attention admin about comments trackbacks you may also like

正三尺玉

2015年08月06日
風景
4
70年前 広島に原爆が投下された日ということで
今日は朝から そのニュースで持ちきりでした

正三尺玉

先日 観覧した大花火大会では
正三尺玉が打ち上げられる際に
今でも「空襲警報」が鳴らされます

実はこの町。。。実際に空襲を受けただけでなく
原爆投下地の1つとして 候補にもなっていた場所なのです

当日 天気が曇りだったため 原爆投下を免れた。。。と
小学校3年生の時の担任が話してくれたのを
子どもながら 強烈な印象として記憶していました

正三尺玉Ⅱ

そんな町に振り注ぐ 大花火の光。。。

長年 三尺玉に携わっている花火職人さんが
「同じ火薬でも 人を殺す火薬でなく
人を楽しませる火薬を作り出したかった。。。」と
インタビューに応えていたのが印象的でした
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※

コメント(4)

There are no comments yet.

栗千代  

2015/08/06 (Thu) 21:19

美しい中にも。。。

鎮魂の為の花火だからか
美しさの中にも、物悲しさがありますね。

原爆投下の候補地、小倉だったのに
雲が切れてなくて長崎に。。というのは知っていましたが
新潟もだったとは。。。!!

私は伯父が戦死しているので
花火職人さんの言葉が胸に沁みます。。。

おばたりん  

2015/08/06 (Thu) 22:43

NoTitle

本当にそうですよね
元は同じでも 考え方によって違うものになる・・
返せば 同じ核なのに 核兵器はダメで
原発は良いと言うのが 私には理解できないのですが・・
あふれる物や便利さに慣れ親しんで
本当に大切なものがドンドン失われているよう気がします
空襲警報の中で 美しい花火を見る
忘れてはならないことばかりですね
今日は私も黙祷しました

そふぃあ  

2019/07/30 (Tue) 16:13
そふぃあ

To 栗千代さん

身内の方を亡くされていると、私のように人事に感じているのとは
また違った日に思われるでしょう。

戦争飼料が展示されている場所で、原爆候補地の資料があり
間違いない事実であると、ダメ押しで記憶しています。
広島、長崎。。。その中の被害地だったわけですね。

追悼の気持ち。。。忘れてはいけないこと。
これ以上、繰り返してはいけないのだと思います。

そふぃあ  

2019/07/30 (Tue) 16:14
そふぃあ

To おばたりんさん

戦争に使うのか、生活のために使うのか。。。
言われてみれば、核兵器と原発の問題もそうですよね。

一昔前、こんなに便利な世の中でなかったけど
人は自然と共存していた気がします。

今は破壊するばかり。。。
地球上の生き物で、自然破壊しているのって
人間ばかりなのではないでしょうか?