attention admin about comments trackbacks you may also like

【県北はらこ旅おまけ話】村上城下町散策悲喜こもごもと、夕刻の不思議な空

2019年12月21日
お出掛け
14
歴史探訪 ご当地グルメ 自然 Dawn太4歳9ヶ月
うおやの店前に寒干しされた塩引き鮭

「千年鮭 井筒屋」での食事予定時刻まで小一時間の待ち時間があったので、その間を利用して、ぶらぶらと村上の街中を散歩してみました。

春の「町屋の人形さま巡り」で訪れて以来の村上城下散策でしたが、いろいろと変化があって、少々心がざわつきました。プラスαなお話など…。

安善小路(黒塀通り)

安善寺楼門前に立つDawn太

立派な楼門を構えるのは、明暦元年(1655年)10月19日創建の浄土真宗大谷派のお寺、三藤山「安善寺」です。

城下町の情緒漂う黒塀が続くこの小路は、古くからこのお寺にちなんで安善小路あんぜんこうじと呼ばれ、町屋(旧町人町)と寺町とを結ぶ通路でした。江戸時代の元禄2年(1689年)松尾芭蕉と弟子の曾良が奥の細道行脚の途次、小町にある宿久左衛門(井筒屋)に宿泊の際は、この安善小路を通って寺町の浄念寺に参拝した歴史の道とも伝わっています。

黒塀通りに立つDawn太

周辺地の塀は以前から黒かったわけではなく、安善小路周辺を昔ながらの城下町村上の景観に近づけようと、平成14年(2002年)住民発足で資金ゼロからはじまった「黒塀プロジェクト」により、黒塀による城下町の景観作りを行ったものです。(後にこのプロジェクトは国土交通省美しいまちなみ大賞受賞)以後「黒塀通り」や「黒塀小路」などと呼ばれ、タイムスリップしたような趣のある風景が広がる小路に生まれ変わっています。

村上にオープン間もない「パンの国マーニ」

パンの国マーニの看板とDawn太

旦那が「村上に新しいパン屋ができたよ!」というので立ち寄ってみたのは、黒塀通りを抜けた先の寺町にあるパン屋さん。2019年6月26日のオープンしたばかりの「パンの国マーニ」です。

るりはり♪【閉店】

----- Sunday, February 23, 2014 ----------今年も、『町屋の人形さまめぐり』が始まれば、観光客も多くなってお店も混むと思ったので、一足先に城下町・村上へ!相変わらずの景色のなかに、先日のソチ五輪で、最年少メダリ...

こちらの店舗、以前はランプの灯りだけで食事が楽しめる▲るりはりという町屋カフェがあったところで、今年の春に「町屋の人形さま巡り」で訪れた際、久しぶりにランチ利用してみようかと思ったら、お店が閉店していてガッカリした記憶も新しい場所でした。

こんなにも早く、次のお店が入ってくれたなんて!

パンの国マーニの外観

しかも、るりはりさん当時のままの店構え。店内もほとんど改装無しで、入った途端、懐かしさでいっぱいになりました。

パンの国マーニのはりねずみのとげちゃん

翌朝用に数種類パン購入してきましたが、はりねずみのとげちゃん(ピーナツクリーム)とっても可愛くて♡

あとで知ると、開店前から行列ができるような人気店とか。
私は少し時間がズレていたためか、混雑無し、待ち無しで即購入できてラッキーでした。

パンの国マーニ(2019年6月26日OPEN)
新潟県村上市寺町1-6 ※地図

村上の老舗パン屋、小町の「トラヤ」は閉店しました

閉店してしまった小町のトラヤ
在りし日のトラヤ

きっと新潟県民のアラフォー以上の世代はみんな歌えるはず。あの「村上小町のトラヤのパン♪」の懐かしのCMソングでも有名な「トラヤ」さんの店のドアに、このような告示書が貼られていました。同じ終わるにしても、こんな終わり方って…(泣)

ちょっと脱線~トラヤにて~【閉店】

Sunday, February 23, 2014 --- 黒塀通りを抜けた先にあったので、2010年10月に訪れて以来だった村上小町のパンと洋菓子のお店「トラヤ」さんにお邪魔しました。このお店のCM。私より少し下の世...

