attention admin about comments trackbacks you may also like

おぢや麺フェス【角屋】×【ようか】おもてなしがテーマのコラボつけ蕎麦をいただきました

2019年12月12日
イケ麺パラダイス
6
ご当地グルメ そば イベント 老舗
おぢや麺フェス参加の角屋メニュー

小千谷市内の飲食店で「おぢや麺フェス」なるイベントが開催されていると知り、イベント終了間近な頃、ようやく滑り込みでセーフな感じでお邪魔してきました。

普段は味わえないこの時だけの限定メニュー。良く考えられ、一風変わったスタイルの小千谷そばをいただいてきました。

そば店とラーメン店がタッグを組んだ、小千谷最強麺コラボ「おぢや麺フェス」

おぢや麺フェスの幟旗

2019年9月15日から11月30日まで新潟県内各地で開催されていた「第34回国民文化祭・にいがた2019」「第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会」の一環として、2019年11月11日から12月9日までの約1ヶ月間、小千谷市内では「おぢや麺フェス」が開催されていました。

苧麻からむしを使った麻織物「小千谷縮」でも知られる小千谷市は、古くから織物の街として栄え、縮の糸を紡ぐ際に使われていた布海苔ふのりを蕎麦の繋ぎとしても用いてきました。これが布海苔蕎麦といわれるもので、この蕎麦を「へぎ」と呼ばれる木の器に入れて盛った、それが小千谷へぎそばの始まりです。
また、蕎麦文化の根付いた小千谷市は、近年ラーメン激戦区としても有名です。

「おぢや麺フェス」では、自家製麺にこだわった蕎麦店4店舗、ラーメン店4店舗が参加してタッグを組み、テーマを決め、今回のイベントのためだけに考案したオリジナル全8メニューが各店舗で提供されました。

  • わたや本店×勝龍
  • わたや平沢店×暁天
  • 角屋×ようか
  • 和田×つるり

おぢや麺フェス参加店 明治22年創業の老舗そば店「角屋」

角屋外観

参加8店舗の中からワンチャンスだった我が家が選んだのは、明治の時代から続く小千谷そばの老舗「角屋」。綺麗でコシのある布海苔蕎麦を提供する名店です。

角屋店内の様子

店内が混雑する時間帯は避けたかったので、夕方営業開始と共に入店。ところが、同日の同時間帯に、私と全く同じ思考、同じ行動パターンの男性客が一名いらっしゃいました。(笑)

角屋の囲炉裏テーブル席

「お好きな場所へどうぞ」と案内され、前回は大混雑時だったので相席で使った、同じ囲炉裏テーブル席に着きました。

囲炉裏テーブル席から見える「角屋」の看板

人気ラーメン店「麺やようか」とコラボ、「山崎醸造」ともコラボの角屋提供の最強麺

角屋×ようか コラボつけ蕎麦

▲テーマ:おもてなし【角屋×ようか】コラボつけ蕎麦(1,280円)

角屋のへぎそば
角屋のへぎそばアップ
ようかの煮干し中華
ようかの鶏チャーシュー

ちなみに両店、普段は▲こんな風な感じで提供しています。(上段「角屋」/下段「麺やようか」)
料理が運ばれてきた瞬間、両者の良いとこ取りな感じで、上手く(旨く)コラボされている様子が伺えました。

角屋のコラボつけ蕎麦のチャーシューサイド

麵やようか仕込みの豚チャーシュー、地元・山崎醸造の塩麹と角屋のめんつゆを使った鶏ハム、角屋のめんつゆに漬け込んだ味玉半分、カイワレ大根。間に大葉の天ぷらがサンドイッチになっているのがユニーク。

角屋のコラボつけ蕎麦素揚げ野菜サイド

お皿の反対側には、茄子・ゴボウ・ニンジンの素揚げと、麵やようかの「鶏しお系」ラーメンに入っている細めなメンマがこんにちは。

角屋のコラボつけ蕎麦の布海苔そばリフト

そしてメインの麺は、角屋さんご自慢の、コシの強さと喉越しの良い布海苔そばです。

角屋のコラボつけ蕎麦2種類のつけスープ

麺のいろいろな表情を楽しめるよう、スープは醤油と味噌の2種類の味で用意されていました。

  • 醤油スープ:麵やようかの醤油ダレ・鶏ガラスープ・煮干しオイルに、角屋のめんつゆを合わせたスープ
  • 味噌スープ:麵やようかと共通の味噌ダレを使用し、角屋のめんつゆを使用したスープ(山崎醸造の味噌使用)

2種類のスープには、お店からの食べ方のおすすめもありました。

  1. まずはそれぞれの味で楽しむ
  2. 2種類のスープをお好みで混ぜ合わせて楽しむ
  3. 最後はスープをそば湯で割って楽しむ

醤油・味噌ともにスープは絶妙な配合になっていて、どちらかのお店で味わったような懐かしさもありながら、全く初めての味わいのようにも感じ。どちらかというと、私は味噌スープの方が好みでした。
この2種類のスープは麵やようかでも提供されましたが、ようかではラーメンに合うように配合も少し変えて提供されていたとのことです。

