attention admin about comments trackbacks you may also like

2020年も行って良かった!【第71回十日町雪まつり】少雪にも負けずに開催

2020年02月27日
お出掛け
18
イベント 伝統 Dawn太4歳11ヶ月
十日町駅前の雪像とDawn太

毎年この時期、芸術のまち・十日町市で開催される「第71回十日町雪まつり」に行ってきました。

令和初となる十日町雪まつりは近年まれにみる雪不足に泣き、開催前から地元の方々の苦労が伺えましたが、その規模は縮小されても、やはり凄いものは凄い!完成した雪像の数々を、時間の許す限り巡って楽しんできました。

現代雪まつり発祥の地「十日町雪まつり」とは

十日町雪まつりは昭和25年2月4日・5日に初めて開催されました。 「雪を友とし、雪を楽しむ」という住民の自発的な思いから生まれたこの雪まつりは、冬の厳しさも美しさも知り尽くし、雪に打ち克つ気概が生んだ発想です。 こうした発想の背景には、終戦以降、製造が禁止されていた絹織物製品の生産が再開され、地元産地を元気にさせるような社会的、経済的状況がありました。 第1回の雪まつりは、十日町文化協会が主催し、雪の芸術展や雪具供養の火の周りで十日町小唄を踊る雪中カーニバルやスキー駅伝大会などが主なイベント内容でした。このように日本で最初に住民が主体となって雪まつりを行ったことから、十日町市は、「現代雪まつり発祥の地」として知られています。

十日町雪まつり/十日町市ホームページ

暖冬少雪に苦しんだ令和初開催

例年なら2mを超える積雪があるはずの十日町市。ところが今年は豪雪地帯もご多分に漏れず、メイン会場に予定していた十日町高校グラウンド周辺に積雪が無く、一時は雪まつりの開催も危ぶまれるほどでした。

2月中旬頃になって若干の降雪量があったものの、巨大な雪像を造るには全く足りず、山から200トン余りの雪を運び込んでの会場づくり。例年は3日開催される祭りが2日開催に変更になり、イベント会場を移動して集中させるなどの工夫がされましたが、雪上花火や体験型プログラムは軒並み中止になりました。

毎年、各地区の住民ごとに企画する「おまつりひろば」も3ヶ所で中止が決定し、今年は18ヶ所のみ参加。雪像制作も6点減って51点となり、作品審査は中止となりました。

雪の芸術展【芸術部門】作品巡り

十日町雪まつりの原点ともいえるのが、市民や参加団体などによって造られる「雪の芸術作品」です。

今年は雪不足のため、参加作品もそのスケールを3分の1程度に抑えたと言われています。制作中から気温の高めな日も多く、開催初日は快晴、開催2日目は雨と、雪像にとっては最後まで過酷な条件が続いたと思います。

しかし、長年培ってきた技術や技法によって生み出された作品は、どんなにコンパクトでも、たとえ溶けかかっていたとしても、今年も力作ぞろいに違いはありませんでした。

3.神々のほほえみ

神々のほほえみ

神々のほほえみ②

制作団体:愛ing下条

4.雨上りの空に

雨上りの空に

雨上りの空に②

制作団体:ひのスノーマン

7.雪はともだち~WELCOME TO JAPAN~

作品説明板
干支のネズミさん
雪はともだち~WELCOME TO JAPAN~

制作団体:北新会with新田イベント研究所

歴代の作品写真19枚

国道252号と117号が交わる十日町市の玄関口ともいうべき場所にあった雪の雷門。制作グループは平成13年からこの場所で作品を作り続けておられ、今回が20回目の参加とのことで、歴代作品のパネル展示も行われていました。

12.アラ.雪?

アラ.雪?