冬季五輪に出場したスノーボードの平野歩夢選手や、NGT48の本間日陽さんなど、地元・村上出身の子たちを応援し続けた、話好きで明るかったお母さんの顔ばかり思い出されました。どうかお元気で。

がんばっています!瀬波温泉の老舗まんじゅう店「元祖きむらや」

元祖きむらやのおふくさんが手にしている饅頭

老舗店が元気に営業しているだけで有難い気持ちになるね!

二代目おふくさんとDawn太

村上を後にし、「久しぶりに温泉饅頭が食べたい」の末っ娘のリクエストで立ち寄った瀬波温泉街。

瀬波温泉でお饅頭といったら、昭和23年(1948年)創業の「元祖きむらや」があまりにも有名。
看板娘の「おふくさん」は二代目、お店のお饅頭は、現在三代目が製造されている老舗店です。

一個おまけのサービス付き

15個入り一箱購入したら、お饅頭一個サービスしてくれました!

元祖きむらやの瀬波饅頭

【元祖きむらやの瀬波まんじゅう】味は右から抹茶・糖蜜・紫蘇。
老舗らしい丁寧な仕事でどれも美味しいですが、私は他店にはない紫蘇まんじゅうが好きです♡

元祖 きむらや
新潟県村上市瀬波温泉2-6-25 ※地図

旅の〆に遊んだ海岸で見た不思議な空

この日は夕方から雨になるような予報だったので、お日様があるうちにと、村上帰りに時々Dawn太のガス抜きをしてから帰る海岸へと立ち寄り、翌日からの雨に備えてたっぷり走ってもらいました。

勝手に砂浜へ走って行ったDawn太

普段はそんなこともしないのに、クレートを開けたら、勝手に車から降りて走って行ってしまいました(汗)

風が強くて海も荒れていたので他に釣り人も無くて、飼い主も「貸し切り状態だ!」と気を抜いていたのが悪かったのだけど…。

逆光が眩しい砂浜

まだ午後三時半。
冬のこの時間、すでにかなり陽が傾いて眩しい~!

順光になると影が長い

あまりの眩しさに太陽を背にして走らせると、今度は長い影にDawn太が入ってしまい、順光にしても同じように写真が撮りづらい日でした。

走ってくるDawn太と私の長い影

映り込みたくなくても、長い影が参加中!

走り終えて満足そうなDawn太

前日もキッチリ陸上部だったDawn太なので、15分も猛ダッシュすると、この日も満足そうな顔になってくれました。

太陽の反対側にできていた、この光芒(光柱)は何という現象?

Dawn太が走り終わる頃、ふと目に留まった不思議な空の光景。

太陽の方を向いた空の様子

▲こちらは太陽がある方角の空の様子。

太陽を背にして見える光柱のある空

そして太陽を背にした反対のこの空が▲この日、不思議に思った問題の空。

雨が降る少し前だったので、すでに上空は厚い雲が覆い始めています。一部、穴あき雲のような部分も見られます。
海の真上なので、最初、海水の水柱なのかと思ってあまり気にも留めなかったのですが、よく見ると、穴あき雲から漏れている太陽光のようでもありました。

太陽をは逆方向にできた不思議な一本の光柱

太陽とは反対側の空に出現した光の柱。
放射状に伸びていなくても反薄明光線(裏後光)⁉また別の呼び方があるの⁉

カメラ目線でお願いしているDawn太

ちょっとそこの空の先生…
あまりものを知らないウチのかぁ~さんに、この正式名称を教えてやってください。
どうぞ、よろしくお願いします!

