attention admin about comments trackbacks you may also like

胎内市【にぼにゃん】近年トレンドのセメント系ラーメンいただきました

2020年02月05日
イケ麺パラダイス
12
ラーメン
にぼにゃん提供のセメント系とあっさりにぼしラーメン

近年流行りの煮干し系ラーメン。新潟県内にも、煮干しスープで提供する店が点在するようになりました。

淡麗系はすでに体験したことがありましたが、これまで耳にしたことも無かった「セメント系」なる新ワードのラーメンを提供する店が県内にあると知って以来、ずっと気になったままだったお店にようやくお邪魔してきました。

地元愛の強い若きご夫婦が営む「煮干らーめんとかき氷の店 にぼにゃん」

この度お邪魔した「煮干らーめんとかき氷の店 にぼにゃん」は、胎内市出身のご店主が地元の人たちに美味しい煮干しラーメンを食べて欲しいと、平成30年(2018年)12月に胎内市新栄町に開いたお店です。

にぼにゃんの看板とペットサロン

店は国道7号(中条黒川バイパス)沿いにあり、目印は「にぼにゃん」の描かれた▲このオレンジ色の看板。

ナビ案内が「目的地周辺です、お疲れ様でした。」と終了した直後に看板を見落として通り過ぎ、Uターンで戻ってくるという…(汗)

実は、看板脇の目立つ建物は「わんダフル銭湯」というペットサロンで

にぼにゃん店舗外観

「にぼにゃん」の店舗は、同敷地内のさらに奥まった場所にある▲こちらの建物になります。(奥なので、初めてだと行列でも無い限り、通り過ぎてから気づきます笑)

ちなみに、左隣の白い建物は「ドコモショップ中条店」です。

店の入り口ドアに貼られているにぼにゃん

入口ドアで「にぼにゃん」がお出迎え。

自宅からはかなり距離があり、一生懸命に走って来ましたが、昼の部営業終了の午後二時ギリギリに到着(こんな時にUターンで時間食ってしまったし)。大急ぎで店に飛び込み「まだ大丈夫ですか?」と尋ねると、ご店主の快い返事が返ってきて一安心でした。

お店がオープンして半年くらいの頃、一度、店前を通過することがありましたが、「きっとこれは一時間待ち間違いない」と思えるくらいの行列ができていたのでずっとずっと先延ばしになり、オープンから一年が経過したこの時期、ようやく念願の初訪問となりました。

店内の様子

店内入って左手側に券売機があり、ここで食券を求めてから席に着きます。

メニューは「濃厚」「あっさり煮干し100%」「あっさり」の三本柱。この他に期間限定メニューやサイドメニューなどあり、この日はすでに伊吹いりこを使った「あっさり煮干し100%」は完売でした。

店内は厨房前にカウンター席、窓側にはテーブル席が三つほど。その他に小上がり席もあり、小上がりの後ろにはこれでもか!と産地入りのいりこの箱が山積みになっていました。(企業秘密でなくて良いのかぁ笑)

レモン水が用意され、お茶やお冷はセルフサービス。昼の部終了間際の時間にも関わらず、まだ二組のお客さんが食事中でした。

にぼにゃんでは「店内写真撮影禁止」の案内があります。
店主や客が映り込むような店内写真はNG。自分が注文したものに関しては撮影OK!卓上品までならギリギリセーフで大目に見てもらえるようで、食べログなどにも掲載されていますが、内観写真は一枚も掲載されていないという徹底ぶりです。

人生初の「セメント系」いただいてみました

にぼにゃん提供の特上濃厚にぼしラーメン

▲特上濃厚煮干らーめん(990円)

時間ギリギリに飛び込んだので、丼父があまり良く見ないままに食券ボタン押してくれ(笑)本人の意図しないメニューが出てきたので、今回は私がいただきました。

二種類の濃厚煮干しらーめん

その後、丼父が注文した「濃厚煮干しらーめん(790円)」と比べると、豚・鶏チャーシューが二倍量、それに味玉一個付いたものが「特上」メニューになります。

角切りの玉ねぎに岩海苔トッピング。背脂無しの燕三条系ラーメンをも彷彿とさせるトッピング内容です。

にぼにゃんのあっさり系と濃厚スープの違い

ちなみに、末っ娘が注文したあっさり系の「煮干しらーめん(690円)」と並べるとこんな感じ。

メニューに「煮干し100%」があることからも、こちらは他店にもあるような煮干しダシと動物系の、親しみやすいWスープ仕立てになっていると思われます。

セメント系スープのアップ

では、まずはセメント系スープを一口…。

おぉ!これはニボニボ感が凄い。口に入れた瞬間、ガツン!とやってくる煮干しの風味が口の中を占領していきます。

コクある味わいの青口煮干しや、旨味が優しくふわっと広がる白口煮干し、長崎産アゴ煮干しといった違う品種がブレンドされているので、それぞれの煮干しの良い部分がギュッと凝縮されているのでしょう。臭みなどはあまり感じませんが、食べ進むと少し苦みが感じられました。