制作団体:東部地区振興会

メイン会場として予定されていた「十日町高校グラウンド」が雪不足のため使用できなくなり、今年の雪まつりのメイン会場は「越後妻有交流館キナーレ」に変更されました。地元の方々がダンプで運び込んで完成した雪像は、子どもたちの楽しい遊び場になっていました。

私たちが行った時間、ステージ上では長岡市出身のいとこユニット「ひなた」が熱唱中。広場には真っ黒なバルーンの巨人「マキオ」さんもフワフワしていて、お祭りムードいっぱいに盛り上がっていました。

キナーレの裏壁に見つけた雪のヒトガタ

コミュニティひろばにはたくさんの飲食ブースもあって食事中の方々も多く、そこを犬連れで通るには申し訳ないので、あまり人のいない方から回ってキナーレ裏側まで出ると、建物壁に沿うように、ちょっとした雪のアートができているのを発見!

雪アートにはめ込まれたDawn太

で…、当然のように▲こうなる(笑)

14.絵本からこんにちは

絵本からこんにちは

制作団体:十日町青年学級・十日町市演劇協会

15.ザ・祭り2020

ザ・祭り2020

ザ・祭り2020②

制作団体:本町一丁目四区合同

越後妻有文化ホール「段十ろう」にあった空きテント

No14とNo15の2作品が置かれていたのは、越後妻有文化ホール「段十ろう」。有名人もコンサートに訪れる立派なホールがありますが、前日の15日(土)には雪まつりスペシャルステージも行われたそうで、その名残りと思われるテントがポツンと残されていました。

18.アナ・雪に夢チュー

アナ・雪に夢チュー

制作団体:関浅四季の会

アナ・雪に夢チュー②

少し標高の高い地域なので、平場よりも雪の量もあって大作!干支にちなんでネズミの雪像も多かったですが、こちらは繊細にできていて見応えもありました。

20.ホワイトラピュタ

ホワイトラピュタ

制作団体:城之古青年会

城之古地域の餅つき

城之古の皆さん、お昼に向けて餅つきイベントが始まるところでした。

21.白い大地に魅せられて

白い大地に魅せられて

制作団体:南雲土建㈱

22.和んチームで、行きマウス

代替

制作団体:内後町内会

23.一寸法師

一寸法師

制作団体:川治下妻会

誰もいないスノーチュービング

No21~23は、同じ「つまりひろば」が制作場所になっていました。
会場外にはスノーチュービングのコーナーも用意されていましたが、小雨が降り始めて誰も遊んでいない時でした。

つまりひろばのトイレ前

今シーズンならではの心遣いも。

24.one team

田麦ひろばへの道案内の雪だるま

「芸術部門」最後の会場がある「田麦ひろば」は山の上。例年、集落に向かう曲がりくねった山道がスリップして怖い場所だったはずが、今年は道路に全く雪が無い状態なので、車はエコドライブで上って行くという…(笑)

集落入口には、可愛い雪だるまさんが道案内してくれていました。

one team

制作団体:田麦有志と日本大学芸術学部

one teamのマケット
作品制作用マケット

毎年こちらの会場の作品は、田麦集落の人たちと、このイベントのために東京からやってくる大学生さんたちとの協力によってつくり上げられます。

今年は山村も雪が少なく、作品も不本意なものだったのでしょう…。マケットと呼ばれる模型が、作品の傍に展示されていました。

作品のマケット
実際の作品

マケットと実物。雪像は設計図どおり、忠実に形作られているのが分かります。さすが、芸術を専門に学んでいる学生さんたちの作品だけありますね。

one team裏側から
作品前に置かれたコーラの空き缶

コンディションさえ良かったら、力強くて繊細な、入賞可能な力作だったのだと思います。

会場前の雪解け水

例年なら2mも3mも雪が積もっているはずの山村でさえ、すでに雪解け水が轟々と家の前を流れている年なので、これも致し方ないことでしょう。

※No1・2・5・6・8・9・10・11・13・16・17・19・25・27は少雪のため制作中止

雪の芸術展【特別部門】作品巡り

芸術部門作品だと思って見学に行った十日町駅西口に制作された2雪像。特別部門に部門変更されて最終登録されていたようです。十日町駅西口にあった作品のみですが、特別部門も少しだけご紹介します。