このあと近くの公共施設で水を頂戴し、しょっぱい砂の付いたDawn太の足を綺麗に洗ってから車を走らせると、間もなく大粒の雨が落ちてきました。

--- Sunday, December 8, 2019 / Dawn太 生後1,749日 ---

関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※

コメント(14)

There are no comments yet.

ススム  

2019/12/21 (Sat) 21:48

こんばんは

安善寺の荘厳な門構えもさることながら、撮影の腕がプロの域ですね。
私だったら、庇よりもっと上まで全景を入れようとして、平凡な画像になってしまいそうです (笑)

黒塀通りも本当に上品な黒で、この日の空の色ともピッタリ融合して見えます。

芭蕉と曾良が歩いた歴史ある小路を、そふぃあさんとDawn太君のレポで堪能させていただきました。

さえき奎  

2019/12/21 (Sat) 23:57

今晩は

そふぃあさん、今晩は。今日は外出先から先程帰宅して、今頃みなさんの
ところへお邪魔しています。
饅頭、美味そうですね・・・もう何年饅頭を食べていないだろう。饅頭にしろ、
大福にしろ私は断然こしあん派です。つぶあんは認めません(笑)。

えーと、ソラの話でしたっけ(笑)?
先生じゃないんですけど、ソラおたくとしてDawn太くんにお答えします。
まず第一点ですが、この空間は「穴あき雲」ではありません。積雲の雲塊
同士の隙間だと思います。穴あき雲の場合は、雲を構成する過冷却の状態
(氷点下にありながら凍っていない状態)にある水滴や氷晶が、何らかの
刺激を受けて急速に氷晶として発達し、その重みで落下を始める現象です
(ライミングといいます)。つまり、文字どおり雲の一部が落下して穴が
空く現象なんですね。この画像の穴の中央部、もやもやっとしてみえるのが
落下する氷晶です。

https://7cascades.blog.fc2.com/img/2P2A8695-3.jpg/

そして、第二点ですが

>放射状に伸びていなくても反薄明光線(裏後光)⁉また別の呼び方があるの⁉

これは反薄明光線だと思います。放射状に見えないのは、たまたま隣合った細い
2本の光芒の、下の方の短い部分しか見えていないためです。よくよくみると
きちんと下の方へ向かって収束しているのがわかります。もう少し雲の隙間が
大きく開いていれば、もっと光芒の本数も多く放射状に見えたと思います。
反薄明光線というのは、薄明光線に較べるとかなり珍しい現象ですね。きっと
そふぃあさん日頃の行いがよろしいためだと思われます(笑)。私などはもう
十年以上も見ていません(笑)。

NOB  

2019/12/22 (Sun) 06:33

おはようございます。

慣れ親しんだ老舗のパン屋さんが無くなるのは地元の人達にとっては残念ですね!
うちの近所のパン屋さんは後継者がいなくてお店を閉められました。(;^_^A

そふぃあ  

2019/12/22 (Sun) 08:44
そふぃあ

To ススムさん

こんにちは。いつもありがとうございます。

今日もお褒めいただきありがとうございます。
種明かしをすると、私も広角レンズを持っていたら、きっと楼門の全容を写したのだと思います。
昔ながらの狭い小路なので、これ以上、後ろに下がれなくてこの構図でした(汗)
これも怪我の功名でしょうか⁉(笑)

古人の通った道。
ほんの短い小路ですが、現代の観光スポットや地域づくりのモデルコースとなっていることに、時代の流れを感じます。

そふぃあ  

2019/12/22 (Sun) 08:54
そふぃあ

To さえき奎さん

こんにちは。いつもありがとうございます。
お疲れのところ、丁寧にお答えいただけて嬉しいです。

説明がとても分かりやすいです。さすが空の先生!
そう言われてみれば大きな雲の塊同士の隙間でると一目瞭然ですね。
ご紹介していただいた穴あき雲。
検索するとたくさんこういう画像が出てきたのですが、できる仕組み(条件)から全く違うのですね!


