ステージイベントやスタンプラリー、マルシェ、木陰のギャラリー、南区観光協会による洋凧販売などが行われて賑わっていました。

木陰のギャラリー
木陰のギャラリー

「木陰のギャラリー」は、過去十数年分の作品や制作過程が、写真パネルで紹介されているコーナーです。

わらアート製作風景の写真パネル

わらアート製作中の風景

2015年のわらアート作品の写真パネル

我が家が「わらアート展」をはじめて訪ねたのは、第3回開催の年のことでした。懐かしい歴代作品のパネルの中、パピー丼を連れてはじめて一緒に見た2015年の代表作のパネル展示を見つけました。この年も、おまつりイベント開催の当日に来たんだったなぁ・・・。

日陰に入ってホッとひと息のDawn太

木陰に入ると通る風も心地よくて、もうすでに盛夏でないことを実感します。

イベント会場に出店のあった西蒲市場
西蒲市場

再び歩き出して見つけた「西蒲市場」は、西蒲区のおいしいものが揃う出店コーナーです。

コーラ味のかき氷
鯛車焼一成 かき氷・コーラ味(400円)

以前にお邪魔したことのある鯛車焼一成さんの販売ブースを見つけ、末っ娘が購入していたのはかき氷。

私は奥にあるパンダの幟が気になる

白黒見るとつい反応してしまう(笑)私はさらに奥にあった▲こちらのブースが気になって・・・。

ザ・コシタンジュンマイ ジェラード
笹祝酒造 ザ・コシタンジュンマイ ジェラード(400円)

「ザ・コシタンジュンマイ ジェラード」は、パンダが目印の笹祝の限定酒「ザ・コシタンジュンマイ」の酒粕を使ったミルクジェラートです。

ジェラートの匂いを嗅ぐDawn太

丼ちゃん、どう?酒粕の匂いする?

蓋を取ったザ・コシタンジュンマイ ジェラード

一口食べたジェラートは、ほんのりと甘いミルク味。その後、ゆっくりと酒粕の風味が広がり、少し酸味があってやさしい味わいでした。

酒粕使用ではありますが、酒粕の風味を残しつつもしっかりとアルコール分は飛ばしてあるノンアルコール商品なので、子どもでも食べられるジェラートだと明記されていました。

ジェラートの製造元は「和風ジェラートおかじ」さん。なので味は折り紙つきですね!

おしまいに

【第12回わらアートまつり開催日】 令和元年(2019年)8月25日(日)10:00~16:00まで
本年度のまつりイベントはすでに終了しています

観客を見守る製作スタッフの姿

わらアートまつり当日は、製作スタッフが観光客を見守るなどの安全対策もされており、完成した作品に自由に上って記念撮影等ができましたが、翌8月26日からは作品鑑賞のみで、作品に触れることはできなくなっております。

わらアート作品については、この後も令和元年10月31日(木)まで展示予定となっていますが、ここ数年、翌週になってお邪魔する頃には台風の影響で大破し、数点の作品が撤去されている場合も少なくありません。

わらアート作品の鑑賞を希望される方は、是非とも、早めの訪問をオススメします。

リュウのわらアートと会場内の様子

(Sunday, August 25, 2019 / Dawn太 生後1,644日)

関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※

コメント(12)

There are no comments yet.

メルみくママ  

2019/08/29 (Thu) 06:18

ブラボー

ステキ、ステキv-424

こんな素敵なイベントがあるなんて、
さすが米県(笑)
クマと相撲を組めるなんて←そこ(笑)

いやいや、Dawn太くん、ちゃんとマテが
出来るので、色んな生き物たちと撮影できて
楽し~ですね♪

老若男女ぷらすワンコで楽しめる、イベントでしたね♪
みくなら、クマに激吠え間違いない(。-∀-)ウハ

そふぃあ  

2019/08/29 (Thu) 07:04
そふぃあ

To メルみくママさん

この行事がはじまると、そろそろ稲刈り時期!秋が近いぞ!って感じます。
お米県の風物詩でもあります。

きっとDawn太、大きなオブジェに半分ビビッて動けないのでは!?(笑)
リュウとは目が合わない方向からのったので、天辺まで上がって失礼しました!でした(汗)

地域の食にも出会えて、今年も楽しいイベントでした。

kyonzy  

2019/08/29 (Thu) 13:34

年々、わらアート祭りの人気は高まる一方ですね。
そして、わらアートのレベルも上がってる気がします。
秋の人気イベント、存分に楽しまれたようで良かったです。

mizu  

2019/08/29 (Thu) 18:06

こんばんは。

おもしろいイベントですね。
どの作品も素晴らしいですね。
クマは迫力満点ですよ。
身体が固まって動けないのも頷けます^^

さいさん  

2019/08/30 (Fri) 12:26

すごい精巧にできてる!
近くだったら見に行くのになぁ~

そふぃあ  

2019/08/31 (Sat) 07:43
そふぃあ

To kyonzyさん

こんにちは。
制作する学生さんたちは変わっていっていると思うのに、作品は年々リアル追求型になっていていると感じます。
まつり当日は人間の数も多いし暑いですが、実際にのって写真が撮れるのは魅力ですね。

そふぃあ  

2019/08/31 (Sat) 07:45
そふぃあ

To mizuさん

こんにちは。
お米県ならではのイベントだと思います。
初期の頃は「ワラの家」的で素朴な作品が並んだんですよ。
近年はリアルで迫力ある作品が多くて見ごたえもあります。

そふぃあ  

2019/08/31 (Sat) 07:46
そふぃあ

To さいさん

こんにちは。
細部までちゃんとワラで作ってあって、間近でみると感動しますよ。
出来たばかりなので、ワラの香りも良いんです。
お近くだったら是非!っておススメします。

つばき  

2019/09/01 (Sun) 20:56

わらアートの表情がリアル

わらアートの表情がとてもリアルで、くまも、ちょっと怖いくらいです。
さすが、美大の学生さんですね。

栗千代  

2019/09/02 (Mon) 05:47

楽しい♪

輪に「ら」の文字が入ってなかなかシャレてますね♪

もしも。。の世界を表現した
巨大アートにも臆することなく笑顔で楽しむ丼王子様。。。!!
高い場所も平気で頼もしいですね~。

ヤフーブログの最後の記事にあたたかいコメント有難うございました。
昨日移行できました。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
新しいアドレスを↑に入れておきますね。
(まだFC2に慣れていなくて。。まだ新しい記事は書けませんが)

そふぃあ  

2019/09/02 (Mon) 07:19
そふぃあ

To つばきさん

こんにちは。
10年前の素朴な作品が懐かしく思えるくらい、近年の作品はリアルでよくできています。
クマは迫力ある表情で素晴らしかったです。

そふぃあ  

2019/09/02 (Mon) 07:23
そふぃあ

To 栗千代さん

こんにちは。
ゲートから洒落ている感じで、今年は開始早々に出かけられたので、イベント満喫できました。
やはり混雑していても、初日に見るのが正解なのでしょうね。

ブログのお引越し、お疲れ様でした。
早速拝見してきましたが、綺麗に移行されていますね。
私は早期引っ越し組なので、コメントまでは移行できなくて残念です。

お友達申請したいのですが、申請用の窓がないようです。
もしよろしければ、当ブログの申請フォームから申請していただけるとありがたいです。
今後ともよろしくお願いします。