36.チュー和

チュー和

制作団体:21世紀に羽ばたく教師の会Bチーム

37.ムーミン

ムーミン

制作団体:TDのゆかいな仲間たち

おしまいに

昨年の事故、今年の少雪と、二年続けて苦難続きだった十日町雪まつり。けれど変わらず、どの会場に行っても観光客をもてなそうという地元の人々の温かい気遣いを感じ、少し溶けかけた雪像たちも記録的な暖冬ならではの、長い歴史の通過点に過ぎないのかも知れません。

第72回開催年こそ安全で華やかな、またいつもの十日町雪まつりになりますように。

キナーレ裏のペインティングのアスファルト

--- Sunday, February 16, 2020 / Dawn太 生後1,819日 ---

関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※

コメント(18)

There are no comments yet.

駐在おやじ  

2020/02/27 (Thu) 10:55

札幌雪祭りは有名ですが 十日町にも雪祭りがあるんですね。
僕 こっちの方が雰囲気よくて好きですね。
大きな物はなくても、 いろいろな種類が、しかも作品がどれも可愛いです ^^
わんちゃんも一緒に写真に写れて、作品も近くで見れて ^^
こういう雰囲気がいいですね。

札幌も行った事がありませんが、 いく機会があれば十日町のほうに行ってみたいです

  駐在おやじ

さえき奎  

2020/02/27 (Thu) 16:47

涙なしでは見ることが出来ない雪像群ですね。
でも、そふぃあさんのおっしゃるように「おもてなし」の心と熱意は充分に伝わって来ました。
札幌雪まつりは陸自の全面協力がありますからなんとかなったようですが、ン十年後には「昔は雪祭りなんてイベントがあったんだよ」などと思い出話になってしまわないことを祈ります。

まっ黒くろすけ  

2020/02/27 (Thu) 19:23

新潟って、豪雪のイメージですが、ほんとに今年は雪が少ないんですね。
大昔、亡夫と見に行った札幌の雪まつり以来で、画像見ながら楽しませていただきました。
機会があれば、新潟の雪まつりに合わせて山を組み、是非見学してみたいです。

NOB  

2020/02/27 (Thu) 21:07

暖冬ゆえの雪不足は雪がメインの行事は辛いですね!
雪集めからしないといけないから主催者側はハラハラでしたでしょうね!

そふぃあ  

2020/02/28 (Fri) 08:03
そふぃあ

To 駐在おやじさん

こんにちは。いつもありがとうございます。

雪まつりの歴史としては、十日町の方が古くからあります。
今年は雪が少なかったですし、気温も高くて雪像も姿を留めていませんが、細部まで丁寧に作られて見事ですよ。
いつか是非、遊びにいらしてください。

そふぃあ  

2020/02/28 (Fri) 08:05
そふぃあ

To さえき奎さん

こんにちは。いつもありがとうございます。

今年の雪像は気の毒でしたが、事故なく無事に終われて何よりでした。
暖冬の影響が続くと、遠くない未来に雪まつりは幻のイベントになってしまう可能性もあるわけですもんね。
あるべきものは、毎年適度にあり続けて欲しいものです。

そふぃあ  

2020/02/28 (Fri) 08:11
そふぃあ

To まっ黒くろすけさん

こんにちは。いつもありがとうございます。

本当に、今年ばかりは雪が少なかったです。
私の住むところは殆ど積もらず、一度も雪かきせずに春が来そうです。
札幌ほどの規模が無いかも知れませんが、モノづくりが好きな十日町ですので、雪像もお祭りも楽しん行ってください。
いつか山登りとセットで是非!

そふぃあ  

2020/02/28 (Fri) 08:13
そふぃあ

To NOBさん

こんにちは。いつもありがとうございます。

今年はスキー場も死活問題になるくらい雪不足でしたから、イベント関係者もハラハラだったと思います。
雪なんて珍しくない雪国の子どもたちが、集めて作った雪山で喜んでいる姿も印象的でした。
規模は縮小されても、開催されて何よりだったと思います。