そしてこのスープの様子を見てもうお気づきでしょう、なぜ「セメント系」といわれるのかが。

濃厚に煮出した煮干しスープに合わさるのは、鶏を主体とした白湯スープ。両者が合わさった時の様子が濃い灰色でセメントのように見えるから「セメント系スープ」などと表現される場合があります。白湯と合わせることで、清湯スープと合わせる以上にニボニボ度を高められ、なのに煮干し特有の臭みやエグミは軽減させられるという利点があるようです。

にぼにゃん提供の全粒粉麺

そんなスープに合わせるのは、博多ラーメンの麺を少し太くしたような歯切れと印象をもつ、全粒粉入りの中細麺。

少し硬めに茹で上げられ、なかなか良くできた麺だと思いました。

にぼにゃんの豚バラチャーシュー

とろける豚バラチューシュー四枚サイド

にぼにゃんの鶏モモチャーシュー

しっとり鶏モモチャーシュー二枚サイド

にぼにゃんの味玉

割ったら、味玉の黄身がトロットロでした。

卓上にあったにぼし酢をいれてみる

途中で、卓上に用意されていた「にぼし酢」を少し入れてみました。

一瞬、ご店主がチラッとこちらを見た気が…(笑)

にぼし酢は和え玉に使いましょう

それもそのはず。にぼにゃんでは替え玉ならぬ和え玉があり、にぼし酢は和え玉に入れて食べるのが本来の姿。

だけど、濃厚煮干しに合わせる濃厚白湯スープにも、にぼし酢はスープをさっぱりさせる効果があって美味しかったです。

おしまいに

この度の「あっさり煮干し100%」のように、用意したスープが無くなれば完売になってしまいますが、あえて数量限定メニューなどにしないところに、煮干しラーメン専門店としての好感が持てるお店でした。

味的には不味くはないのですが、スープ量の少なめなセメント系は、意外と食べ難いものなんですね。そして、大量にのったトッピングが冷たいままなので、丼全体の温度が少し低めであるのも気になりました。

和え玉にも挑戦してみたかったですが、一つ注文するとラーメン一杯分の麺量になるというので、半量の和え玉があったら良いのにとも思いました。

開店当初の同メニューと比べても、スープの味やトッピングのチャーシューなどが変化しているらしく、いまだ試行錯誤が感じられるようです。もう少し個性を出して欲しいとも思い、お店はまだまだこれからが本番でしょうか。また時期を見て訪ねてみたいと思います。

ご馳走様でした。(Saturday, February 1, 2020)

国道沿いにあるにぼにゃんの看板と鉛色の空

煮干らーめんとかき氷の店 にぼにゃん(2018年12月19日OPEN)
新潟県胎内市新栄町4-15 ※地図

関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※

コメント(12)

There are no comments yet.

しんべい  

2020/02/05 (Wed) 12:05

こんにちは

確かに、熱々の麺に冷たいトッピングは気になりますね。ラーメンに生玉ねぎ?というのを初めて見ましたが、ラーメンと合いますか?
魚だしのラーメンは、あっさりしていて好きです。太麺なところもいいですね^^

さえき奎  

2020/02/05 (Wed) 15:57

連日垂涎記事をありがとうございます(笑)。
実は私は、子供の頃街にあった評判のラーメン屋さんが煮干し出汁だったので、煮干し系ラーメン愛の人だったりします(笑)。
そふぃあさんも書いておられるように、ラーメンのスープ少なめは絶対に許せない人でもあるので(少なくとも麺の上1cm以上のスープは必須だと思っています)セメント系とか最近の流行りの野菜ポタージュ系はどんなに味がよくても苦手です。
末っ娘さんがオーダーされた「煮干しらーめん(690円)」がすごく美味そうですね。
私ならこれの大盛りで決まりです(笑)。
今週、仕事でやむを得ず新宿まで出向かなければならなくなりました。
普段なら絶対に贔屓の店の「煮干しラーメン」を食してくるところなんですが、今は1分でも東京の空気を吸っていたくないのでどうしたらいいものか悩んでいます(笑)。

kyonzy  

2020/02/05 (Wed) 21:29

セメント系なる新たな表現が出来たのに驚きました(笑)
そして、きっと煮干し系のラーメンが苦手な私には絶対に食べれなそうな色合い(苦笑)
うーん、煮干し出汁のお味噌汁は好きなんですけどねぇ、ラーメンとなると苦手なんですよね。
残念!