反薄明光線であるという答えも、解説を聞けば一々頷けます。
たった二本の光芒ですが、確かに扇状に開きを感じられます。
いや~!お答えいただけてスッキリしました。
どうもありがとうございました。

いつか奎さんに、こしあんのお饅頭プレゼントしなければ!(笑)

そふぃあ  

2019/12/22 (Sun) 08:59
そふぃあ

To NOBさん

こんにちは。いつもありがとうございます。

CMソングがあるくらいのお店で、お店に行ったことのない子ども時代から遠く離れた土地に住む私でも知っていたので、地元の方々のショックはなおのことでしょう。
NOBさんのご近所のパン屋さんと同じく、我が家の近所のパン屋さんも、後継者が無くて数年前に閉店しています。
新しくできるモダンなパン屋さんも美味しいけど、昔ながらのお店は味もあって良かったのに…と残念です。

さいさん  

2019/12/22 (Sun) 13:44

どのお店もそうだけど続けていくって大変なんでしょうね( ´・ω・`)
ハリネズミパン食べてみたい!

柴犬マイア  

2019/12/22 (Sun) 15:18

綺麗な陽の光ですね。こういう風景はこちらでは拝めません。
日本海側は厳しい天候もあると思いますが、こういう綺麗な光景にも会えるんでしょうね。
パン屋さん、倒産とは残念です。競争が厳しい業界なんでしょうね。

そふぃあ  

2019/12/23 (Mon) 06:55
そふぃあ

To さいさん

こんにちは。いつもありがとうございます。

老舗店の立ち位置の難しさでしょうかね⁉
古臭くてもいけない。変化し過ぎてもいけない。
後継者問題も深刻ですが、こういう終わり方はショックでした。

新しいお店、がんばって欲しいと思います。

そふぃあ  

2019/12/23 (Mon) 07:01
そふぃあ

To 柴犬マイアさん

こんにちは。いつもありがとうございます。

晴天の空も綺麗ですが、雲の多い日は空の表情も違いますし、こういう現象にも出会えるので、日々それぞれに楽しみがあります。
こんな偶然も、ワンコが一緒だからこそ!なのでしょう。

パン屋さん、残念でした。
地元の人たちもショックだったと思います。

mizu  

2019/12/23 (Mon) 10:21

こんにちは

いつもありがとうございます。
瀬波温泉懐かしいなぁ~。
この海岸がトライアスロンのスイム会場なんです。
ここから笹川流れを自転車、市街地をランニングしましたよ。
今はすっかり体力の衰えを感じております^^

そふぃあ  

2019/12/24 (Tue) 07:59
そふぃあ

To mizuさん

こんにちは。いつもありがとうございます。

そうかぁ、県北の超人レース、この辺りが会場になっていたのですね。
綺麗な海岸線の自転車コースも、レース中は景色は堪能できるものなのかな⁉
若いころに作った体力の器。
きっと今の健康にも役立っていますね!

よつば  

2019/12/25 (Wed) 09:46

d( ̄◇ ̄)b グッ♪

そふぃあさん おはようございます

どの写真も良いアングルで Dawn太くんも良い位置に構えてて、最高のレポートですね♪
ハリネズミのピーナツクリームパン、美味しそう♡
老舗の温泉饅頭の温泉マークが温泉饅頭にピッタリ!これも美味しそう♡
雲の切れ間からの太陽の光、面白い現象ですね~!
こんな瞬間も捉えられるなんて、そふぃあさん持ってるね~d( ̄◇ ̄)b グッ♪

そふぃあ  

2019/12/26 (Thu) 08:00
そふぃあ

To よつばさん

こんにちは。いつもありがとうございます。

拙い写真お褒めいただいて恐縮です。
以前、新潟市内にも年配パン職人さんが生み出すハリネズミパンが可愛くて、美味しかったことを思い出しました。
新しいお店も、地元の人や観光客に愛されるお店になって欲しいです。

雲間からの光、珍しい現象だったらしくて、良い場面に出会えました。
これも、外遊びが好きなDawn太のお陰ですね。