attention admin about comments trackbacks you may also like

【GSお里会2019】集合写真とランチ・フリータイム

2019年11月14日
Dawn太_3-4歳
4
ボーダーコリー オフ会 同胎 Dawn太4歳8ヶ月

モデル犬たち集まれ~!写真撮影会がはじまるよ。


エルマーナちゃんとDawn太
異母妹のエルマーナちゃんと

富士山麓で行われた「GSお里会2019」
ミニゲーム大会で盛り上がったあとは、毎年恒例の写真撮影会、飼い主たちが親睦を深めるランチタイムと続きます。

記事にするにあたり、飼い主さんの顔隠し作業をしながら思った…。飼い主さんと並んだ飼い犬の顔が、どうしてこんなにもよく似ているものなのでしょう(笑)

GS写真撮影会

GSお里会記念撮影

現在、100名以上のLINEグループ登録者によって構成されている「GSお里会」。そのうち、今年は40数家族、同居犬も合わせると70頭近いワンコたちが会場となったWoofに集いました。

SNS用に飼い主の顔を伏せて撮った記念写真

メンバーの多くがSNSなど利用されているので、写真投稿に便利なよう、飼い主たちが顔を伏せて記念撮影するという、今の時代らしい記念撮影シーンもありました。

GSお里会の草分けワンコたち

お里会の草分けワンコたち

現在、大所帯になったお里会のはじまりは、この度も参加されていた2013年11月生まれのこの同胎さんたち。

一緒にお誕生日を祝うため、親しいお里の子を呼んで集まったのがそのはじまりであったと、この中のとある飼い主さんが語られていたのを記憶しています。

GSお里会の看板

そして毎年登場する、GSの看板犬たちが貼り付けられた▲こちらの看板。実はこれ、初回のお里会の時に作られたものであると、今回のお里会のあとで知りました。

ちなみに、右上に写るブルーマールのシレーナちゃん。この先駆者たちの母犬です。

お里会ならではの記念撮影が続く

ダイスケっ子

ダイスケくん(Dawn太の母方祖父)で繋がったGSっ子たち

カレンっ子

みんな父犬が同じ!カレンくんの子どもたち

BWのボーダーたち

カラー別に!…と、Dawn太が入って撮影しただけでもこれだけあります。

おんぶに抱っこで記念撮影

この辺りはおんぶに抱っこ

抱っこ大変な最後列

幹事さんが気を利かせてくださり、今年はランから出た斜面で撮影会でしたが、後ろの列はやはり重労働でしたね。(異母兄妹になるレオンくんとルナちゃんがそっくりなことに今更気付いてビックリな私)

ジュノくんとユキちゃん

今回のお里会がはじめましてだった子や

ルークくん、オレオくん、ルッツちゃんの同胎
ボーダーコリー・アンジー
ボーダーコリー・ナブ
ボーダーコリー・閏々

同じ血が流れる可愛い弟妹たち

ボーダーコリー・テオ

いつも遊んでくれる同胎さん

ガン見するDawn太

その隣で、こちらをガン見していたDawn太

何だか視線を感じる

ん⁉まだ視線を感じる…

ルッツちゃんもガン見していました

何か気になるものがあったのか?同じような顔で、異母妹のルッツちゃんもこちらをガン見していました。

モフモフの同居犬

モフモフの同居犬さんたち

モフモフの向こうからガン見しているすだちちゃん

そのモフモフさん越しに、すだちちゃんもガン見。

メインカメラとは違うところでチョコチョコと動く、私のカメラのピント合わせの光が気になったのかも知れないですね。

横目で見ているDawn太

ほかの子でもそんな様子なので、ましてやDawn太はいつも目線だけは私の方に(これはBlack & white撮影時)

Dawn太の顔の横にぶら下がる水飲み容器

そして丼父が背負ったリュックからは水飲み容器がブ~ラブラで、これもDawn太の集中力を欠いていたと思います(汗)

三兄弟と全弟&マリアっ子
ライラプス / 閏々 / テオ / レオン / Dawn太

記念撮影の最後は、一番血の濃い兄弟たちと一緒に!

中央のテオくん、その右隣のレオンくんはDawn太の同胎弟たち。中央左隣の閏々くんは一歳下の全弟です。
父犬・カレン×母犬・マリアの組み合わせの中で、Dawn太が一番最初に誕生した子であり、閏々くんたちの回が二度目のペアリングということになります。

一番左のチョコボーは同じマリアちゃんを母に持つライラプスくん。お里会の中でも母犬が同じという子が意外と繋がっておらず、貴重な存在のライラくんです。色が違うので全く違った印象ですが、つぶらな瞳に同じ血を感じます。

早い頃、東京のドックランでお会いしたことのある異母姉・ニコルちゃん(2014年6月生まれ)たちが、マリア母の最初のお産になります。その次が2015年2月生まれのDawn太兄弟。さらに次が同年9月のライラプス兄弟の時。続く2016年5月には閏々兄弟のお産と、顔見知りの子のお誕生日だけをみても、若いマリア母はお腹の休まる暇が無かったわけですね。

