attention admin about comments trackbacks you may also like

AMEYA AISU(加茂市) ~洒落たバーカウンターでいただく昔ながらのアイス~

2019年09月25日
スイーツde部
8
アイス 老舗 ご当地グルメ
バーカウンターに置かれたAMEYA AISU提供のアイス

バーのようなお洒落な雰囲気の中、半世紀以上前に売られていたという復刻アイスがいただける新店が県央地区にあると知り、そのギャップと美味しいアイス求めてお邪魔してきました。

加茂市商店街にある青木飴屋の姉妹店「AMEYA AISU」

青木飴屋外観

加茂の商店街(ながいきストリート)にある青木飴屋さんは、明治30年(1897年)創業という、加茂に根付いて120有余年の老舗店です。(この日は生憎6の付く日で定休日でした。)

創業当初から販売されている「きな粉飴」や「しょうゆ飴」はお店を代表する商品。現在、飴類は春から秋までの季節商品となっており、通年商品としておにぎりや寿司折、おこわなどを扱っているそうです。寿司折に使われている卵焼きが甘くて美味しいとか、加茂でおこわと言ったら青木飴屋さんとか、さすが老舗と思わせる利用者の声も多いお店です。

近年では、若き五代目が考案した、おせんべい感覚でカリポリと噛んで食べられる「BREAK CANDY」というオリジナル商品も発売され、若い世代の取り込みにも成功しているようです。

青木飴屋五代目が復活させた二代目の味

AMEYA AISU(アメヤアイス)外観

青木飴屋さんのすぐお隣に、若き五代目が新たに開いたお店が、今回目的の「AMEYA AISU(アメヤアイス)」です。

その昔、加茂市内にはあずきアイスを提供するお店が幾つかあり、当時の味を知っている人たちからの要望もあっての新店舗立ち上げだったようです。

AMEYA AISU(アメヤアイス)サブウェイタイルの店内

店内入ってまず目に飛び込んでくるのは、店内奥まで続くサブウェイタイルのお洒落空間。

サブウェイタイルに貼られた青木飴屋の歴史写真

貼られた二枚のモノクロ写真が、青木飴屋の歴史を物語っていました。

店内入り口すぐに置かれた円筒のアイスボックスには、青木飴屋二代目が売り始めて数十年前に販売をやめてしまったという、十勝小豆をたっぷり使った幻の「あずきアイス」の復刻メニューに加え、すべて手作りというお店ご自慢の商品も含め、全8フレーバーが並んでいました。

バーテーブルとAMEYA AISU(アメヤアイス)の復刻あずきアイス

シングル350円、ダブル400円。おまけのワンスプーン付きです。

普段あまりスイーツ系を食べない旦那が、半世紀ぶりに復活した懐かしの味だというので、珍しくあずきアイスを注文して食べていました。(「明日雨にならないといいね…。」と末っ娘に言われながら。)

AMEYA AISU(アメヤアイス)和栗・プラム・抹茶のアイス

私はダブル(400円)で、和栗とプラム。おまけのワンスプーンは抹茶です。私には少し甘めな仕上がりでしたが、一口目から素材の味がしっかり感じられますし、後味も良くて美味しかったです。

美味しくいただきながら、無理に「ジェラート」と名乗ってヘンな枠をつくってしまうなら、むしろ「アイス」と呼んでも自由な発想の冷スイーツの方が、断然好感が持てるのだと実感した私でした。

昼飲みもできるアイス屋さん

AMEYA AISU(アメヤアイス)のバーカウンター

そして、ご店主の枠にとらわれない自由な発想はバーカウンターの上にも!メインであるアイス以上に品揃えのあるお酒たち。1杯6~700円程度から飲めるようで、それぞれの瓶には値札がぶら下がっていました。

おしまいに

加茂市にある「AMEYA AISU(アメヤアイス)」は、子どもも入れ、素敵なギャップを持つ大人の空間でした。テイクアウトアイスも充実のラインナップで用意されていますので、家でもお店と同じ美味しいアイスが楽しめますよ。

ご馳走様でした。(Monday, September 16, 2019)

AMEYA AISU(アメヤアイス)オファリングボード

AMEYA AISU(2018年8月8日OPEN)
新潟県加茂市仲町3-5 ※地図

関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※

コメント(8)

There are no comments yet.

栗千代  

2019/09/25 (Wed) 18:04

おしゃれです~!!

飴やさんって、お米処ならではって感じですね☆
おしゃれ過ぎるカウンターで頂くアイス。。。
少しおめかしして入店しないといけないような(汗)

和栗とプラム、美味しそう~~!!

そふぃあ  

2019/09/26 (Thu) 07:21
そふぃあ

To 栗千代さん

こんにちは。
老舗飴屋さん、この日は閉まっていて残念でした。
昔ながらの飴、今では珍しい商品だと思います。

いろいろな可能性を秘めた五代目さん。
ユニークなアイデアで、老舗店に若い風を送り込んでいると思いました。
商店街の活性化にも役立ってくれそうですね。

kuneko  

2019/09/26 (Thu) 15:44

素敵

古きと新しきが交わった
お洒落なお店ですね♪

お店のお洒落感を良い感じで
カメラ撮影され、より一段素敵さがよく伝わってきます。

昼飲みも出来るのですね(*´∇`)

つばき  

2019/09/26 (Thu) 18:34

新潟はおしゃれ

新潟は、お洒落な感覚のお店が多いですね。
発想が、自由です。甘口の人も、辛口の人もこれなら、OKですよね。

そふぃあ  

2019/09/27 (Fri) 10:35
そふぃあ

To kunekoさん

こんにちは。
古いものを守りながらも、新しい試みをされる若い世代。
頼もしい跡取りさんがいるお店だと思いました。

辛党も甘党ものんびりくつろげる、街のサロンのようなお店だと思いました。

そふぃあ  

2019/09/27 (Fri) 10:36
そふぃあ

To つばきさん

意外と宣伝下手な県民ですが、ユニークな発想の持ち主は多いかも知れません。
素敵なお店だったので、街の人以外にも良い憩いのスペースになってくれることと思います。

さいさん  

2019/09/28 (Sat) 14:06

バーカウンターって大人っぽくて良いですね!
食べてみたい( ´艸`)

そふぃあ  

2019/09/30 (Mon) 14:37
そふぃあ

To さいさん

大人の雰囲気なのに、明るいうちから入れるお店。
いろんなギャップがまた楽しかったです。