attention admin about comments trackbacks you may also like

flyberとLIKERとボクの海岸に打ち上げられた流木の話 ~台風19号の置き土産~

2019年11月21日
Dawn太_3-4歳
4
自然 犬用グッズ Dawn太4歳8ヶ月
ボールを見つめダッシュ態勢になっている後ろ姿のDawn太

次第に天気が崩れるという予報だった休日。晴れているうちに…と、午前中の早い時間帯、Dawn太を走らせにお馴染みの海岸へ。

PULLERシリーズの犬用玩具でダッシュ、ダッシュ!

勢いよく走り込んでいくDawn太の後ろ姿

まずは、大好きなアミアミボール目掛けて一直線

勢いよく砂の中に突っ込んだDawn太

「ザザ~ッ!」と砂の中に突っ込んでボールをGETし

ボールを咥えて笑える顔のDawn太

振り返った顔が、何で⁉っていうくらいにブサイクだった(爆)

逆光の中を走ってくるDawn太

気を取り直してもうワンショット

変な横目でカメラ目線なDawn太

…だけどやっぱり。今日はこんな日だ!(笑)

笑って誤魔化すDawn太

ヘへへ!

flyberでダッシュするDawn太

そしてこの夏、Dawn太の水遊び用として仲間入りしたおもちゃが、ヨーロッパ生まれのドーナツ型DOG PLAYNING®玩具「PULLER」の姉妹品である「flyber(フライバー)」

素材はPULLERと同じで歯に優しく、一見DISCのようだけど両面で凸凹の形状が異なり、陸遊びなら飛ばすよりも転がす方が面白いおもちゃ。しかも軽いので、PULLERよりも容易に転がせ、手にした面の向きによっては円を描くように転がるので、犬も動きが予測できなくて、そこがまた楽しいらしいのです。

flyberを咥えて戻ってくるDawn太

凹凸両面あるflyberには縁もあるので、平らなDISCのように砂地に落として「DONドコ祭り」になることもなく拾い上げられます。水にも浮くので、万が一、海に落ちたとしても大丈夫!

波打ち際で休憩中のDawn太

丼母:無理に海に落とさなくてもいいからね!

砂にまみれたflyberとLIKER

Dawn太も気に入ってくれたflyberの後ろに写るのは、これまた同じく姉妹品の「LIKER(ライカ)」

ボールなのに破れず、弾力ある噛み心地も良いLIKERは以前から愛用していましたが、同じくこの夏、さらに追加で購入したのが、蛍光ロープ付きの「LIKER LUMI」です。

LIKER LUMIをカリカリと引っ張り出しているDawn太

この方▲とりあえず、持って行ったおもちゃは一通り遊ばないと気が済まないタイプ

LIKER LUMIで引っ張りして遊ぶDawn太

ロープがあるので、引っ張りっこ大好きなDawn太には、レトリーブだけでない遊びが加わってさらに楽しい。

ヘトヘトになるまで走り込んだDawn太の満足そうな顔

そんなこんなで、この日も「矢印耳」「矢印ベロ」の極限まで走り込むことができました。

実は、いつもの海岸の様子が一変していました

佐渡を望む日本海

Dawn太がいつも遊ぶのは、真正面に佐渡が見える綺麗な海岸

台風19号で海に流出したゴミが打ち上げられた海岸

…のはずが、この日は波打ち際付近一面に、流木が流れ着いて散乱した状態でした。

これは10月12日に日本に上陸したカテゴリー5のスーパータイフーン・ハギビス(令和元年台風19号)の置き土産。

この台風によって上流の千曲川があの状態だったので、13日の我が家付近は早朝から近くの河川が過去最高の水位を記録し、越水、さらには破堤という危険な状態が続いていたのです。

Instagramの動画は、夕方になって水位が下がり始めたという朗報を聞き、とりあえずDawn太を走らせに海に向かう途中で撮ったもの。あとほんの1mの、ギリギリゲームな一日でした。

日本海に漂う流木

台風が去った後、「日本列島周囲の海上に、これまで見たことの無いような大量の漂流物が帯のようになってある」とニュースの中で話していた気象関係の専門家がいらっしゃいましたが、一旦は沖まで流れ出た漂流物が、何週間も経った頃になってもまだ、漂流していたりするのですね。

波打ち際に打ち上げられたクルミ

隣国から流れ着くゴミの場合、他国語の書かれたプラスチックゴミばかり目立ちますが、この度の漂着物は明らかに、山から流れ着いたであろうと思われる流木のような自然物が目立ちました。なかには、家の柱ではないか?と思われるような太い角材のようなものも。

遠くに見える佐渡と船

台風19号の犠牲になった方々のご冥福をお祈りするとともに、被災地の一日も早い復興をお祈りいたします。

波の荒い岩場で釣りをする人

風もあって波も荒かったこの日、切り立った岩場や海岸沿いに釣り人の姿があって、ドキドキしながら見守りつつDawn太と遊んでいました。

荒れた日本海に入って釣りをする男性

おしまいに

走って満足!笑顔のDawn太

つい先日も、同じ海岸で走ってきました。

先に見た日以降にも荒れた日があったので、漂着していた流木の一部は再び海に流され、また一部は多少分量が減った状態で砂浜奥に押しやられていました。

平和な時には楽しく、大量に押し寄せれば怖いと感じる水の存在。様々なことが、きちんと元通りの姿になってくれますようにと願わずにはいられません。

--- Saturday, November 9, 2019 / Dawn太 生後1,720日 ---

関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※

コメント(4)

There are no comments yet.

さえき奎  

2019/11/21 (Thu) 14:23

佐渡の荒海ですね

私もサラリーマン時代に数年の金沢在住経験があり、今でも山形や秋田の
日本海沿いを走ることがあるのですが、日本海は故郷北海道の釧路の海や
房総半島、湘南方面の海とは明らかに雰囲気が違いますね。

動画も拝見しました。迫力があり過ぎてビビりました。私のところでも
利根川の水位があわやというところまで行ったそうです。本当に治水だけは
短期的・長期的視野を切り分けてしっかり整備して行ってほしいものです。

応援クリックさせていただきました。

そふぃあ  

2019/11/22 (Fri) 07:06
そふぃあ

To さえき奎さん

こんにちは。
房総や湘南は、海も穏やかな印象がありますが、北海道の海とも違いますか。
やっぱり日本海は荒れたイメージ強いかも知れませんね。

12日、群馬の方々と繫がるグループLINEの中で、利根川が危ない話をされているご家庭がありました。
13日になって「無事でよかった!」と話されている時、うちの方ではこの状態だったので、とてもこの状況を伝えられなかったです。
実はうちの方、しっかりと治水がされている地で安心していたのにこの状態。
本当に想定外の巨大台風だったのだと思います。

応援ポチ、ありがとうございます。

柴犬マイア  

2019/11/24 (Sun) 05:46

おはようございます

日本海は迫力ありますね。それに比べて瀬戸内海の穏やかなこと。
日本海や太平洋を見た後、瀬戸内海を見たら「此処は池か!」と思います。
そふぃあさんもインスタされているんですね。
私もインスタやってます。でも見なくていいですよ。ブログと同じ写真をあげているだけですから。(笑)

そふぃあ  

2019/11/24 (Sun) 08:01
そふぃあ

To 柴犬マイアさん

こんにちは。
私は穏やかな海に憧れます。
温暖な場所で暮らす人は、性格まで穏やかな気がします。
日本海は、これからもっと荒れるようになりますよ。

私は逆に、インスタはDawn太一色です。
もし見つけられたら、是非フォローさせてくださいね。