記念撮影を終えた兄弟たち

いつも笑顔で記念撮影してくれるテオくんの表情が冴えないと思ったら、看板を支える役で固まってしまったからだったんですね。(気が付かなかった)テオくん、お疲れ様。

ブルブルするミルフィーユ

ずっとしゃがんで膝が痛くなった飼い主さんも、長い時間付き合ってくれたワンコたちも、そしてメインカメラマンさんも、みんなお疲れ様でした。

GSランチタイム

お里会ランチタイム風景

雨が落ちて来ないうちに記念撮影も終わり、次はお待ちかねのランチタイム。今年も飼い主さんたちのランチはWoof二階にある多目的ルームを貸し切り、参加者全員でいただきました。

バイキング形式ランチ

メニューはカレーorハッシュドビーフが用意されており、各自バイキング形式にて取り進みます。

ランチのデザート

今年のデザートはプリンでおじゃる!

ハッシュドビーフとカレー&サラダ&デザート

我が家はカレーとハッシュドビーフを一皿ずつ。サラダもトマトとフレンチの2種類のドレッシングで用意されていました。

さらに、コーヒーや紅茶などのドリンクは飲み放題。

天からの恵みがありますように!


代替

残念ながら、レオンくんに天からの恵みはありませんでした(笑)

食後の腹ごなしにジャンケン大会!

お里会じゃんけん大会の様子
じゃんけん大会決勝戦の様子

みんなが昼食を食べ終えた頃、突如はじまるじゃんけん大会。我が家はいつも出した瞬間に終わる。そして決勝に出てくる顔ぶれも決まっているような気がする。

勝者にはワンコのおもちゃやグッズなどがもらえますが、今年はランチのお替りが無く「景品じゃなくてお替りが欲しかった。」と言っておられる、ジャンケン勝者のパパさんもありました(笑)

ブリーダーさんからのプレゼント!

お里会のプログラムとブリーダーさんからのプレゼント

幹事さん手づからのイラストが描かれたお里会2019プログラムと、その下にはGSマル秘情報満載のしおりがあります。お里っ子が急増しているので、これが無いとお里ネタは書けないという貴重な資料です。

そして一緒に写るのは、ブリーダーさんからプレゼントされたトートバッグと缶バッジ。今年のモデル犬はカレン父です!

おでこに缶バッジを乗せてくれたレオンくん

今年も缶バッジをDawn太に鼻乗せして撮影しようと試みましたが、「恐れ多くて、オレの父ちゃんを鼻乗せなんてできねぇ~!」と完全拒否されてしまい、レオンくんが兄の代わりにおでこに乗せてくれました。

レオンくん、ご協力ありがとう!

ランチ中のワンコたち

床で眠るモカちゃん

午前中にたくさん遊んで、ランチの間ネムネムだったモカちゃん

床に伏せキョロッの目が可愛いライリーくん

お利口さんにしていたライリーくん。こんな風だと、飼い主さんも安心して食事ができますね。

静かに休むアレックスくん

同居犬のアレックスくんも静かに休んでいました。イケメンくんだけど、近くで見たら妙にマズルに親近感!

椅子の間で静かにカメラ目線のルナちゃん

椅子の下で大人しくできていたルナちゃんもお利口さん!

おやつをもらうジュノくんとふうこさん

ジュノパパからおやつをもらっているふうこさん発見!15歳になっても落ちない食欲。「動いて食べる」ワンコも人間も、若さの秘訣はコレなのでしょうね。後ろにいたミルフィーユちゃんもおやつもらえたのかな⁉

異母妹のアンジーとルッツちゃん

ルッツ家の強いサポートのお陰で、アンジーちゃんも寂しくなくお里会を過ごすことができたようで何よりでした。

幹事さん、今年もお疲れ様でした。

日没までのフリータイム

ランチ終わりまでがお里会2019。
ランチ終了後は自由解散となり、そのまま帰ってしまられるご家族、日没まで目いっぱい遊ぶご家族と様々でした。

ランチ前フリータイムのひとコマ

プラーを咥えて遊ぶエナンちゃん

お里会きっての美人さん。エナンちゃんも、何か咥えていると落ち着くタイプのようでした。PULLERなら良いですが、口寂しい時には洋服の襟を引っ張り上げて咥えていて、ママさんに「穴が開くからやめて!」と注意されていました。そんな姿もまた、賢いボーダーらしくて可愛かったです。

エルマーナちゃんを誘うDawn太

ページトップにも登場した異母妹のエルマーナちゃん。今年の冬に一緒に遊んだ頃から、Dawn太が盛んに遊びに誘う様子が見られるようになった子でもあります。

エルマーナちゃんを遊びに誘うDawn太

まだ上手に遊びに誘えないDawn太ですが、大人なエルちゃんの方が「丼兄しつこくて仕方ないなぁ」と誘いに応じて駆けっこしてくれる場面も見られ、そんな時はDawn太も嬉しそうでした。