〆のそば湯と蕎麦猪口
二種類のスープを合わせ蕎麦湯で割ってみた

お蕎麦屋さんなので、〆にはやっぱり蕎麦湯が提供されます。スープの入った器が大きいので、蕎麦湯と一緒に蕎麦猪口も提供され、その中で割って楽しめるようにな配慮がありました。

麺をつけて食べていた時は、味噌味の方が蕎麦にも合って美味しいな!と感じたスープも、蕎麦湯を楽しむには、2種類を合わせて蕎麦湯で割って飲むのが美味しかったです。

ボリュームもあってお腹いっぱい。ご馳走様でした。

おしまいに

日本初であろうという今回の企画「おぢや麺フェス」。普段はあり得ない組み合わせでの斬新なコラボが楽しめ、蕎麦ツユにラーメンスープの要素が意外に合うことも新発見でした。

もう少し自分に時間が合ったら、コラボの逆バージョン(麵やようかにて)も食べてみたかったですし、参加店舗はどこもお馴染みの有名店なので、全8種類制覇してみたかったのも正直なところです。小千谷ならではの麺を通じてのイベント、また次回を期待します。

--- Saturday, December 7, 2019 ---

角屋の店舗外観遠景

元祖小千谷そば 角屋(明治22年創業)
新潟県小千谷市大字桜町4992 ※地図

麺や ようか♪

ちび子の「塩らーめんが食べたい!」のリクエストがあり、ネット検索でみつけた麺や ようかさん、初訪問です。ラーメン激戦区の小千谷にありながら、食ログ上位の人気店でもあります。なんでも、東京の有名店・大喜で修業したご主...

角屋♪

明治の時代から続く、小千谷そばの老舗 角屋さんにお邪魔しました。昼時を少し外し、午後1時の訪問。しかし、有名老舗はラーメン店並みの大混雑ぶりで、ウェイティングボードに記名し、中待合で10分ほど待...

日本初!へぎそば×ラーメン
小千谷最強麺コラボ【おぢや麺フェス】
開催期間:2019年11月11日~同年12月9日

関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※

コメント(6)

There are no comments yet.

さえき奎  

2019/12/12 (Thu) 14:36

こういうの大好きです(笑)。
もちろん蕎麦もラーメンも好きだからなんですが、コラボというより
お祭好きなんですね(笑)。こういうこと、やってくれそうなところは
今住んでいるところではなさそうです(一応うどんではかなり有名な
街なんですが)。
それにしても、コラボが美味しいのは、元々どちらも美味しいからと
いうことに他ならないんでしょうね。
ちなみに私の故郷北海道の道東の弟子屈という町(摩周湖のある町です)
には「両国食堂」という蕎麦屋さんがありまして「そばラーメン」なる
蕎麦出汁に中華麺が入ったメニューを提供しています。今では東北にも
同様のメニューがあるそうですがここが元祖です。これがまた不思議な
美味さなんです(笑)。

mizu  

2019/12/12 (Thu) 19:57

こんばんは

雪国越後のパワーを感じますね。
へぎそばとラーメンのコラボですか!!
たしかにこれは最強ですね。

ススム  

2019/12/12 (Thu) 21:40

楽しい企画ですね

蕎麦とラーメンのコラボは珍しいですね。
相方のラーメン店では中華そばに天ぷらがトッピングのような感じなのでしょうか。

私は保守的なところがあるので本当はどちらもデフォルトで食べたいんですが、町おこしのような企画は面白いし、そふぃあさんが美味しいと思ったなら大成功でしょう。

蕎麦ツユとラーメンスープ・・・ちょっと想像できませんが、異業種の交流で新しい味が誕生する可能性もありますね。

そふぃあ  

2019/12/13 (Fri) 07:45
そふぃあ

To さえき奎さん

こんにちは。いつもありがとうございます。

食のイベントは楽しいですね。
有名店揃いなので、何処に行こうか迷うところから楽しい。

お店のご紹介もありがとうございます。
東北にあるそばラーメンはメディアで見た気がします。
元祖のお店行ってみたいです。(北海道旅行はあこがれです)

今回のイベントに参加のつるりさんは、普段でも変わった、蕎麦とラーメンの融合メニューがあります。
両国食堂さんとは逆に、ラーメンスープに蕎麦っぽいハイブリッド麺が入っています。
これもなかなかイケます。

そふぃあ  

2019/12/13 (Fri) 07:53
そふぃあ

To mizuさん

こんにちは。いつもありがとうございます。

大きな大会が県内で開催されていたこと、このイベントで知りました。
地元ならではのイベントで盛り上がって、さらに集客に繋げようというのは、小千谷のパワーを感じます。
なかなかユニークなメニューが揃っていて、何処のお店に行こうか迷いました。

そふぃあ  

2019/12/13 (Fri) 07:58
そふぃあ

To ススムさん

こんにちは。いつもありがとうございます。


面白い企画でした。
相手店の麵やようかさんでは、角屋さんの四角いそば容器に、ふすまを混ぜ込んだそば風の小麦麺を生み出していたようです。
実は参加店の中には、すでに「ハイブリッド麺」と称して、小麦粉と蕎麦粉をブレンドした麺でラーメンを食べさせてくれるお店もあるんですよ。

私も普段ならデフォルトで食べる方が美味しいと感じると思います。
イベントはそれだけで特別なので、こういう奇抜なアイデアも楽しかったです。