ススム  

2020/02/28 (Fri) 08:44

おはようございます

雪まつりというと札幌のイメージしかありませんでしたが、昭和25年からの伝統的な行事なんですね。

雪不足のせいか、作品のところどころが黒く汚れているのが痛々しいですね。

それでも、札幌の雪まつりとは違う手作り感のある作品群には親近感がありますね。

作品群もさることながら、最後の画像でDawn太君がポーズを決めている場所が印象的でした(^^)

そふぃあ  

2020/02/28 (Fri) 09:13
そふぃあ

To ススムさん

こんにちは。いつもありがとうございます。

古くからモノ作りが盛んな土地柄なので、早い頃から雪を使ってのお祭りを開催していたようです。
豪雪地帯も今年はこのありさまです。自然相手のことなので、これも致し方ない。
無事に開催されて何よりでした。

アスファルトにも遊び心。
芸術家の住む町でもあります。

しんべい  

2020/02/28 (Fri) 10:21

こんにちは

雪まつりは今まで一度も見たことがないのですが、目の前で大きな雪像を見られたら感激するんでしょうね。
雪が少ない中、皆さん本当に頑張って制作されましたね。例年ならもっと大きな真っ白な作品が出来上がっていたのでしょうね。ワンチームは迫力のある作品だと思いました。

栗千代  

2020/02/29 (Sat) 00:53

タイトルにもこだわりが💛

暖冬や、今シーズンのやっかいな事象にも負けず
皆さんの力作と、タイトルのセンスの良さが光る
今年ならではの雪まつりになりましたね。
【アラ、雪】に思わずクスッと笑ってしまいました。

次からは沢山の雪を使って
大勢の人で賑わう雪まつりになりますように。。!!

柴犬マイア  

2020/02/29 (Sat) 09:17

おはようございます

確かに雪が少ないんでしょうな。
せっかくの制作物が、ところどころ汚れているのは残念です。
降れば降ったで雪かき等で大変でしょうし、降らないとこういう行事に影響がでていまう。
なんか難しいですね。
それでも行事を敢行できたことは良かったです。多分、今ならコロナで中止だったでしょうね。

そふぃあ  

2020/02/29 (Sat) 20:14
そふぃあ

To しんべいさん

こんばんは。いつもありがとうございます。

私は子どもに見せたくて初めて訪ねた十日町の雪まつりでしたが、雪がたっぷりある年は、細工も細かくて感動します。
特に巨大ステージは圧巻です。
制作者さんたちは不本意な出来だったかも知れませんが、あるもので精一杯作られた作品は素晴らしかったです。

そふぃあ  

2020/02/29 (Sat) 20:27
そふぃあ

To 栗千代さん

こんばんは。いつもありがとうございます。

少雪のために規模は縮小されてしまいましたが、やはり今年も力作に変わりはなかったですし、中止にならずに良かったです。
毎年、アリスの国の大作をつくる入賞常連の町内がお休みしていたのが残念でした。
タイトルも工夫されていて、各自治体で協力されてお祭りを盛り上げられているのだと感じました。

そふぃあ  

2020/02/29 (Sat) 20:32
そふぃあ

To 柴犬マイアさん

こんばんは。いつもありがとうございます。

豪雪地帯でさえこの積雪量。
地球温暖化をひしひしと感じる冬でした。
我が家は雪かきが無くて有難かったですが、山の方は雪が無いと米作りや生活にも関わってくるので、時期には適度に雪が無いといけませんね。
時期的にもギリギリでしたね。
この後、各地で大きな行事が中止や延期なので、開催されただけでも有難かったです。

kyonzy  

2020/03/09 (Mon) 21:04

No title

十日町雪祭り、無くなるという噂も聞いた事があったんですが、今年も無事に開催されたのですね。でも、雪が少ないので雪像などは作るのが大変そうですね…(^^;;

そふぃあ  

2020/03/10 (Tue) 08:20
そふぃあ

To kyonzyさん

こんにちは。いつもありがとうございます。

昨年は事故もありましたが、ご遺族の意向もあって開催されましたね。
今年は雪不足・・・。
毎年試練が続く雪まつりですが、こういうイベントが無いと地域が活性しないのも確かだと思います。
今年は今年の雪まつり。開催されてばはやり楽しい思い出になります。