ボールを咥えて遊ぶ15歳のふうこさん

ボールを咥え、場内の見回りに当たるふうこさん。たまたま三兄弟の小さな暴走が始まった脇を通りかかった時には、つられて一緒に走しり出しそうに反応してみたり…。やっぱりミルフィーユちゃんを迎えてから、ふうこさんも若返ったと思います。

人間でいえば80歳少し前くらい⁉私もこんなに元気なお婆ちゃんになれたらいいな。

サッカーボールを見つけてきたDawn太

Dawn太は…というと。また何処からともなく他所様のボールを見つけ、泥棒してきていました。

ボールのあるところ、自然とできるフォーメーション。

サッカーボールで遊ぶボーダーたち

ケチな性格のDawn太は、自分のおもちゃを横取りされるのが元で喧嘩になるので、大勢のワンコがいる時は、極力自分のおもちゃを出さずに遊んでもらうことにしています。

ボールで遊ぶボーダーたち

人からの借り物は執着も程ほどですし、借り物で喧嘩したら怒られるのはDawn太なので、昼前の短いフリータイムの中、みんなと仲良く、取ったり取られたりのボール争奪戦を楽しめているようでした。

ランチ後フリータイムのひとコマ

今年はフリータイムに、プール利用の子はいたのかな?

ボールを咥えているルッツちゃん

午後からもお里会貸し切りランの中では、ボール遊びをしている子が多かったです。

ボール出しを待つDawn太

再びアマリリス家からボールをコソ泥してきて、ワクワクしながらボール出しを待っている子が!

再びできるフォーメーション。

キックと同時に走り出すボーダーたち

アマリリスパパに蹴り出しでもらって、みんな一斉に反応してボール争奪に向かいます。

ボールを持って走ってくるレオンくん

後方部隊の方が断然有利な時も!

ボールを持って嬉しそうに戻ってくるDawn太

ボールGETできた時はやっぱり嬉しそう。

ボールを間にどちらが拾うか戸惑っている兄弟

以前なら、弟たちにも絶対に譲らず、兄貴風を吹かせて軽くガウって横取りしていたのに、たまに弟に譲ろうかな?っぽい様子が見える時もあり。

口に大きなボールがハマったテオくん

あっ!テオくん…(笑)

ボーダーたちのフォーメーション

レオンくん先頭のフォーメーション

ボーダー間違い探し

この写真を▲アンコニママがInstagramに使ってくださり、「間違い探し」と仰っていたけれど…(笑)これはなかなかマニアックでナイス問題!

ボール出しを待つボーダーたち

大きなオフ会に参加するのが久しぶりで、Dawn太が親戚さんたちとうまく馴染んで遊べるのかが心配でしたが、Dawn太も若干成長が見られたようですし、何よりも、冬にボール争奪でガウガウし合った子が格段に大人に成長していたので、お互いに譲り合い、喧嘩なく楽しく遊べました。

アマリリス家の赤ちゃんのお手々

そして冬の頃…といえば。
舞子雪遊び会の時にママのお腹にいた赤ちゃんが、生後半年になって可愛い盛りでした。

今夜はこの赤ちゃんも一緒!お泊り組で、さらにWoofの夜を盛り上がります。つづく。

(Sunday, November 3, 2019 / Dawn太 生後1,714日)

関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※

コメント(4)

There are no comments yet.

柴犬マイア  

2019/11/14 (Thu) 11:23

みんな、賢そうですね

ボーダーコリーは賢いし、運動神経も発達してますから、運動会は楽しいでしょうね。
その点、柴は・・・。(笑)
なかなか言うこと聞きません。

さえき奎  

2019/11/14 (Thu) 15:14

みんな可愛いですね

Dawn太はじめワンちゃんたちは、兄弟・血縁だということは彼らなりに
ちゃんと意識しているんですね。
大変素晴らしいイベントの様子がよく伝わって来ました。

そふぃあ  

2019/11/15 (Fri) 06:57
そふぃあ

To 柴犬マイアさん

こんにちは。
私も実家で柴犬を飼っていたので、お気持ちお察しします。
犬ってみんなボールを持ってくるものだと思っていましたが、庭でボール遊びをしても、柴犬って持って来ないんですよね(汗)
なので大人になって自分で飼うときには、一緒に遊べる犬種を!と思っていました。
中学生の頃に見た「大草原の小さな家」に出てきたボーダーが印象的で、それで今はボーダーも二代目です。

そふぃあ  

2019/11/15 (Fri) 06:59
そふぃあ

To さえき奎さん

こんにちは。
犬は犬なりに、お互いの存在を感じ取っているみたいです。
他の犬種と遊ぶと喧嘩になる場合も多いですが、この会の時は、喧嘩も無くて穏やかに過ごせます。
飼い主さんの楽しい気持ちが伝わるからかも知れないですね。