そふぃあ  

2020/02/06 (Thu) 07:34
そふぃあ

To しんべいさん

こんにちは。
いつもありがとうございます。

最近のラーメン店は何処も仕事が丁寧なので、客の満足度が高くなるにつれ、お店側のハードルも高くなりますね。
丼内の温度も重要だと思うので、良い方向で改善してくれたらと思います。

ラーメンに玉ねぎは合いますよ。
新潟県内にあり、背脂チャッチャ系の元になったのでは!と言われる燕三条系ラーメンは、トッピングに玉ねぎのお店も多いです。
トッピングの追加メニューに玉ねぎがあると、私は迷わず追加注文するくらい好きです。

そふぃあ  

2020/02/06 (Thu) 07:44
そふぃあ

To さえき奎さん

こんにちは。
いつもありがとうございます。

煮干しダシのラーメンは、昔懐かしさを感じる人も多いことでしょう。
末っ娘の食べたラーメン、私も美味しそうに思いました。
同じ食材を使っても、配合量の違いで、こんなにも進化してしまうのもユニークです。

私、温度差のあるつけ麺は苦手意識がありましたが、スープ量の少ないのも抵抗があるのだと、今回食べてみて気が付きました。
スープの味の問題でなく、昔ながらにたっぷりなスープを啜って食べるのが好きみたいです。

ウチは今日、出張で出掛けています。
東京の美味しいラーメン屋さん、きっと格別なのでしょうね。
このご時世ですので、精神衛生上、良いと思える方を選んでください。

そふぃあ  

2020/02/06 (Thu) 07:48
そふぃあ

To kyonzyさん

こんにちは。
いつもありがとうございます。

ラーメンの世界、次々に進化系を生み出しますね。
煮干しスープもWスープも以前からあったのに、ちょっとした違いでまた別物になってしまうのが面白い。

煮干しラーメン苦手で残念です。
味はなかなか良かったんですけどね。

よつば  

2020/02/06 (Thu) 09:17

そふぃあさん おはようございます

セメント系ラーメンって表現に驚きましたが、今はそういうラーメンが流行ってるんですね
煮干し系のこってりスープなんですね!色合いと、こってり加減がまさにネーミング通りですね

玉ねぎのトッピングとか、煮干し酢ってのがあるのも初めて知りました!
どちらかというと一つ前の記事で紹介されてたほうの🍜のほう食べてみたいなぁ☆

駐在おやじ  

2020/02/06 (Thu) 14:51

セメント系 www そう言えばどこかで聞いたような気がします
名前はとても おいしくなさそうな名前ですね www

ニボニボ感 に笑ってしまいました。
分かりやすい表現ですが、 あまりにも・・・ だったので ^^

ニボシ酢って? 和え玉ってなんですか? 追加ではなく麺だけ食べるんでしょうか?
酢をかけてって 混ぜそばみたいですね ^^

  駐在おやじ

NOB  

2020/02/06 (Thu) 20:27

この手のラーメンって博多ではなかなかお目にかかる事ないです。(;^_^A
一時期塩ラーメンが流行ったお店があったんですけど、豚骨ラーメン店に変わってました。(;^_^A

煮干しラーメン一度は食べてみたいですね!

そふぃあ  

2020/02/07 (Fri) 07:49
そふぃあ

To よつばさん

こんにちは。
いつもありがとうございます。

ラーメンの世界も日々進化していて、毎年トレンドがあるみたいです。
詳しい人に言わせたらセメント系も、定着しつつある古いものになってしまうかも知れません。
ホント、見たままのネーミングですよね。

玉ねぎのトッピングは美味しいですよ。
県内にある「燕三条系」の背脂チャッチャらーめんには、ネギでなく玉ねぎトッピングのお店があります。
背脂の大きさに近いのに、食感が違うのでアクセントになります。
酢はコッテリを軽減してくれるので、これもラーメン界ではある手法ですね。

そふぃあ  

2020/02/07 (Fri) 07:57
そふぃあ

To 駐在おやじさん

こんにちは。
いつもありがとうございます。

見たままのネーミングですが、にぼしの強い味が好みな人には美味しいセメントスープだと思います。

和え玉は替え玉の進化系といったら良いでしょうか…。
このお店のオリジナルメニューではなく、煮干しラーメンを提供するお店の多くが出しているものです。
替え玉は茹でた麺だけですが、和え玉は皿の上にタレや麺、コロチャーシューなどの具材も少し乗っています。
まぜそばのようにして食べても良いですし、つけ麺のように残ったスープで食べても良し。
なので、にぼしの風味を移した風味ある酢をちょい足しし、まぜそばのようにすると美味しくいただけるみたいです。

そふぃあ  

2020/02/07 (Fri) 08:00
そふぃあ

To NOBさん

こんにちは。
いつもありがとうございます。

博多ラーメンは、何処まで行っても博多ラーメン一徹な感じなのでしょうね。
強い信念のようなものを感じます。

濃厚煮干しスープのお店、博多ラーメンのような麺が多いみたいで、そちらでも流行ってくれそうな気がします。
近くで見つけたら是非試してみてください。